Top > ユニット評価

スポンサーリンク

ユニット評価

目次

評価一覧

戦力」の項目は、各ユニットの戦闘力の高さを表しています(※ランダム成長なのも相まってあくまで個人的な指標です)。
基本的には単純な戦闘力ですが、一部の上級職ユニットなど、評価の指標の中に終始活躍しやすいかどうかも含まれています。

攻略」の項目は、各ユニットの攻略における有用性を総合的に表しています。
各個人それぞれに特色がありますが、おすすめなユニットには◯を、特に育成が難易度に大きな影響を与えるユニットに◎をつけています。「必」は重要なイベントや攻略のために使用が必須になりうるユニットを表しています。

どのユニットを重点的に育成するかの参考としてご覧ください。

もっともゲームの特性上、全員出撃マップやほぼ全員が出撃するマップが多く、誰を強化しても攻略上無駄になるということはほぼありません。
各ユニットのステータス上限はこちら

名前戦力攻略評価
ゼイドゼイドA主人公。強制出撃が多く専用武器もあるので必ず育てよう。
ロードアスラルもスキルの「指揮官」も優秀なので、味方と一緒に前線に立つことが多く、育成の機会も多い。
クラスチェンジは15章から可能なのでそれまでにLv20にしておくと良い。
能力限界値だけ見れば最強クラスだが、成長率的にそこまで伸びることは稀。
個人としての戦闘力ではトロイのような攻撃回数はなく、またメルディのような魔力魔防もないため、この騎馬の双璧に比べると一歩下がる部分がある。
アトルアトルE回復役。専用クラスのメレダプリンセス。
スキル「カリスマ」持ちなので必ず出撃させておきたいユニット。
反面、攻撃手段は皆無なので常に後方で杖を使い続けよう。
魔力が非常に高いので、ジャンなどの高HPが対象でもほとんど心配不要。
トロイトロイS移動力が高いので序盤から役立つ。スキル「連続攻撃」が強い。
守備力が伸びやすく、スキル「三連撃」も習得する攻防に優れたユニット。
連撃と三連撃が絡んだ攻撃回数はすさまじく、
前半は壁重視、後半はバランスの取れたアタッカーとして活躍できるユニット。
CCすると投槍が使えるようになるのでCC恩恵も大きい。
プロディプロディAスキル「隣接護衛」「勤勉」がある。
「隣接護衛」は隣接する味方の守備・魔防が+3されるので非常に優秀。移動力は低いもののナイトと違ってCCせずに投げ槍が使えるのも嬉しい。
成長率が全ユニットでも屈指の高さで、特に守備が伸びやすいので頼れる壁になる。反面、上限値は守備以外高くないため、早期に上限に届きやすい。
レベルを上げると隣接護衛が隣接護衛IIになり、発動時の守備・魔防が+5されるようになる。
短所以上に隣接護衛(と自身の防御力)の価値は非常に大きい。進軍が遅れ過ぎないよう気を付ける必要はあるが難所で大きな助けになるキャラ。
ボナセルボナセルB初期からレベルが高めで守備力が高い。
所持品のファランクスを装備するとさらに守備力が上昇するので序盤の難所では壁役として重宝する。
トロイの万能性・プロディの利便性に隠れがちだが、単独での戦闘力は攻防共にプロディより上で序盤の強ユニット。橋の封鎖や囮など単騎での防衛や囮役に向く。
ステータス画面の説明通り頼れる兄貴なのだが、上限の低さと低移動力やプロディの成長などが相まって後半は影が薄い。
デューンデューンA成長率の高い歩行弓キャラ。バランス良く成長するので単騎でも使いやすい。
6章と9章にデューンを出撃させることで9章クリア後に専用の弓「聖弓ハルギット☆」を入手できる。なお入手している場合、17章で4連続強制戦闘(敗北時ゲームオーバー)があるので必ず育てておこう。
19章でもボスとまともにやりあえる数少ないユニットの一人なのでやはり育てておいた方が良い。
ジャンジャンBアッシュと支援効果がある斧使い。
アッシュより力が高く、低い守備力はHPとスキル「斧防御」で補う。高い力によって意外と戦速が確保できたりもする。
6章で序盤ながら高性能な専用斧「友情の斧☆」が手に入るイベントがある。スキル「努力家」がついているため、移動時に装備させておくと進軍速度が上がる。
斧の低命中率と技の低さを補うためバトルソウなどを積極的に振りまわして育成しよう。
Lv15になると強制的にCCし、HPが20増えて移動力が1下がる更なる肉壁キャラに。しっかり育成してアクスマスターにCCすれば、総合的な戦闘力はかなりのものになる。
アッシュアッシュBジャンと支援効果があり、リリアとも支援効果が発生する。
Lv8で俊足を覚えるので移動力はジャンを上回り扱いやすくなる。またLv15以上で条件を満たすと、スキル「薬草摘み」を覚えるので、金銭面でも早期育成する価値が高い。
移動力はCCによって更に伸びるため、持ち前のタフさも合わせて悪路では先陣を切って活躍できるようになる。
薬草を自前で調達できるのも前衛にとっては嬉しい。
メルディメルディS初期こそ打たれ弱いが「ダンデライオン☆」装備時は守備が成長しやすく、魔防の初期値も高い。
俊足があるので移動力9と機動力が抜群。また、魔力が伸びやすく魔法武器の適性が高い。ダンデライオンと魔法武器であらゆる敵に対応できる。
ちなみにCCで顔グラが変わるキャラの一人。トロイと同様CCで槍間接が使えるようになるのも嬉しい。
2章で攫われると使えない期間が長く、連続を覚え軽騎兵になるのは良いがCCできなくなる。
成長率は名馬騎乗の分上昇するが、初期ステータスが下級職Lv1からCCさせた程度でしかない。
メリットとしては移動が10、連続攻撃を覚える、白銀の鞍を節約できる、軽騎兵なので地形の悪影響を受けにくいなどがある
シーゼルシーゼルAゼイドと支援がある、序盤から仲間になるマージ系ユニット。
シナリオ上での重要キャラのひとりでイベントが多く、生存しているとアイテムがいろいろもらえる。
数少ない魔法の使用者で、魔法には特効が数多くついているので敵を倒しやすい。
後に仲間になるアコルトとは攻撃力と防御重視の差別化が図られている。
聖者のローブの入手が遅く、ドロップ数も少ないので強制出撃マップで一気に育ててしまうのもあり
チェザルチェザルD序盤から仲間になるシーフ。
宝箱や扉を開けるのにほぼ必須なので必要なマップでは編成に入れること。
戦闘力は期待できないが、地形効果の利用とマンゴーシュや流星の短剣があれば共に前線を張れることも。
何よりも所持金が3000D未満でアトルと隣接すると1章に一つまで売却アイテムの「チェザルの稼ぎ」をくれる。またCCすると値引きスキルを覚え、買い物役を一任されるゼイド軍の金庫番。
ちなみにCCは低レベルでも可能なので必ずしも育成する必要は無い。
中盤あたりからもっと優秀なスキルを持ったユニットが出てくるが、崖を踏破できる戦力(囮)にもなるので、育てても損はない。
シーラシーラB弓の専門職であるハンターであり、俊足スキルを持っているため移動力に優れ、カンストが確実なほど速が伸びる。一方で、デューンより力・HP・守備の期待値はやや低い。
3章の選択では専用弓「紅蓮の弓☆」を入手できる。攻撃力の高い魔法武器で、シーラの序盤の火力不足を大いに補ってくれるうえ、守備補正+5されるが、耐久が20なので注意が必要。
多く入手できるラヴィアンローズを扱える関係で武器や攻撃の命中率にあまり困らないのも特徴。
デューンと競合が続くため軽視されがちだが、力の成長率も決して低くなく魔力も成長するため、根気強く育てれば物理弓と魔法弓を高い水準で扱えるユニットとして大成しうる。
また、後に競合していたデューンとは部隊が分かれるため、ゼイド側の移動力の高い歩兵弓として活躍できる。
ザイードザイードB初期から上級クラス「グラディエーター」であり、CCボーナスがなくレベルアップ回数も少ないため最終的なステータスは叩き上げに劣る。
しかしながら、斧と剣と大剣を扱える器用なユニットで、投擲、近接、2回攻撃などを状況に応じて使い分けることができる。また、致命と怒りを両方もっているため、反撃の際の致命率はかなり高い。
3章の選択では闇特効のある高性能な専用斧「アグザの聖斧☆」を入手できる。
最後まで活躍できるものの、序盤加入のお助けユニット的な立ち位置であり積極的に育成する必要はないが、要所要所で難しい局面を突破する大きな助けになるだろう。
防御面はやや脆いが、序盤は錆びた剣でも強いので、頼りすぎて経験値を他にまわせない状況には注意。
ハルディアハルディアAスキル「致命攻撃」「連続攻撃」「気合」持ちのソードファイター。
全ユニット最大の技と速さの限界値を持ち、カンストするほど成長率も高い。また力の限界値と成長率も高く、2回攻撃武器や大剣を持つとその速さから来る高確率の連続攻撃、技による命中率の高さ、致命率の高さによって大抵の敵は一戦で倒すことが出来る。
一方で、速さが回避に大きく影響するわけではなく、回避スキルもないため、被弾率は低くなく、魔防も皆無であり打たれ弱い部分がある。
高い攻撃力と打たれ弱さのため最前線ではやっつけ負けの可能性が常にあり、無双できるユニットというわけではない。
最前線で無双させたいのであればプロディに隣接、もしくは生命力吸収武器の使用など工夫すると良いだろう。
エイルエイルB飛行ユニット。
地形効果を無視して移動できるのが魅力だが移動力は6とナイトほど高くはない。
スキル「連続攻撃」があるので敵を倒しやすい。
飛行ユニットというだけで重宝するので育てておくと役に立つが、全般的に成長率が低く火力が不足しがちなため、性能の良い武器を優先的に持たせたい。
また、マーヤを仲間にするのに必要なユニットでもある。
ルビナルビナBエイルと同じ飛行ユニットのイーグルライダー。
初期値は微妙だがエイルより成長率が良く、スキル「致命攻撃」「怒り」があるので攻撃力も申し分ない。
飛行ユニットは戦略上重要なので、すべて育てた方がいい
リリアリリアA薬草を発見できるスキル「薬草摘み」と再行動が発生するスキル「努力家」が優秀。
お金の節約をしたいなら是非いれておきたいユニット。
リリアしか杖ユニットが出撃できない章もあり、勝手に育っていく
20章限定だが奮起の杖☆を持たせると再行動しつつ味方を再行動させる芸当が可能
CCで神聖魔法が使える万能キャラになりファンネルまでもらえる。CCで顔グラが変わるユニットの1人
アコルトアコルトAスフィアマージという精霊魔法と暗黒魔法を操るクラスであり、2回攻撃で守備力+3がつく武器「ナスホルン☆」を初期から持っている。
シーゼルと比べて若干打たれ弱いが、速さは高い。
通常の運用は相手の弱点に対し3色の精霊魔法を扱うという点で共通であるが、暗黒魔法が非常に強力で攻撃回数や射程に特徴があり、ナスホルンとあわせて敵に反撃させずに屠るユニットになりうる。
しかしながら、暗黒魔法の入手機会は限られているので注意が必要。
ホエルンホエルンC専用武器の「聖弓アリアドネ☆」があり、ver1.02以前でも使い方次第ではかなり強力。
10章で楽にレベルを上げることができるので育成は苦労しない。
9章から条件を満たすとシルティンと支援効果が発生する&足並みを揃えられるのもポイント。
また、12章でスキルを習得したり、全く別のクラスに変更することもできる。
ただし、通常のクラスチェンジができないので戦力的には弱め。
鍵開けができるので後半弱さがでても使えなくはない
シルティンシルティンA能力的にデューンと双璧の弓使い。
スキル・能力成長値が若干劣るが、移動力は高い。
専用武器の「聖弓アムソリム☆」を最初から持っており、草原では縦横無尽に活躍できる。
9章からホエルンと支援効果が発生するので一緒に使うと良い。
シナリオ上強制出撃、撃破で敗北条件なことが多々あり、絶対育てた方がいいキャラである。19章では弓ユニットがほぼ必須になりまともに戦える弓使いがシルティンとデューンのみであるため、できる限り育てて早めにCCした方がいい。
連続の書の有力候補にもなるが、無くても十分強い。
アイネリアアイネリアB専用武器の「アルシオネ☆」を持っている。
発動率100%の連続攻撃スキルを持つので手数が多い。
最初から上級クラスだがHP24で守備力2と非常に打たれ弱い。
HP上昇率も低いが、初期から限界値の速さ19で回避上昇スキルがあり、女性専用武器で要所を補えば十分活躍できる。
隣接する仲間の攻撃力を+3するスキル「魅惑」もあるのが魅力
エルヴァエルヴァAランスを扱える唯一のスピアナイト。
下級からピラムを持てる上、ランスの騎馬特効が強力。
初期ステータスのバランスが良く、育てると守備やHPが特に高くなる。加えてスキル「特効解除」で敵の武器の特効を無効化できるので倒されにくい。
攻略において特に重要なポジションではないが、移動力と耐久の高さを兼ね備え、間接攻撃も可能な壁役として十分な活躍が期待できる。
マーヤマーヤC買い物価格が33%引きになるスキル「買い物上手」を持っている。
成長率は悪くないがレベル1を加味しても初期値が低く、特に力と守備で悩まされやすい。
15%で再行動できる「努力家」を初期から覚えている。
加入時期の割に初期ステータスが低いので、効率よくレベルを上げるには他のユニットで敵のHPを削るお膳立てが必要。
ドラゴンナイトにCCすればステータス上限のバランスがよくなる。(ただしドラゴンナイト化すると「買い物上手」は消滅する)
通常のCCの方が成長期待値が高いうえ、ホエルンのイベントにメリットが多いため、選択は好みの問題となる。
リティアリティアC味方を再行動させることのできる「叱咤激励」が使える。
戦力としては厳しいが「リップウイップ☆」のお陰で自衛も強力。
また、リップウイップのしびれ効果は自軍ターンで発動させれば、そのターンは他のユニットも反撃されずに攻撃できるので攻撃の起点として役立つ。
出撃枠が余っていたり、マップによっては必ず使いたいユニット。
特に育成に拘る必要は無いが、超長距離攻撃や同じ先制攻撃持ちには弱いので注意
タリスタリスD鍵開けの他に、アイテム1つの耐久をターン開始時に1ずつ回復させることができる(1~20ターン目まで)。そのため、装備はマップ開始前に持たせておくと良い。
またゼイド以外では唯一ストックアイテムが取り出せる倉庫番(終盤はややメタ的に警告されている通りストック使用不可になるので注意)
出撃枠が余っていれば☆武器や高価な武器の耐久値を回復させよう。
初期能力が非常に低いながら、火力面での可能性は秘めている。もっとも無理に育成する必要性は低く、ほぼ道楽の域。
もしも育てるなら流星の短剣とダーツは必須。
ヘルムヘルムB最初から上級職のヴレイブナイトで、成長率は低いが初期ステータスのバランスも良く、英雄の肩書きに恥じない活躍をしてくれる。
初期装備のツバイハンダーが強力で、スキルも「致命攻撃」「連続攻撃」と申し分ない。大剣装備可能なのも嬉しい。
熟練度が20と高く、強力な武器を使いこなせる。
間接攻撃ができずエースユニットほどの地力はないが、移動力が高く再移動できるので終盤でも前線で活躍してくれる。
軽い剣を使わせると戦速が高く二回攻撃されにくいので壁役にもなるが、騎兵特効の武器を使う相手には注意。
ネーラネーラD弓と杖が使えるナースフェリア。
17章や19章などでは貴重な回復役なのでなるべく魔力を上げておきたい。
ただし熟練度の初期値が低くCCもできず力も伸びにくい。
魔法弓が扱えれば火力を出せるが、熟練度の吟味は半必須で入手可能時期も遅いため、ほぼ趣味。
移動力のある回復役と思って割り切ろう
ジャムランジャムランC最初から上級職のアクスヴレイブで、初期値はそこまで悪くないが成長率は低い。
斧は重いものが多く、戦速の関係で二回攻撃を喰らいやすい。
斧使いの中では力が低く、スキルが気合のみと攻撃性能も微妙だが、後半は全ユニット出撃のマップが続くため、活躍の場はある。
ハチェットやフランシスカ(やや重たいが射程1~3)辺りを持たせると案外活躍する。フランシスカで戦速3を確保できるとかなり違うため、補強するとなお良し。
ケチって重い斧を持たせることは死亡フラグなので注意。
リンカリンカBジニーフという、短剣と剣を扱えるうえに鍵開けまであるシーフに似たクラス。専用武器「リンカトラス☆」は耐久が80もあるうえ、非常に強力。発動率100%の連続攻撃スキルも持つので手数も更に増える。厄介なシーフ・アサシンキラーとして大活躍する。
ただし加入時期が遅いうえにLv1の状態で仲間になり、HPと防御力の成長率が低いため、攻撃無効化スキル(大楯など)が発動すると即死しかねない。
低成長率だがHPと防御を少しでも補強して一発耐えることができれば大きいのでレベル上げする価値はある(しなくても攻略可能)。
ただ離脱していることが多く、活躍の場が限られていることが難点。
武器の能力を過信するとすぐにやられるので注意が必要
ヒルダヒルダAアクスファイター。
専用武器「ユースティティア☆」は数ある武器の中でもトップクラスに強力で、射程が1である以外に死角がない。
自身の強さはそれほどでもないが、レベルアップ回数やCCで補えるのと、何よりユースティティアが優秀なので育てておくと後半楽になる。
反撃時に必ず致命が出るのも強いが、その分やっつけ負けしやすい。
待ち伏せスキルがついているハチェットがあるが、待ち伏せが発動すると致命反撃が出ない点には注意。
ジークフリードジークフリードB最初から上級職のハイプリースト。
専用武器の「アンナハベル☆」「ホルマリンクル」を持っている。
ホルマリンクルは味方のパラメータを3ターン3上昇(幸運や移動力以外)させる重要なサポート杖。
さらに3マス以内の味方の攻撃力を+1するスキル「戦いの詩」も持っている。
限界能力値は魔力や技・速さなどがマージ系最低値だが、魔防の初期値が高いうえに攻撃半減スキルと飛行と闇に特効を持つ「アンナハベル☆」で魔人や竜に無類の強さを誇る。
スラインスラインA初期上級のボウシューターで射程3~7のアーバレストが使用可能。
命中もそこまで低くなく、連続攻撃、致命の両方を持っているため敵のアーバレスト持ちや遠距離魔法持ちを無傷で射殺せることも多い。
加入章以降は移動マップが多く、移動が4なので行軍に苦労させられるが、超長射程武器の価値は高まっていく。
必要に応じてアーバレストを使っているだけで自然にレベルは上がっていくが、能力限界値は低めで成長率は並。
15章外伝で購入できるアーバレスト+2は命中も威力も非常に高く、ここぞという場面で使いたい。
高頻度で攻撃が可能な一方で武器の耐久値が低いため、長丁場の終盤は注意が必要。
ちなみに戦速3以上を確保するには、力と速さを限界値近くまで成長させたうえでホルマリンクルを使う必要がある。
エダルエダルS最初から上級職だが非常に強い。
初期値も成長率も限界も非常に高いが、17章以外では20章の途中からしか使えないので、実質17章のお助けユニット
ただし、17章で成長させておくと20章が多少楽になるので無駄ではない

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 1000回2000回試した人や直接データを覗いた人が成長率これぐらいというのはアテになりそうだけど、そうでない人が何言っても全然信用出来ないと思いませんか? -- [ID:In.JEwfZwDQ] 2016-09-28 (水) 03:57:16
    • いろいろな問題提議するのはいいが、自分で検証したわけでもなく、自らの解決法を提示するわけでもない。また、情報を編集するわけでもない上で、というのはいかがなものでしょう? -- [ID:q0bzWTkA/2g] 2016-09-28 (水) 04:33:54
      • 自分が検証する気があるわけでもないのに、書く事じゃなかったなと反省しました。お騒がせしてすみません。 -- [ID:In.JEwfZwDQ] 2016-09-28 (水) 18:29:23
  • 例えばザイードについて「致命と怒りを両方もっているため、特に反撃の際の致命率がかなり高い。」が「致命と怒りを両方もっていて攻撃性能は申し分ない。」と具体性が損なわれていたり、ジャムランに不必要な太文字が使われたり、ヘルムに「使用機会もそれなりにあるのでおっさんなんて使わねー!なんて考えず」などと不必要な強調や誘導が行われていたりと中学生か何かが改変してんのか?と疑われる編集が出てきているように思います。いくつか戻します。 -- [ID:BrSIXl9ZbdQ] 2016-10-08 (土) 15:50:02
    • 評価欄があまりにも悪意ある編集されてたので助かります。 -- [ID:N1J5RHkWFS6] 2016-10-08 (土) 16:55:05
  • シーラについて悲観的過ぎ、かつ「地味に癖の強い性能とデューン」のような煽りともとれる部分があったため、少し前向きな文章に編集。 -- [ID:Y8Ck8MQlxQ2] 2016-10-08 (土) 16:42:36
  • いい加減、このページ消しませんか? それぞれのプレイスタイルでキャラの評価なんか全然違うわけですし、絶対にみんなが納得できる評価はできないと思いますよ? 現状自身の評価の押し付け合いになってきている気がします。ここを消して個別のキャラのページのコメント欄で感想を語り合うのでいいのではないでしょうか? -- [ID:q0bzWTkA/2g] 2016-10-10 (月) 18:55:25
    • wikiは継続的であり誰でも編集できる空間ですから、閲覧者数が多くなるほど多少の行き違いは生じますが徐々に落ち着いてくると思いますよ。ここ数日大きな編集もないですし、別に編集合戦にもなってないですし。評価の押し付け合いになっているとか、みんなが納得できる評価は書けないということを理由にページを消すということならば賛成できません。 -- [ID:asofPKOTy46] 2016-10-10 (月) 19:34:35
      • 個人的には編集の常連?さんが気に食わないのがあれば即編集し直してる気はしますけどね。特にここの項目は -- [ID:TWjii6Bmf3Y] 2016-10-10 (月) 21:28:24
  • そもそも効率的にやったら飛兵と騎馬ゲーになるだけだし 歩兵は割と好みでもいける -- [ID:khidek.iMDA] 2016-10-12 (水) 23:47:22
    • 結局そこよな。エース騎兵にナイトメア抱えて突撃させれば後の連中の仕事は掃除だし。 -- [ID:hV4aA9CwFt.] 2016-10-15 (土) 09:50:08
  • CCアイテムも限られてれるし、初見の人にはいい目安(自分がそうだった)になっていいと思うけどなあ。攻略が○以上のキャラを優先的に使うといいかもよ程度で。 -- [ID:qvk.duWKy9c] 2016-10-16 (日) 00:01:47
  • 終盤どっちの軍に行くか書いてあると便利かと思ったけど、初回プレイの人にはネタバレになっちゃうかな? 好みで育ててたら17章が育ってないキャラだらけで大変なことに…。 -- [ID:w44P.aB.fQc] 2016-10-16 (日) 21:00:00
  • アッシュはジャンと比べてCCまでが扱いやすく育てやすいし、もうちょっとポジティブな文章でもいいかなと思った。 -- [ID:DyJqQ1fgukk] 2016-10-18 (火) 23:11:25
    • 一部書き直してみました -- [ID:BIgZQDEK6iQ] 2016-10-19 (水) 18:39:52
  • ジャムランの項、「最初から上級職のアクスヴレイブ。」の後に「有能な猛将」という言葉が追加されていました。後ろの文章との繋がりもおかしいし、ふざけている気配を感じたので、すみませんが差し戻させてもらいました。 -- [ID:eSSw0sDh/U.] 2016-11-03 (木) 21:48:02
  • 主観的な要素が入るのは仕方ないけど、ランク付けはあんまり好きじゃないな。 -- [ID:oBA8kbhk9bg] 2017-02-05 (日) 23:02:05

コメント: 利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください