Top > 金剛山 仙峯寺

スポンサーリンク

金剛山 仙峯寺

捨て牢の地下水路から行けるエリア。

目次

攻略

金剛山 仙峯寺 ~ 修験道

エリアに入ってすぐ鬼仏「金剛山 仙峯寺」がある。
鬼仏がある建物から右手に進むとNPC「小太郎」がいる。

■小太郎
金剛山 仙峯寺で手に入る「赤白い風車」、「真白い風車」のどちらかを渡せる。
赤白い風車を渡すと道順か物売りの穴山のイベントにつながる。
真白い風車を渡すと神隠ししてくれと頼まれる。
義手忍具「神隠し」で神隠しを当てると小太郎が消える。
小太郎はストーリーを進めると行けるようになる幻廊におり、話しかけると太郎柿が手に入る。
赤白い風車を先に渡すと選択肢を保留して真白い風車も渡せるが、
真白い風車を先に渡すと赤白い風車の会話は出来ないので注意。

■凧揚げ
鬼仏「金剛山 仙峯寺」の裏手の崖下では凧を揚げることができるが、
忍殺忍術「傀儡の術」が必要となるのでこの時点では意味がない。
傀儡の術は金剛山 仙峯寺を攻略すると手に入るのでまずは先に進もう。

寺のほうに続く坂道には大量の僧兵がいるので、草むらや登れる木を利用して倒していこう。
坂道を登った先の大門から鉤縄で天井裏に侵入できる。
寺の中に入るとコオロギがおり、少し進むと即身仏がある広間に出る。
即身仏の前には瓢箪の種があるので拾っておこう。
また、この即身仏は生きており、忍殺してもすぐに復活してしまう。
いずれ倒せるようになるが、現時点では倒せない。
ご本尊の裏の太郎兵に注意。

寺の外にはNPCのお婆がいる。
話しかけると「変若の御子様のお米」を欲しがるが、現時点では手に入らない。
なお、後述の供養衆が販売している五色米は無関係なので注意。

寺の外から出て大門の裏手に出ると笠をかぶった両刃使いの敵が2体いる。
名前こそないものの強敵なので、戦闘そのものをスルーしてしまおう。
屋根に登れないほうの建物の壁沿いに隠密で進み、崖下から鉤縄を投げて先に進める。
戦うなら危険攻撃をジャンプで回避し、跳躍したら手裏剣で落としてやろう。

大門近くの崩れた橋の横から鉤縄で横穴に入れる。
横穴を進むと鬼仏「修験道」がある。

修験道 ~ 境内

鬼仏から崖下の木板に降りて進むとアイテム販売をしているNPC「修験道の供養衆」がいる。
鬼仏から複数のらっぱ衆が待ち構えている崖沿いを登っていくと、左手に地蔵と風車が見える。
この崖下から先へ進むこともできるが、まずは甲冑武者のいる廊下を通って境内へ向かうと良い。

広い廊下で甲冑武者が出現する。
忍殺ゲージがなく忍殺しても死なないが、甲冑武者に壁を背負わせて忍殺すれば崖下に落として倒せる。
というか、そうしないと倒せない。位置によってはいつまで経っても倒せないので
忍殺可能になったら位置取りを意識する必要がある。
攻撃力が高く、大剣による攻撃範囲も広いので注意しよう。
幸い危険攻撃は突きしか使わず攻撃は遅めなので弾きを狙いやすい。
体幹ゲージの回復は非っ常に遅いので、慌てず処理しよう。
倒すと数珠玉、幹の息吹・陰を入手。

甲冑武者戦前、左手のやや高い場所には「赤白い風車」が落ちている。
さらに近くの段差を降りていき、鉤縄やぶら下がり、連続壁蹴りで進むと「真白い花」が落ちており、
近くには鬼仏「鐘鬼のお堂」のあるお堂がある。
お堂内の隠し扉からは葦名城城下の首無しの裏手まで直通で移動できる。
城下の首無しに挑戦する場合はこちらから行く方が時間短縮にはなるだろう。

■鐘鬼
「鐘鬼のお堂」にある鐘をつくと「厄憑き」状態になり、使用アイテム「鐘鬼」を入手する。
これを持っている間は敵のHPと攻撃力が増すので難易度が上がる。
代わりにドロップ品がレアなものに置き換わる...が、ドロップは時間帯でも影響するので全容は把握できていない。
この状態を止める「厄払い」をしたい場合は「鐘鬼」を使用する。
前述したお婆の前で厄払いをするとアイテムをもらえる。
なお、厄憑きに制限回数はないので、いつでも挑戦できる。

境内 ~ 本堂

境内から坂を降りると宝鯉が2匹いる池がある。
この池の上には広いお堂があり、崖下には長手の百足 仙雲がいるお堂がある。

長手の百足 仙雲は倒さなくてもいいのだが、アイテムを貰えるので挑戦しておこう。
隙こそ少ないものの、連続攻撃を連打で弾けるので体幹を崩しやすい。
ただし、連続攻撃の途中に危険攻撃を挟んできたり、
弾きすぎてこちらの体幹が崩れてしまうこともあるので注意。
長手の百足 仙雲を倒すと黄色煙硝、数珠玉を入手。

広いお堂を通り抜けて道なりに進むと本堂がある。
本堂には笠をかぶった両刃使いが3体いるので、戦う場合は1体ずつ誘い出して倒すと良い。

本堂の正面から扉を開けて中に入ると鬼仏「本堂」がある。

本堂 ~ 奥の院

本堂にいるNPCから永旅経・蟲賜わりの章を入手。
(葦名城 本城の橋で信心深き者から話を聞いている必要あり)
ただし、葦名城 本城で御子と再会している場合はNPCがいなくなり、
永旅経・蟲賜わりの章は境内の池の底に落ちている。

本堂への入り口の正面には洞窟があり、洞窟を抜けた先には五重塔がある。
五重塔の中で仙峯寺拳法の伝書を入手できる。

不死斬りを探している所までストーリーを進めていると、本堂の大仏前の鈴を調べて幻廊に行ける。
幻廊に行くと見る猿、聞く猿、言う猿、が出現。

この猿たちは逃げ回るので直接攻撃してこないが、倒すには掴まえて忍殺する必要がある。
3体に見えるが屏風が4つある通り、実際は4体いる。
4体目の見え猿(見えない猿)は黄色い足跡を頼りに攻撃すること。
猿の見た目は屏風を見るか、屏風の先にいる僧侶に話しかけて教えてもらおう。
なお、屏風の猿たちは逃げ回るだけだが、召喚される幻影の猿は怖気持ちなので注意。

攻略方法は見る猿、聞く猿、言う猿、ページへ。
猿たちを倒すと戦いの記憶・屏風の猿たち、傀儡の術を入手。

奥の院に移動し、鬼仏「奥の院」が近くにある。

奥の院にいるNPC「変若の御子」に話しかけると不死斬りを入手。
また、変若の御子に永旅経・蟲賜わりの章を渡せる。

不死斬り入手後、倒しても一定時間で復活してしまっていた蟲憑きの即身仏たちに対し、
特殊な忍殺と共に完全な撃破が可能になる。

「不死斬り」「馨し水蓮」「お宿り石」が揃うとストーリーが進み、
葦名城 本城に忍軍が襲来して仏渡りできなくなるので、やり残しがある場合は注意しておこう。

本城(忍軍襲来)へは鬼仏「捨て牢 入口」からなら行くことができる。

谷落ちの洞窟

鬼仏「金剛山 仙峯寺」の裏手の崖下では凧を揚げることができる。
そのままでは凧が戻ってきてしまうので、
忍殺忍術「傀儡の術」で近くのらっぱ衆を操ることで凧揚げを維持することができる。
凧揚げを維持した状態で寺の大門近くにある巨木から凧に鉤縄を使うことで対岸へ。

対岸から崖沿いを鉤縄で降りていくと洞窟がある。
洞窟に入ってすぐのところに鬼仏「谷落ちの洞窟」がある。

すでに落ち谷で白蛇と遭遇していれば、鬼仏から先に進んだところの崖下にぬしの白蛇がいる。
ここでは落下忍殺できるので忍殺して倒すと生の蛇柿を入手。

落下忍殺後にとどめ忍殺をしないと、蛇に食べられて(ダメージはない)落ち谷の乾き蛇柿が手に入る洞窟の入り口に連れていかれる

入手アイテム

アイテム名入手場所備考
月隠の飴鬼仏「金剛山 仙峯寺」の建物の出口左側
鉄屑x2鬼仏「金剛山 仙峯寺」の建物裏手
形代寄せのミブ風船↑から下に降りていった場所
月隠の飴
軽い銭袋寺に向かう坂道の仁王像がある門の屋根
品寄せのミブ風船x2仁王像がある門からすぐ左の崖付近
丸薬仁王像がある門から進んで坂道の左側
怖気消し
阿攻の飴仁王像がある門から正面階段の途中
毒消し粉仁王像がある門から坂道を登って右手の崖付近
軽い銭袋
毒消し粉x2
重たい銭袋↑から段差を登って鉤縄で木に登った先
にぎり灰仁王像がある門から正面階段を登った先
阿攻の飴鉤縄で寺の中に入ってすぐ
瓢箪の種寺の中にある即身仏の前入手済みの場合は神食み
脂蝋の瘤↑の即身仏の裏手
剛幹の飴即身仏がいる広間の角
陶片x4
形代寄せのミブ風船↑の寺から出てすぐ右手
軽い銭袋両刃使いの敵がいる場所の右手にある大木の上
吽護の飴↑の大木の近くにある建物裏
毒消し粉両刃使いの敵がいる場所の左手にある大門付近
丸薬↑の大門の壁沿いを進んだ崖際
月隠の飴両刃使いの敵がいる場所の正面にある崩れた橋
陶片x3鬼仏「修験道」から崖下にある木板に降りて進んだ先近くに供養衆がいる
形代寄せのミブ風船x2鬼仏「修験道」から崖沿いを進んだ先の抜け穴
月隠の飴↑の抜け穴を出た先で、鉤縄を使って高台に飛んだ先
磁鉄屑鬼仏「境内」のすぐ手前
陶片x2鬼仏「境内」から下方に見える屋根
剛幹の飴鬼仏「境内」から降りた先の崖付近
丸薬猿が出てくるあたりの坂道
形代寄せのミブ風船↑からさらに下った先
形代寄せのミブ風船
形代寄せのミブ風船
重たい銭袋
にぎり灰x3宝鯉がいる池の上にあるお堂
品寄せのミブ風船宝鯉がいる池と反対側の崖下に降りた先
陶片x2広いお堂の手前左奥
軽い銭袋広いお堂の庭
脂蝋の瘤広いお堂の即身仏前
にぎり灰x5広いお堂から道なりに進んだ先の焚火
形代寄せのミブ風船広いお堂から道なりに進み、焚火から右手の崖沿いを下った先
剛幹の飴↑からさらに下った先の、長手の百足 仙雲がいるお堂
黒色煙硝
黒色煙硝
吽護の飴広いお堂から道なりに進んだ先、焚火の少し奥
剛幹の飴↑から少し坂道を進み、左手にある崖上
吽護の飴x3本堂手前の階段裏
吽護の飴本堂内の右側にある即身仏付近
黒色煙硝
おくるみ地蔵本堂内の正面左寄りに並んでいる仏像裏
竜胤の雫本堂内の大仏前
脂蝋の瘤本堂内の大仏裏
丸薬本堂内の左側にある即身仏付近
阿攻の飴本堂から出て洞窟に入る手前の崖下
形代寄せのミブ風船本堂から先に進んだ洞窟の水路内
丸薬x2洞窟を抜けた先の五重塔近く
仙峯寺拳法の伝書五重塔の中
丸薬x2奥の院の裏手
種鳴らしx21体目の即身仏がある寺を出て、大木から凧を使って対岸に飛んだ先
磁鉄屑↑からさらに崖沿いを鉤縄で降りた先
形代寄せのミブ風船x3鬼仏「谷落ちの洞窟」のすぐ先
魂寄せのミブ風船ぬしの白蛇の落下忍殺時に着地する、吊り橋の対岸付近落下忍殺時の一度しか探索できない?
竜胤の雫
おくるみ地蔵
赤白い風車甲冑武者がいる境内手前の、地蔵と風車が大量にある崖
重たい銭袋↑から崖下の木板に降り、壁にぶら下がってすぐ後方の木に鉤縄を飛ばした先
真白い風車↑から壁に引き返して道なりに進み、三角飛びで崖を登った先
猿酒↑から進んだ先にあるお堂お堂の先に鬼仏「鐘鬼のお堂」あり
重たい銭袋
黒色煙硝
永旅経・蟲賜わりの章宝鯉がいる池の底水生の呼吸術が必要
本堂の僧正から入手する前に九郎と再会した場合のみ配置
数珠玉水生の呼吸術が必要

出現する敵

名前忍殺経験値ドロップアイテム備考
甲冑武者数珠玉
幹の息吹・陰
長手の百足 仙雲2黄色煙硝
数珠玉
見る猿、聞く猿、言う猿、1戦いの記憶・屏風の猿たち
傀儡の術

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 境内から進んだ先の猿から柿ドロップしました。
    2019-04-07 (日) 11:55:30 [ID:KXDQSBVujFE]
  • 広いお堂の先の焚き火からにぎり灰 追記お願いします
    2019-04-07 (日) 12:10:54 [ID:KXDQSBVujFE]
  • 鐘鬼のお堂って所にたどり着いたんだけど、まだ未開の地だったり?
    2019-04-07 (日) 22:54:42 [ID:xXi7oq6wGjA]
  • 本堂の鬼仏から右側にちょっと行ったところにある、「こちらからは開かない」の扉ってどうやって開けるんだろ?
    2019-04-08 (月) 11:32:40 [ID:T9YG7Dtf1UI]
    • 奥の院の左手の廊下を進むと繋がってる
      2019-04-08 (月) 15:35:29 [ID:CURY/rahkuQ]
  • 最初声かけてきた掛け軸の仏さん、変若の御子様だとようやく気付いて感動。御子様達はか゛わ゛い゛い゛な゛ぁ゛!
    2019-04-10 (水) 21:04:20 [ID:8PrWeDioVGM]
  • 御子様と再会しているが、不死斬りの話(一心に聞いて御子様に伝える)を終わらせていない場合は鐘が無くNPCはいるけど無言で答えてくれない状況になるっぽい?
    2019-04-10 (水) 21:49:41 [ID:165/w.GlBm2]
  • 永旅経・蟲賜わりの章と数珠が落ちてる池の底に大小の仏像が大量に廃棄されてるの見ると信仰の拠り所どころか外聞とか体面すら捨ててるのな
    2019-04-13 (土) 13:35:31 [ID:ml7EcZ7skF2]
  • 御子様に会う前に(弦一郎倒す前に)本堂のNPCと会ったんですが、「まだ何か用か?」みたいなことだけ言われて蟲賜りの章貰えませんでした。
    2019-04-14 (日) 02:40:33 [ID:.bdUblm9N2k]
    • 火牛直後の橋で拝んでいる占い婆に会話して「尊きお方がそこにおわす」って聞かないともらえないね。
      2019-04-14 (日) 03:44:19 [ID:FE.N.kdt/Gs]
      • ああお婆かあ・・・最近はスルーしてたけどそんな深い意味があったのか…
        2019-04-14 (日) 11:16:51 [ID:.bdUblm9N2k]
  • 本堂のあっちじゃあ婆ちゃんのいる
    2019-04-14 (日) 14:09:02 [ID:F.Xoe0.wLVg]
    • すまないミスった 婆ちゃんの近くの扉ってどこから開けるんだろう
      2019-04-14 (日) 14:10:25 [ID:F.Xoe0.wLVg]
  • 2週目で気づいた。地面子供の死体だらけやん!!
    2019-04-14 (日) 17:05:12 [ID:owoFSfJZf3Y]
    • 本堂の向かって右にある、壊れた橋のある下りの脇道と崖にいっぱい死体があるね。おそらく、変若の御子のなりそこないたちだろう
      2019-04-20 (土) 17:52:26 New [ID:xfcT62pZCaI]

利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください