Top > 攻略情報

スポンサーリンク

攻略情報

目次

知識

特効と必殺

特効は武器(魔法)の威力が3倍。つまりATK+武器威力×3が攻撃力になる。

必殺は発動するとダメージが3倍。
攻撃側の必殺より相手側の必殺回避が高ければ必殺が発動することはない。

魔法の習得

魔法の習得はユニット別で習得するものが決まっている。
また、レベルが上昇した回数で習得するものと、クラスとLVによって固定で習得するものの2種類がある。

クラスチェンジの仕様

クラスの基本値以上の能力はそのまま、基本値以下の能力は基本値まで上昇する仕様になっている。
以下はグレイが村人LV5で傭兵にクラスチェンジした場合の例。
傭兵の基本値(HP24 ATK8 TEC8 SPD10 LUC0 DEF4 RES1 MOV4)
CC前…HP24 ATK9 TEC4 SPD4 LUC2 DEF4 RES4 MOV4
CC後…HP24 ATK9 TEC8 SPD10 LUC2 DEF4 RES4 MOV4

魔法の命中率

魔法の命中率は能力値で上昇せず、スキルによる補正と支援効果のみ命中率を上昇させることができる。
魔法回避率は地形効果は無視される上に、攻撃側のTECより回避側のSPDが低いと全く回避率が上昇しない。
そのため、魔法は状況やパラメータに関わらず物理攻撃に比べて命中率が安定しやすい。

イリュージョンの仕様と使い方

イリュージョンは幻影兵を召喚する魔法。
幻影兵は同盟軍扱いでターン開始時からだと自軍→敵軍→同盟軍という順番で行動フェイズが開始される。

イリュージョンで召喚される幻影兵は召喚するキャラクターによって異なる。
シルク(魔戦士2~3体)、ジェニー(ソルジャー4~6体)、ティータ(ペガサスナイト3~4体)。

召喚位置は出現数に関わらず固定で上、下、左、右、左上、右上、左下、右下の順に出現する。
これによりどのキャラクターでも召喚者の上下には出現するので、
覚えておくと釣り役として敵の範囲に入れるのが楽。

イリュージョンは周囲に壁やキャラクターがあっても出現させることができる。
その場合は1マス外側に出現するので、距離が足りない場合にも活用できる。

また、イリュージョンで召喚された幻影兵はリカバーなどの回復やワープも使用可能。
そのため、ワープで囮役として送り込むこともできる。

テクニック

コメント

コメントはありません。 コメント/攻略情報?


コメント: 利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください