Top > 初心者向け

スポンサーリンク

初心者向け

基本的な操作やシステムは公式オンラインマニュアルにも書いてあります。
また、公式から序盤のTipsも紹介されているので詰まったら見てみましょう。
体幹や剣戟などの基本システムはゲームシステムページへ。

目次

探索の基本

鉤縄を使う

鉤縄で移動できる場所は白い円で表示され、鉤縄が届く範囲であれば円が緑色になります。
単純に先へと進む道であったり、敵に見つからずに行ける場所であったり、
ピンチになった時に逃げられる場所であったりと、鉤縄で移動できる場所には様々な用途があります。

探索中はなるべく鉤縄で移動できる場所を確認して行ける場所を見逃さないように進むと良いです。

敵に気付かれないようにする

敵に気付かれそうな時は敵の頭上に警戒マーカーが表示されます。
マーカーの色が黄色で警戒状態、赤色で発見状態。
白色のマーカーがMAXになったり物音を聞くと警戒状態になり、周囲を見渡したり移動するようになります。
警戒状態の敵の視界に入ると発見状態になり、同時に「いたぞ!」などと叫びます。
これを聞いた周囲の敵も警戒状態になるので注意しましょう。

敵に発見されないように接近すると隠密忍殺が使えます。
できるだけ隠密して忍殺をしていくと探索が楽になるでしょう。
また、一部のボス敵にも隠密忍殺が有効なので、隠密できそうな相手は意識しておくと良いです。

隠密忍殺には背後忍殺、ぶら下がり忍殺、壁張り付き忍殺、落下忍殺などがあります。
それぞれの地形や敵の配置などを良く見て進むのがコツになります。
アイテムの月隠の飴や忍殺忍術「血煙の術」などを使うのも有効です。

鬼仏と対座する

エリアのさまざまな場所には鬼仏という像が配置されています。
チェックポイントのようなもので対座すると鬼仏が活性化され、死んだ場合はそこから始まります。

また、鬼仏で休憩するとHPが回復し、傷薬瓢箪の使用回数も最大値まで戻ります。
ただし、敵の配置(ボスなどの特定の敵以外)もリセットされるので注意が必要です。

デスペナルティ対策をする

死亡するとデスペナルティとして経験値・銭が半分になってしまう。
強敵や難所など死亡が予想されるような場所では、事前に対策しておきましょう。

銭袋であればデスペナルティを受けないので、
銭を持ち歩くのが怖い場合ではショップで銭袋を購入すると良いです。
銭袋すらないようなら形代でも買っておきましょう。

経験値はゲージがぎりぎりの場合は、少し稼いでゲージをためてスキルポイントに変換しておくと、
もし死んでしまった場合でも失う経験値は少なくなります。
特にボス戦前などで経験値ゲージがぎりぎりの場合はスキルポイントにしておきましょう。

ボス戦での最終手段

「瓢箪が尽きていて、広いエリアに入ったらボス戦だった」
「どうしても倒せない、が経験値や銭を失いたくはない」
「逃げたいが帰り仏を使う隙がない」
という場合、メニューからゲーム終了することでエリア外に出られます。
ただし、エリアが完全に閉じ込められるような一部のボスに限られる上、
ゲームの趣旨である「駆け引き」から離れてしまうので多用はしないように。

成長要素

攻め力

特定のボスを倒すと「戦いの記憶」が手に入ります。
その戦いの記憶を鬼仏で使用することで攻め力を上げられます。
攻撃力が上昇するので、手に入れたら使うようにしましょう。

身体力

各地で手に入る「数珠玉」を鬼仏で使用すると身体力(最大HP・体幹上限・体幹回復速度)が上がります。
身体力を上げるには数珠玉が4つ必要なので、各地を探索したり中ボスを倒して入手しましょう。
場所は数珠玉・瓢箪の種ページに記載してあります。

瓢箪の種

「瓢箪の種」があると回復アイテムである「傷薬瓢箪」の上限値を増やすことができます。
瓢箪の種を持っている状態で薬師エマに話しかけると傷薬瓢箪の回数上限を増やしてもらえます。
序盤では傷薬瓢箪の使用回数が少ないので、各地を探索してできるだけ手に入れておくと良いです。
瓢箪の種の場所は数珠玉・瓢箪の種ページに記載してあります。

スキルの習得

伝書を入手すると、その流派のスキルをスキルポイントを使って習得できるようになります。
また、技書を入手するとその技書のスキルが習得済みになります。
序盤ではスキルポイントの消費が少なめなもので、常在効果や忍の体術を習得させると良いです。
流派技は序盤ではあまり強力なものがないのと、使いこなすのが難しいので後回しで問題ありません。

※「竜の舞い面」について
これを入手すると、スキルポイントを5消費して攻め力を1上げることができます。
ただし、スキルポイントは徐々に溜まりにくくなるので、迂闊に変換すると全スキル習得が遠のきます。
また、攻め力は周回プレイを重ねて「戦いの記憶」を稼ぐことでも上がり続けます。
「竜の舞い面」を使用する前に、欲しいスキルがないかどうか確認してみましょう。

義手忍具と義手忍具の強化

義手忍具は元となる素材を手に入れて、荒れ寺にいる仏師に見せると作成してもらうことができます。
それぞれ使い所があるので、できるだけ入手して作成しておくようにしましょう。

義手忍具の強化は葦名城 城下の鬼形部を倒すことでできるようになります。
強化することによって攻撃方法が追加されたりするため、素材を手に入れたら強化していきましょう。

詳細は義手忍具ページへ。

戦闘の基本

敵の攻撃を弾く

敵の攻撃をタイミング良くガードすると敵の攻撃を弾くことができます。
攻撃を弾くことで体幹ダメージを与え、ゲージがMAXになれば忍殺可能になります。
弾きは主人公と同サイズの雑魚敵をはじめ、大男やボス、犬や猿などの非人間タイプにも有効です。

タイミングはそれほどシビアではなく、少し連打気味でも弾いてくれることもあります。
ガードを構えつつ攻撃してきそうなら一瞬離してまたガードという方法で慣れるといいでしょう。

また、ガードに成功してもダメージを受けてしまう攻撃も、弾くことでダメージを0に抑えられます。
危険攻撃は突き攻撃のみ弾けます。さらに専用の「見切り」があり、弾きよりも成功させやすく、体幹削りも大きいです。
他の危険攻撃(掴み攻撃、下段攻撃、および一部の敵の特殊攻撃)は弾くことすらできないので注意しましょう。

繰り返しになりますが、危険攻撃以外は毒霧などのわずかな例外を除いて、ほぼ全ての攻撃が弾き/防御ができます。
一見不可能そうな巨大ボスの重い攻撃も弾けます。

相手の体幹を崩す

体幹を崩した相手には攻撃ボタンで忍殺が行えます。
攻撃してダメージを与える、もしくは敵の攻撃を弾くと体幹ダメージを与えられます。

体幹ゲージは時間で回復していくので、継続してダメージを与えたり相手の攻撃を弾く必要があります。
しかし体幹ゲージを気にしすぎて焦ってやられてしまっては元も子もありません。
体幹ゲージを完全に回復されても、まだ慌てるような状況ではありません。

攻撃して敵のHPゲージを減らすと体幹ゲージの回復が遅くなるので、
上手く敵の攻撃を弾けずに体幹ゲージを回復されてしまう場合でも、
ダメージを与えていれば体幹を崩しやすくなるようになっています。

忍殺をする

本作では忍殺をして敵を倒すのが基本になります。
忍殺は敵に気付かれずに近づく、敵の体幹ゲージをMAXにするなどの方法で行えます。
雑魚敵はHPを減らせば倒せますが、ボスなどの一部の敵は忍殺しないと倒すことができません。

敵にガードされたら攻撃をやめる

ガードされている時に連続で攻撃すると、敵に弾かれるか攻撃に割り込まれる可能性が高いです。
基本的には攻撃をガードされたら攻撃をし続けずに、敵の攻撃を待つほうが良いです。

斬って、弾いて、また斬って

一太刀入れて、防御されたら様子を見て、また斬りかかる…
やがて体幹ゲージがいっぱいになったら忍殺を決める。
基本的に戦闘はこの繰り返しになります。
ソウルシリーズのように適当にブンブンして何とかなるものではありません。

もちろん全ての敵に対しての最適解ではありません。
中にはブンブンが正解の敵もいますし、体幹蓄積よりもHPを削りきる方が有効な敵もいます。
ただ、ボスを含めほとんどの敵に有効なので、
強敵に出会って中々勝てないときなどは、この流れを思い出してみてください。

死なず半兵衛で練習する

荒れ寺にいるNPC「死なず半兵衛」という戦闘チュートリアルを行ってくれるNPCがいます。
忍殺や弾きなどの基本以外にも「見切り」などのスキルも練習できるので活用しましょう。

ターゲット(ロックオン)をする

ターゲットしたほうが弾きも忍殺もやりやすくなるので、
基本的にはターゲットをしたまま戦うのがオススメです。
複数を相手にしている場合などは臨機応変にターゲットを切り替えたり、
場合によってはロックオンを外して逃げることも視野に入れましょう。

ステップやジャンプで回避する

敵だけでなく主人公にも体幹ゲージがあり、体幹ゲージがたまると受けるダメージが増加してしまいます。
そのため、体幹ゲージがたまってきたら、敵の攻撃はステップやジャンプで回避すると良いです。
地形や敵によっては鉤縄を使って距離を取るのも手です。

また、「危」表示後の攻撃はガード不能攻撃なので、
うまく攻撃パターンを見極めてステップやジャンプができると有利に戦えるようになります。
とくに危険攻撃で突進をしてくる敵には、頭上に着地することで大きく体幹ゲージを貯めることができます。

危険攻撃の種類によって対処する

ガードできない危険攻撃は、攻撃の種類によって対処方法が異なります。
突き攻撃であれば弾き・見切り、下段攻撃であればジャンプ、掴み攻撃であればステップというように、
それぞれの攻撃に合わせた対処方法を行うと有利に戦えます。

例えば、「危」表示後の下段攻撃であればジャンプで回避し、
追加入力で敵を踏みつけることで大きな体幹ダメージを与えられます。

義手忍具を使う

義手忍具を使うには形代というアイテムが必要ですが、
その場に合った義手忍具を使うことで、攻略を楽に進めることができます。

例えば木盾を構えた敵には仕込み斧で木盾を破壊してしまうと簡単に倒すことが可能です。
跳び回る敵には手裏剣、火に弱い敵には火吹き筒など、それぞれ有効な義手忍具を使うといいでしょう。

アイテムを使う

回復アイテムの「傷薬瓢箪」は鬼仏(マップ上に配置されているチェックポイント)を拝むと個数が戻るので、
HPがある程度減ったら使っていくと良いです。

「吽護の飴」は使用するとしばらく防御力アップ状態になり、敵から受けるダメージが減ります。
強敵との戦いで非常に有効なので、強敵と出会って勝てないようなら使用も考えましょう。
他の種類の飴とは効果が重複しないので、その場面にあった飴を使うと良いです。

「陶片」は敵の注意を引くアイテムです。
壁張り付き・ぶら下がり状態で敵に当てれば、警戒状態で近寄ってきたところを忍殺できます。
狙える場面が多いので積極的に活用しましょう。

回生を利用する

死んでしまった際に回生アイコンが光っている場合は、その場で復活できます。
連続では使えず、一度使ったら忍殺を決めるまで再使用はできません。

復活のタイミングは任意なので、
敵が後ろを向いた隙に復活し、そのまま忍殺という手段も取れるので回生を上手く利用すると良いです。
ただし、回生をするのが遅すぎる場合はそのまま死んでしまうので注意が必要です。
また複数回の忍殺が必要な強敵は、背中を見せていても回生した瞬間に気付かれてしまいます。

戦闘の応用

攻撃をキャンセルする

通常攻撃は出始めであればガードやステップでキャンセルすることができます。
敵の連続攻撃の途中などに攻撃してしまった場合などでもガードが間に合う場合があるので、
常にガードすることを意識しておくといいでしょう。

忍殺ごとに回生を使う

忍殺マーカーが2以上のボスを相手にする場合は、回生が忍殺マーカーの数だけ使えます。
特に傷薬瓢箪や丸薬の回数が足りなくなる場合は回生も最大限活かすと良いです。

見切りをする

忍の体術「見切り」を習得している場合のみ。
危険攻撃の突きは前ステップすることで見切りとなり体幹ダメージを与えることができます。
突き攻撃はガードは不可ですが、弾くことはできるので必須というほどではないですが、
見切りのほうが弾くより判定的に楽なので、できるようになると役立つ場面が多いです。
ただし、「危」表示後にかならず突きが来るとは限らない点には注意してください。

空中弾きをする

忍の体術「空中弾き」を習得している場合のみ。
空中弾きができるようになったら、
ジャンプで回避しつつ当たりそうなら空中弾きをするという対応ができます。
ステップはわずかに無敵時間があるものの弾くことはできないので、
ジャンプとステップを使い分けられると戦い方の幅が広がります。

雷返し

しばらく進むと雷を伴う攻撃をしてくる敵が出てきます。
危険攻撃なのでガード出来ず、大ダメージと打雷状態で少しの間動けなくなってしまいます。
この攻撃には「雷返し」で反撃しましょう。
手順は

1.雷攻撃に合わせてジャンプ
2.空中で技を受ける(空中ガードはしなくてよい)
3.地面につく前に攻撃

となります。
成功すれば相手にダメージを与え、打雷状態にさせることが可能です。
空中で受ける際、少しダメージを負うので残HPには注意。
受けても返さず地面に着地すると大ダメージと打雷状態になってしまいます。
また、ジャンプタイミングは敵ごとに異なるので気をつけましょう。
敵がジャンプしたから釣られてジャンプしても、自分が先に着地して雷を受けてしまうことや、先に攻撃を空振りして雷返しが成立しなかったりといった失敗のないようにしましょう。

義手忍具のすすめ

手裏剣

犬や谷猿、弓を持ったガードしてこない敵に有効です。
空中にいる敵には効果が高いので跳躍する敵に使っていくと良いです。

忍びの体術「派生攻撃・追い斬り」を習得している場合は、敵との距離を詰めるのにも使えます。

仕込み斧

木盾や木笠で攻撃を防いでくる敵に有効です。

火吹き筒

そのままでは形代消費が3と多めなので、油と併用すると使いやすくなります。
炎上状態になりやすい敵であれば、楽にHPを削ることができます。

爆竹

敵を怯ませることができ、獣系なら体幹ダメージも与えます。
ボスにも有効なので、強敵を見つけたら使うと良いです。

仕込み傘

仕込み傘は下段以外の攻撃を全てガードします。
危険攻撃もガードできるので、攻撃に当たってしまう場合は使ってみましょう。
また、傘で弾きに成功すると刀での弾きよりも体幹ダメージが大きい点も優秀です。

朱雀の紅蓮傘であれば炎属性ダメージも防げ、鳳凰の紫紺傘であれば怖気の蓄積も防げます。

霧がらす

仕込み傘ほど万能ではありませんが、こちらは下段攻撃に対応。掴みは不可。
下段攻撃はジャンプで回避できる上にこちらは形代消費が2なので、
どうしても突きと下段がわからない場合などは試してみるといいでしょう。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 危険攻撃のうち、突き攻撃は見切り持ってなくても弾きで対応できます
    2019-04-07 (日) 17:21:11 [ID:/RzEVJRJE8A]
  • どうしても弾きが苦手という人はガード連打で5回に3回くらいは成功して、失敗してもガードだから楽。ただしそれじゃ通用しない相手に出会った時に大変だから弾きは練習する事をオススメする。
    2019-04-08 (月) 13:04:51 [ID:muk14FYTH2A]
  • 回生は忍殺しなくても一回目は竜胤の雫、二回目はおくるみ地蔵で黒塗りが消えるからあと一ゲージというときはそれで粘るのもあり。ただしどっちも貴重品だから実質二週目以降限定かな
    2019-04-10 (水) 20:25:40 [ID:2rHoisRNBL2]
  • このゲームを難しくしてる要素の一つはボタン配置にあると思う。最初見切りが全然出来なくて、ダッシュを○から×に変更したらやり易くなった。特にソウルシリーズに慣れてると、ボタンの違いに慣れないで誤操作する。
    2019-04-18 (木) 04:48:32 [ID:HHxQCwK7bP.]
    • それはソウルズボーン経験者だからだね。隻狼の序盤はアクションゲームが超下手な人とソウルズ経験者が最も苦戦すると思う。逆にアクションがうまいソウルズ「未」経験者は昔の手癖に苦しめられないから、そこまで苦戦しないんじゃないかと
      2019-04-18 (木) 05:33:52 [ID:xfcT62pZCaI]
      • ソウルズとブラボ経験者だと最初の頃は弾かずステップ回避しようとして苦戦してた人とか結構いたなぁ
        2019-04-18 (木) 12:19:13 [ID:/V77ds.4Nfk]
      • 弾きがL1なのも苦労した。つい癖でL2で弾いてた。
        2019-04-19 (金) 07:47:13 [ID:HHxQCwK7bP.]
      • 俺はノリでデフォルト操作にしたらどうしますヤーナムに帰れなくなったわ
        2019-04-25 (木) 12:07:51 [ID:bkerbRGVx0k]
    • 自分もステップは×にして、ジャンプ□、アイテム△にしたらかなり快適になったね。
      2019-04-20 (土) 00:53:27 [ID:t4oBB2H7Tg6]
  • 雷返しの説明で空中ガードはしなくてよいってあるけど、高度が低いとダメージによるのけぞりで雷返し間に合わなくなるからガードボタン押しっぱなしでジャンプとかにしたほうがいいかも
    2019-04-25 (木) 14:29:45 [ID:rmbkbISTogg]
  • こちらの攻撃を弾いた後の反撃はどの敵もかなり速いから、弾き返すよりもガードした方が良い。「弾かれたら即ガード」を癖にすると安定すると思う
    2019-05-03 (金) 23:27:14 [ID:S2vrHlcs5fs]
  • ソウル・ボーン系は攻撃の出がかりをキャンセルしてガードや回避できないが隻狼はできる だから強気で振る ガードで体幹回復 弾きの受付延長というか長押しは有効、連打も効くけど操作精度が…
    2019-05-11 (土) 10:38:17 [ID:ml7EcZ7skF2]
  • 弾き損ねて攻撃をくらったときは冷静にステップ。被ダメージモーション中はガード(弾き)はできないので連撃をもらわないよう注意。
    2020-12-20 (日) 21:33:24 [ID:RNIA5Bfixbo]
  • 相手をよく見る、弾きに拘りすぎない、逃げる振りして幕末オープンゲット、これ大事
    2021-10-15 (金) 22:32:04 [ID:KrpNBLaOZGE]
  • 狼がよろめいた時ダウンした時の対処法も欲しいな、どうしたら良いのかいまいちわからない
    2021-11-05 (金) 03:08:46 [ID:7eGh7Kk1cpk]

利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください