スポンサーリンク

妖魔の育成方法

目次

妖魔の特徴

妖魔武具と憑依

憑依のオススメ

妖魔武具憑依リストも参照。

共通

クリア後ならマリーチがオススメ。ヒューズ編(エミリア、レッド以外の事件が比較的短め)を使えば短時間で憑依させることができる。大量に憑依させたい場合はクーン編のラスボスと繰り返し戦闘できる開発2部で憑依させると良い。

敵名(種族ランク)パラメータボーナス/能力名説明
モンキーライダー
(獣ランク4)
STR・QUI・INT・WIL・PSY・VIT+10
剣 :催眠
小手:ぽんぽこ
具足:土蜘蛛
憑依能力は貧弱だが、パラメータの上昇が良い。序盤で能力よりも術を使う場合などは3ヶ所に憑依させておくのがオススメ。ぽんぽこは味方のSTR・QUI上昇、土蜘蛛はスタン効果があるので、どの部位でも能力は使えないというほどではない。
デュラハン
(不死ランク9)
STR・QUI・INT・PSY+20
剣 :グリフィススクラッチ
小手:クリスタライザ
具足:暗殺
どこに憑依しても有用な能力を使えるが、特にグリフィススクラッチが優秀。敵ランクを上げたら生命科学研究所で必ず戦えるので朱雀の山の黒竜と戦えない場合などに。INTが上がるので術を使わせる場合も悪くないが、VITが上がらないので耐久面では不安が残る。盾による回避や即死が効かないのでダメージ計算をしていないと憑依させづらいなどハードルも高い。ちなみにHPは7,589。
朱雀
(鳥ランク9)
STR・QUI・INT・WIL・PSY・VIT+20
剣 :火炎
小手:ヘルウイング
具足:タイタスウェイヴ
パラメータの上昇が良いので、術を使わせる場合などに。能力は具足に憑依した時に使えるタイタスウェイヴが強め。鳥系ランク9の敵なので生命科学研究所の奥で憑依させると良い。その他、盾のカードイベントで朱雀の山のボスとしても戦える。デュラハン同様に即死が効かず、ファイアーバリアによる妨害などもあってやはりダメージ計算が重要。HPは6,048。
なお、開発2部のボス部屋右上にいるゾズマに話しかけると戦えるお供強化版マスターリングのお供として登場する小さいバージョンの朱雀は、パラメータ上昇は通常の朱雀と同じだが具足が「落雷」に変わっている。
ただし、開発2部まで到達しているなら既に後述のマリーチや麒麟という上位版が居るためあまり美味しくない。
麒麟
(上位)
STR・QUI・INT・WIL・PSY・VIT+25
剣 :グリフィススクラッチ
小手:タイガーランページ
具足:アシスト
【ブルー編】【開発2部】
パラメータ上昇と憑依能力は最強といっても良い。最強の妖魔を作るなら引き継ぎを利用してでも憑依させたいほど。剣でもいいがグリフィススクラッチのほうは選択肢が多いので小手のタイガーランページを使えるようにするのがオススメ。HP調整の際は光合成による自動回復が厄介なため、ジャッカルブレードの「汚れた牙」や、「2丁拳銃」+「曲射」で阻止すると良い。
開発2部ではお供強化版マスターリングのお供として登場するため、いくらでも吸える。
グリフォン(大)
(上位)
STR・QUI・INT・WIL・PSY・VIT+25
剣 :グリフィススクラッチ
小手:ヘルウイング
具足:タイタスウェイヴ
【アセルス編限定】
麒麟と同じだが、アセルス編で仲間になる妖魔に修得させたい場合に。ただしリマスター版ではバグ修正により序盤で戦えなくなったため憑依可能になるまでが長く、さらに白薔薇は不可能になった。
なお、屋内でサイレンのお供として登場するザコのグリフォン(小)は憑依能力こそボス版と同じだが、パラメータ上昇がSTR・QUI+30のみと全く別物なので注意。
マリーチ
(上位)
全能力値+25
剣 :マジカルヒール
小手:タイガーランページ
具足:落雷
【クーン編】【ヒューズ編】【開発2部】
最強の妖魔を作るための第一候補。リマスター版では引き継ぎにより憑依の実用性が出てきた。マリーチが出現するのはクーン編のラスボス等で登場するマスターリングのお供のみだが、クーン編の方では開発2部の出現条件を満たすまで憑依後にセーブが出来ないため、クーン編クリア後にヒューズ編の会議室で憑依させていくと良い。マリーチのHPは敵ランクを上げても7777固定なので上手く削って憑依できるように調整しよう。イルドゥンのみヒューズ編では加入タイミングの関係で不可能のため、アセルス編経由の開発2部限定となる。
なお、CHAまで+25されるのは長所だが欠点もあり、自力で成長しづらくなる。このため、妖魔の素のCHAを99まで成長させたい場合はこちらではなく麒麟かグリフォン(大)を選ぶことになる。

妖魔の剣

序盤からマジカルヒールを使いたいならウィップジェリー、中盤からはユニコーンに変えよう。

敵名(種族ランク)パラメータボーナス/能力名説明
ウィップジェリー
(無機物ランク3)
QUI+15
マジカルヒール
序盤からマジカルヒールが使える。
ユニコーン
(獣ランク7)
QUI・INT・WIL・CHA+18
マジカルヒール
パラメータの上昇が良い。術を使う場合にも有用。
スフィンクス
(鳥ランク8)
INT+40
マジカルヒール
INT+40なので超風など術を使うなら。特に追加効果狙いのときに有用。
アンクヘッグ
(不死ランク6)
STR・QUI+15
グリフィススクラッチ
早めに最強の憑依能力であるグリフィススクラッチを使いたい場合に。
玄武
(水棲ランク7)
INT・PSY・VIT+20
グリフィススクラッチ
時間妖魔のリージョンを解禁していれば何度でも戦える。こちらはVITが気になる場合に。
黒竜
(上位)
STR・WIL・VIT+30
グリフィススクラッチ
黒竜は秘術イベント中、朱雀の山の途中にある宝の洞窟で画面を切り替えれば何度でも戦えるので憑依させるのが楽。朱雀の山をクリアしてしまうと訪れることができなくなるので注意。

妖魔の小手

デビルテンタクラーが序盤からオススメできる。他は共通の項目にある敵などを。

敵名(種族ランク)パラメータボーナス/能力名説明
デビルテンタクラー
(上位)
STR・QUI・INT・WIL・PSY・VIT+8
タイガーランページ
グリフィススクラッチに匹敵する攻撃技のタイガーランページが使える。タイガーランページだけで連携が繋がるのも魅力。デビルテンタクラーは序盤からオウミの領主の館地下で戦えるので序盤から妖魔を強化したいなら憑依させにいこう。
クラーケン
(水棲系ランク9)
STR・VIT+30
タイガーランページ
タイガーランページに関しては上記デビテンを参照。
能力上昇値+30はかなりの上位。即死が効くので憑依させやすいのも特徴。
なお、開発2部でお供強化版マスターリングのお供として登場するクラーケン(小)はこれと別物で、能力が触手になっているため注意。
メタルチャリオット
(巨人系ランク8)
STR・QUI・VIT+25
タイガーランページ
タイガーランページに関しては上記デビテンを参照。
戦うチャンスは敵ランクを6に調整した上での陽術の資質イベント(赤い光)か陰術の資質イベント(ゲンの影)が狙い目。
化石樹
(植物ランク9)
STR・WIL・PSY・VIT+22
クリスタライザ
ゼロディバイダー
(虫ランク9)
STR・QUI・VIT+25
クリスタライザ
クラーケンと違いQUIも大きく上がるのが特徴。

妖魔の具足

具足は特にオススメする敵はいない。前述の共通項目にある敵を優先的に憑依させよう。

主な育成方法

妖魔は意識して育てないとWPとJPが成長しないことも。WPとJPはそれぞれSTRやINTといった能力値を高くしておかないと成長していきづらいので、前述の憑依のオススメでそれぞれ能力値が上昇する敵を憑依させよう。

必要な能力値を上げたら、WPを上げる場合は戦闘中の行動ではパンチ、剣、銃を使って攻撃していく。憑依能力を使ってもWPは上昇しないので注意しよう。JPは術を使えば上がるので術を使っていくと良い。

装備品で能力の底上げを図る手段も有用。妖魔は武器固有技以外の技が使えないため、攻撃力より能力値補正を重視したほうが強くなれる。
オススメ候補は、すべての能力が上昇する幻魔(全+7)とグリランドリー(全+10、装備すると外せない)。
旧版では幻魔が1本限りで、グリランドリーも妖魔が装備するにはレアドロップを狙うしかなかった。しかしリマスター版では入手が両方とも容易になり、幻魔はアセルス編序盤で買って引き継ぎを行うことで簡単に量産が可能。
グリランドリーも、ヒューマンやメカの仲間に対して無差別憑依を行わせて武器として装着させ、そのデータを使って引き継ぎを行えばアイテム欄に外れるため、簡単に増やすことができる。その上、幻魔とマリーチ憑依引き継ぎがあるため、グリランドリー自体も数本のみで充分になった。
なお、アセルスを除く妖魔に無差別憑依された場合は武器欄ではなく妖魔の剣に上書き憑依されてしまい、追加パラメーターが通常と異なり必ずWIL・PSY・CHA各+15になるが、弱いため役に立たない。憑依能力は通常と同じで、グリランドリーはブレード、魔銃はグレムリン効果になる。上書き事故を防止するため、グリランドリー戦には妖魔やモンスターを出さないほうが良い。
普段使いでは術、その中でも妖術を中心にした戦闘になりやすい。ブルー編でなければ一度マジックキングダムに行って魔術を購入し、その後パープルアイを装備して幻夢の一撃を使うことで妖術を覚え直すことができ、レパートリーを増やせる。エナジーチェーンは同一連携可能、インプロージョンは気絶効果有で連携に組み込みやすく対応力も上がる。

コメント

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • >ただし、黒竜がいるところのアイテムをすべて取ってしまうとシンボルが復活しないので注意
    何を言っているんだ・・・?
    2021-06-19 (土) 18:04:35 [ID:aHnhac6BriI]
    • 宝を全部取っても復活するのを確認。明らかに誤った記述だったので修正しときました。
      2021-06-19 (土) 20:09:57 [ID:RW4eFhZccTE]
  • 妖魔憑依の小手はタイガーランページを使うなら、巨人8のメタルチャリオットがSTR、QUI、VITに+25でベストだと思う。戦うチャンスは敵レベルを6に調整した上での陽術か陰術の資質イベが狙い目。
    2021-08-05 (木) 08:14:54 [ID:9hRF4pYuHtA]
    • ベストは麒麟ですね、忘れてました。クラーケンより良いが麒麟のが全ステータス上がります。メタルチャリオットは多くのシナリオで戦えるのが魅力です。
      2021-08-06 (金) 02:24:08 [ID:9hRF4pYuHtA]

コメント
利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください