Top > 戦闘掛け合い集

スポンサーリンク

戦闘掛け合い

このゲームでは、戦闘中様々な掛け声が発せられる。
汎用的な台詞だけでなく、特定の組み合わせでのみ聞くことのできる台詞も存在する。
前作よりも多数のキャラクターが戦闘に参加できることもあり、掛け合いの組み合わせは前作を凌駕している。

※以下、ネタバレ注意!

目次

ブレイドスイッチ時

特定のブレイドが戦闘に参加している場合にブレイドスイッチすることで、専用台詞を喋ることがある。
2人のブレイドを直接切り替える場合と、両者を出す必要がある場合がある。

スイッチするブレイド戦闘参加者スイッチ時の台詞備考
ホムラヒカリ「ヒカリちゃん、ここは加減が必要です」
カグツチ「ここからは、私の炎で!」
ヒカリホムラ「代わるわ。ここからは光で攻める」
ニア「ありがと。トドメは私がやるわ」
ビャッコスザク「スザク殿、あとは私にお任せを!」
ニア「お休みください、お嬢様」
スザクホムラ「俺の風が!お前の炎を嵐に変えてやる!」
シキ「風使いの神髄を、見せてやるぜ!」
カグツチホムラ「代わるわ、ホムラ」
ワダツミ「あなたのフォローなら光栄ね」
サイカヒカリ「ウチもヒカリはんに負けてられへんな!」
ヤエギリ「暴風娘の次は、ウチの出番や!」
ニアホムラ「ホムラお疲れ!あとはアタシが!」
ビャッコ「ビャッコはそこで丸くなってな!」
ワダツミホムラ「時に水は炎を上回る」
カグツチ「カグツチは休んでおいで。後は私がやる」
グレンホムラ「ホムラ、オマエのハートはオレが受け継ぐぜ!」
サイカ「ゆっくり休んでな、サイカ。さあいくぜ!」
ヂカラオニューツ「代われ、ニューツ。お前は休め」
ヤエギリ「今は退け!ヤエギリ」
ヴァサライブキ「我はイブキほど温くはないぞ…!」
テンイ「テンイに負けてはおれんな…!」
メイムスビ「ムスビは休んでな。ここはアタシのほうが向いてる…!」
メノウメイ「メイのようにはできないけど、私もひと暴れしてみるわ!」
ツキ「ツキは優雅だけど、私は勇気で!」
ユウオウグレン「お疲れだったなグレン。私は十分に休ませてもらった。今は攻守共に万全の状態だ!」
ライコ「よく敵の注意を惹きつけてくれたな、ライコ。後は私に任せてくれ」
イダテンウカ「この戦いが終わったら、ウカにおいしい動物を教えてもらうっポ~!」
リンネ「イダテンも、お風呂に入りたかったっポ~」この台詞、好きなポーチアイテムのジャンルと関係があったりする
クビラザクロ「ザクロ…無駄話は後ろでやるがいい…」
リンネ「この借りは高くつくぞ、リンネ」
カサネホムラ「ホムラさん!後は任せてください!」
ミクマリセオリ「後はお姉ちゃんにまかせて!」
トキハ「私の槍捌きは、トキハのとちょっと違うんだから!受けてみて!」
セオリヴァサラ「ヴァサラ…本当の刃は、人を護るためにあるのよ」
ミクマリ「お姉ちゃん…今度は私が敵の攻撃を全部受け流すから」
トキハワダツミ「ワダツミの後で戦えるとは、光栄ですね」
グレン「グレン、貴方の意思は私が引き継ぎます!」
ザクロイダテン「イダテンの代わりに、ザクロが戦うっポッ!」
アザミ「アザミ姉さんはゆっくり休んでて!」
アザミカサネ「カサネの出番はここまでよ」
ホタル「坊やは引っ込んでなさいね」
ナナコオリヂカラオ「クマリンのパワーも、ヂカラオさんに負けてないよ!」
ライコ「ライコちゃんの分も頑張るね!」
ニューツカグツチ「ここでカグツチ様より大活躍してみせます」
アザミ「腕の数が戦力の差じゃないことを証明するであります!」
ウカメノウ「メノウさんに負けじと、キラキラ輝いてみせます!」
ニューツ「ニューツさんよりも活躍しますよ~!ライバルですから!」
リンネハナJS「ハナよ、安心するがよい。ワラワが来た!」両者を戦闘に参加
ナナコオリ「この後はお楽しみのお茶会じゃぞ、ナナコオリ」
ホタル「ホタル、男はしっかり働かんか…!」
ムスビビャッコ「おじいちゃんは休んでいてください」
イダテン「イダテン、後でおむすび食べましょうね」両者を戦闘に参加
シキ「シキちゃん、後はお姉さんに任せなさい…!」
シキイダテン「イダテン、好き嫌いはいけないよ?」
イブキ「イブキ。キミに代わって、ボクが吹き飛ばしてやる!」
ライコサイカ「サイカさんに負けないぞぉ!」
ヤエギリ「嵐が去って、雷が来ました…!」
ホタル「ホタルちゃん!一緒に頑張ろう!」両者を戦闘に参加
ヤエギリテンイ「アタシもテンイには負けていられないなぁ」
KOS-MOS Re:「アタシの風も、KOS-MOS Re:の火力に負けないぞ!」
イブキスザク「次の鳥に交代だ!」
ムスビ「オムスビちゃん、ゆっくり休んでて」
ホタルザクロ「どっかのお喋りさんの分も働くよ!」
ナナコオリ「ナナコオリ、ゆっくり休んでて」
KOS-MOS Re:ホムラ「ヒロインを交代します」
ヒカリ「私の戦闘力は、ヒカリに匹敵します」
テンイヂカラオ「ヂカラオ…敵を引き付けて」両者を戦闘に参加
ヴァサラ「ヴァサラのように速くは動けないが…」
KOS-MOS Re:「KOS-MOS Re:のように、私も容赦はしない」
ツキユウオウ「ユウオウはんのように、美しゅう戦えるやろか」
トキハ「トキハはんの戦い…、もうちょっと見たかったわぁ」
ヨシツネベンケイ「」
フム…素晴らしい主演女優がいるじゃないか…!」両者を戦闘に参加
カムイ「ヨシツネ、推参!」
ベンケイホムラ「退いてなよ天の聖杯!」
サタヒコ「なんでアタシがサタの後なんだよ!」
サタヒコベンケイ「お疲れさん!」
「さてと…最愛の人も見ていることだし、格好いいところ見せてやりますかな…!」両者を戦闘に参加
オオツチ「お前は引っ込んでな!」
カムイヨシツネ「またまた、よろしくにゃっ!」
ラゴウホムラ「天の聖杯とならば、ブレイドの誉れ…!」
ベンケイ「主が違えど、某の忠義は変わらぬ!」
オオツチ「打倒せよ、オオツチ!」両者を戦闘に参加
オオツチサタヒコ「サタヒコよりオレサマのほうが強えぞ!」
ラゴウ「負ける気がしねぇなぁ!ラゴウ!」両者を戦闘に参加
ザンテツラゴウ「ギャッハハー!引っ込んでろよ!」
T-elos Re:ヒカリ「因果律予測など必要ない!」
KOS-MOS Re:「不良品が…引っこんでろ!」
「いい機会だ、決着をつけるぞ…KOS-MOS!」両者を戦闘に参加
ハナバスターホムラ『』
「承知いたしました」
ハナJD『戦いながらの指示は大変ですも…』
「遠隔操作モードから自律モードにシフトします」
両者を戦闘に参加
シュルクハナバスター「ハナに負けないよう、頑張るよ!」
フィオルン「フィオルン!無理しないで!」
フィオルンハナバスター「ハナバスターはクールダウンしててね」
シュルク「シュルク、後は私が!」
カムヤシュルク「フツの刀はモナド程じゃないかもしれないけど、やってやる!」
ヒバナ「ヒバナ、後は任せてくれ」
ヒバナホムラ「ホムラ先輩~!お疲れさまでした!」
「ホムラ先輩と一緒に戦えるなんて光栄です~!」両者を戦闘に参加
カムヤ「カムヤはあたしの活躍を見てることっ!」
エルマシュルク「シュルク!貴方の戦いを引き継ぐ…!」
フィオルン「後は任せて、フィオルン」

ターゲット中のエネミーの種族によっても、専用台詞を喋ることがある。
種族が一致した場合にスイッチ後のブレイドが反応する。

スイッチするブレイドエネミー種族スイッチ時の台詞備考
ヒカリボス・ユニーク「私が来たからには、もう大丈夫」
ビャッコビースト「このような下賤な獣に負けるわけにはいきません!」
ハナJKボス・ユニーク「相手にとって不足はないですも!」
ハナJDマシーン「ハナの方が最新鋭ですも」
ボス・ユニーク「今日がこの敵の『ジャッジメント・デイ』ですも」
スザクフライヤー「軽く撃墜してやるぜ!」
ヂカラオフライヤー「叩き落す」
メイボス・ユニーク「フフッ…最高の相手だ…勝ってやる!」
メノウインセクト「いやぁああ!最悪ね!もう見たくもない!!」
イダテンビースト「丸飲みにしてやるポ!」
クビラインセクト「余に…!虫の相手をさせるとは…」
カサネボス・ユニーク「なんて禍々しい気…!でも…、負けられませんっ!」
ミクマリインセクト「うぁぁ…苦手なヤツだ…絶対に駆除しよう!」
トキハヒューマノイド「降伏しなさい。人とはいえ、容赦はしませんよ!」
ザクロヒューマノイド「ねえ、お喋りで平和的解決って方法はないの?」
アザミフライヤー「撃ち落としてあげるわ…」
ナナコオリブレイド「ブレイド同士で戦いたくありません!」
ニューツマシーン「破壊するのが勿体無い…」
ウカマシーン「こんなの作っちゃいけないんですよ!」
ビースト「ウカとお話ししましょう!…って穏便にはいかなさそうですね…」
シキマシーン「やったー!早く倒してバラバラに分解したいな!」
アクアティック「うわ!ヌメヌメしてそう!興味そそるなあ!」
ライコマシーン「機械には、雷が効くんですよ!」
ヤエギリアルス「アルスか、相手にとって不足なし!」
ボス・ユニーク「アッハッハッハッハッ!楽しい!楽しいぞぉ!!」
イブキフライヤー「飛べるヤツは手強い。気を付けろ」
ホタルインセクト「虫を倒すのは気が引けるな…」
KOS-MOS Re:ボス・ユニーク「敵勢力を『脅威』と判定」
ベンケイヒューマノイド「楽しめそうだね」
カムイボス・ユニーク「強そうなのと戦ってるね~」
ラゴウボス・ユニーク「相手にとって不足なし」
ザンテツボス・ユニーク「ここかぁ?祭りの場所は…!」
T-elos Re:ボス・ユニーク「こんな雑魚相手に本気を出すまでもない…!」
フィオルンマシーン「機械相手は、複雑な気分…」何が「複雑」なのかは前作をプレイ
カムヤボス・ユニーク「相手にとって不足はないな!」

戦闘終了後

組み合わせは会話する順番で表記。(※汎用台詞は除く。)
一覧の順番はドライバー、図鑑順のブレイドとする。

組み合わせメンバー台詞備考
レックス・ニアレックス「ニア!今すっげえお宝拾っちゃったよ!見たい?なぁ見たい?」
ニア「はいはい後でね~。…ったく、ほんと子供なんだから」
レックス・ニア・ビャッコレックス「ビャッコに跨っているときのニアってさ、すっごくいい顔してるよな!」
ニア「まあね!でも最近毛並みが乱れてて、チクチクするんだよねぇ…」
ビャッコ「ボディケアには気を遣っているつもりだったのですが…面目次第もございません!」
レックス・トラ・ヴァンダムレックス「今のオレ達、息ぴったり合ってたよな!」
トラ「すごかったも!アニキとトラの、最高のコラモレーションだも!」
ヴァンダム「見事だ。だが……俺はお前さん達が戦わずに済む世の中にしないとな!」
レックス・ヴァンダムレックス「うーん、よく頑張った!」
ヴァンダム「後は冷えたビールがあれば最高だな!」
レックス・メレフレックス「メレフ!今のオレの動き、見てくれた?ちょっと凄かったろ!」
メレフ「ああ。なかなかの太刀筋だった。見習いたいものだ」
レックス・ジークレックス「そろそろ休憩しようか?」
ジーク「ワイの快進撃はとまらへんで?そう、これも覇王の心眼を身に宿しものの定め」
レックス・シンレックス「なぁ、さっきのケガ、大丈夫か?」
シン「余計な気遣いは無用だ」
レックス・ホムラレックス「サルベージャーの名に懸けて、君を絶対守るよ、ホムラ!」
ホムラ「ありがとう…!…頼りにしますね。レックス」
レックス・ホムラ・メレフレックス「次に何が来るかわからない…気を引き締めて行こう!」
ホムラ「ちょっと一息つきましょう?レックス。お茶を入れますよ」
メレフ「ホムラの言う通り。いつ如何なる時も、心に余裕を持つべきだ」
レックス・ヒカリレックス「サンキュー、ヒカリ!うまくやれたみたいだ!」
ヒカリ「因果律予測を使えばこんなものよ。……ま、まあ?君も頑張ってるけどねっ」
レックス・ビャッコレックス「ビャッコとじっちゃんって、本当に仲いいよね~」
ビャッコ「ええ。趣味嗜好に細かな差異はありますが、セイリュウ様とは、仲良くさせていただいております」
レックス・ハナJSレックス「『ジェット・スパーク』、カッコイイ響きだね!」
ハナJS「どんなピンチにも、閃光のごとく駆けつけるんですも!」
レックス・トラ・ハナJKレックス「『ジャスティス・ナイト』かぁ…。なんとなく力のある言葉だよな」
トラ「人の数だけ『ジャスティス』はあるも」
ハナJK「意味はよく分からないのですも。とにかくすごく強いということですも」
レックス・ハナJDレックス「『ジャッジメント・デイ』!…なんだか物々しいなぁ…」
ハナJD「実は言葉の意味はよくわかってないですも。かっこいいからつけられたらしいですも」
レックス・スザクレックス「ヴァンダムさんのこといつでも思い出せる…スザクに出会えてよかったよ!」スザクがレックスと同調している場合のみ発生
スザク「レックス…お前の想いに俺も応えてやらないとなぁ…」
レックス・カグツチレックス「う~ん、効率悪かったかなぁ…。ああ!問題山積みだぁ!」
カグツチ「これも私の日記に記録しておくわ。きっと、良い思い出に変わる日が来るはず」
レックス・カグツチ・メレフレックス「帝国最強のブレイドの呼び名…、伊達じゃあないねっ!」
カグツチ「これも、メレフ様のお力添えがあってこそ」
メレフ「何を言うか。カグツチ無くしては、私も特別執権官を名乗ることはできんよ」
レックス・サイカレックス「さーて!どんな結果だって、落ち込んでいられないよな!」
サイカ「ふふっ、もしかしたら、ウチら似た者同士かもな!」
レックス・ニア(ブレイド)レックス「」
ニア(ブレイド)「」
レックス・ミクマリレックス「ミクマリは強いなぁ…。君がいたら百人力だよ!」
ミクマリ「ありがとう!…でも、もっと強くならなくちゃ!私には守るものがたくさんあるんだから!」
レックス・シキレックス「ふぅ、いっちょ上がりっと!」
シキ「さっきの技って、もしかして、サルベージ技術の応用!?ねぇ、ちょっと詳しく聞かせて!」
レックス・ホタルレックス「いつもケガを治してくれてありがとう!助かるよ!」
ホタル「そう言ってもらえるとうれしいよ!…全く、レックスは騙されやすい性格してるね」
レックス・サタヒコレックス「こうして戦う日が来るなんてね…不思議なもんだよ」
サタヒコ「『不思議』?そうじゃない。これは『運命』。そういうことにしとこうぜ」
レックス・ハナバスターレックス「いやぁ、凄い、凄いよ!ハナバスターは無敵だね。」
ハナバスター『遠隔操作しているハナのことも褒めて欲しいですも…』
レックス・シュルクレックス「シュルクの武器って、なんだか不思議な感じがするよなぁ」
シュルク「『神剣』って呼ばれてるからね」
レックス「ぅええっ!?…オレたちがそんなのを使っちゃっていいのかな…」
レックス・フィオルンレックス「フィオルンは頼りになるなぁ」
フィオルン「レックス?女の子に『頼りになる』とか言っちゃダメ!」
レックス・エルマレックス「そろそろ休憩しようか?」この掛け合いの詳細は前作をプレイ
エルマ「私の体は、すぐに疲れたりしないように出来ているのよ」
レックス・セイリュウレックス「我ながら最高の踏み込み!なぁ?じっちゃん!」
セイリュウ「レックス、慢心はいかんぞ、慢心は…」
ニア・レックスニア「なあレックス。今の……痛かったろ!?へ、平気…?」
レックス「ぜーんぜん!あんなのケガの内に入らないって!…ぁいてててっ」
ニア・メレフニア「ケガは大丈夫、メレフ?」
メレフ「全く問題ない。…肌の手入れは必須だが」
ニア・ジーク・メレフニア「うん、やっぱメレフは頼りになるね~!」
ジーク「ぁいやいや、ワイかて大活躍だったやろ!」
メレフ「…大活躍は認めるが、貴公は黙って戦うことを覚えてはどうだ」
ニア(ブレイド)・トラニア「」
トラ「」
ニア(ブレイド)・トラ・レックスニア「はいはい、みんなお疲れちゃん」
トラ「ニアの再生の力はすごいも!いつかハナの能力にも取り入れたいも」
レックス「トラならいつかできるさ!でも、ニアの性格までは再現しないようにな…」
ニア・ヒカリニア「ヒカリはちょっと、やりすぎな気もするよね…」
ヒカリ「そ、そーお?あっははは……それすごくトラウマなんだけど…」
ニア・ビャッコニア「はぁ~、疲れた~。背中で休んでいい?ビャッコ…」
ビャッコ「勿論です、お嬢様。私の背中は、そのためにあるのですから」
ニア・ハナJSニア「ハナの体ってどうなってんの?」
ハナJS「『トップシークレット』ですも。情報提供には、ゴールドが必要ですも」
ニア・ハナJK・トラニア「今のトラの戦いっぷり、何点くらい?」
ハナJK「かわいい感じが足りないですも。5点!」
トラ「JKモードの設定、厳しすぎだも…」
ニア・スザクニア「スザク。アンタの体って、なんだか色っぽいよね」
スザク「分かる奴には分かる。お前、なかなか見どころあるぞ」
ニア・サイカニア「サイカ、亀ちゃんにツッコミ続けるの大変だろ?」
サイカ「わかってくれるんはニアだけや~…」
ニア・イダテンニア「こいつらは食べちゃダメだよ?」
イダテン「え~ダメなのっポッ?でも~、味見くらいさせてほしいっポッ!」
ニア・トキハニア「さっすがトキハ!凄い武器捌きだったよ!」
トキハ「ありがとうございます、ニア。しかし、私はまだまだです。もっと精進しなければ」
ニア・ムスビニア「ムスビ、戦いの最中に余所見してたら危ないよ」
ムスビ「そうなんですけど~、景色がとってもきれいだったので…」
ニア・ハナバスターニア「は~…で、操縦してるのはハナなんだよな?」
ハナバスター『ご主人のお世話とハナバスターの操作でヘトヘトですも…』
ニア・フィオルンニア「フィオルンの身のこなし、只者じゃないね!」
フィオルン「これがお料理に活かせれば最高なんだけどね…、はぁ…」
ニア・ヒバナニア「花火って綺麗だけど、音が大きいのが苦手なんだよね…」
ヒバナ「分かりました!ニアさんのために、無音の花火を開発してみせます!」
ニア・エルマニア「アタシ一人でも大丈夫だったんじゃない?」ニアの台詞は汎用台詞からの流用
エルマ「頼もしいわね。でも、頑張りすぎは禁物よ?」
トラ・レックストラ「アニキ!今度また、ハナの修理を手伝ってほしいんだも!」
レックス「オッケー!ハナの技術は、サルベージにも応用できそうだしなー」
トラ・ニアトラ「トラ、大活躍だったも!」
ニア「確かに…すご~くいい的になってたね~…」
トラ・ニア・レックストラ「トラのすぐ後ろで武器を振るなんてひどいも!当たったらどうするも~!?」
ニア「結果オーライだったからいいじゃん。それに、トラは小っさいから絶対当たらないって!」
レックス「あんまり人の事言えないんじゃないかな…ははは…」
トラ・メレフトラ「トラもメレフみたく強くなれるも?」
メレフ「強さとは人それぞれ…トラ、君なりの強さを手に入れないとな」
トラ・メレフ・ホムラトラ「」
メレフ「」
ホムラ「」
トラ・ジーク・ニアトラ「勝利の決め手は、トラの科学力だも!」
ジーク「ちゃうわ!ワイが覇王の心眼を解き放ったからや」
ニア「はあ…戦うより疲れる…」
トラ・ホムラトラ「戦ったら体が熱々になったも!ホムラちゃんの料理で、一休みしたいも!」
ホムラ「ごめんなさい…私のお料理だと…もっと熱々になっちゃうかも…」
トラ・ヒカリトラ「ヒカリちゃん、なんでアニキにだけちょっとコワイも?」
ヒカリ「ふ~ん、アンタもビリビリされたいってわけ…?」
トラ・ビャッコトラ「ビャッコはいっつも冷静でスッゴイも!ソンケイも!ッートラも、トラも見習うも!」
ビャッコ「まずは少し落ち着かれるのがよいかと…」
トラ・スザクトラ「トラ頑張ったからお腹ペコペコも!焼き鳥食べたい気分だも!」
スザク「こいつめ、今度言ったらお前を食ってやるっ!」
トラ・ハナJSトラ「トラ、ハナのいいドライバーも?」
ハナJS「ハナのドライバーはご主人だけですも。ハナはそう思いますも」
トラ・ハナJS・ヒカリトラ「ハナッ、ヘーキも!?ケガ無いも!?」
ハナJS「これくらい平気ですも。…ご主人こそ、大丈夫ですも?」
ヒカリ「アンタたち、何だかんだで仲良しさんだよねぇ」
トラ・ハナJKトラ「今の戦いすっごかったも!キクの心と力を感じたも!」
ハナJK「姉様の思い、ハナのここに、大事にしまってありますも」
トラ・ハナJDトラ「ハナすっごく頼もしいも。見違えたも!」
ハナJD「ご主人がハナを大切にしてくれるからですも」
トラ・サイカトラ「サイカはいっつもジークと一緒で疲れないも?」
サイカ「それ、逆にハナに聞きたいわ」
トラ・ヴァサラトラ「あ、あの~ヴァサラさん。ちょ、調子はいかがでしたも?」
ヴァサラ「いつもと変わらん」
トラ・イダテントラ「」
イダテン「」
トラ・クビラトラ「もふぁ~!みんな、お疲れさまなんだも!」
クビラ「フッ。…毛むくじゃらも少しは役に立つと見える…。どうだ?余の臣下にならんか…?」
トラ・ライコトラ「」
ライコ「」
トラ・T-elos Re:トラ「T-elos Re:~、さっきの戦いで汚れたみたいだも。キレイキレイするも~」
T-elos Re:「チッ、懐くんじゃないよ」
トラ・ハナバスタートラ「センゾーじいちゃんはやっぱりスゴイも!天才だも!」
ハナバスター『ご主人も早くセンゾー博士の頭脳に追いつくですも~!』
トラ・カムヤトラ「カムヤのカッコイイ刀、どうしてアニキ達に使わせてあげないも?」
カムヤ「このフツの刀は…、接着剤でくっついているから、俺から一生離れないんだ!」
トラ「ももっ!?お気の毒も…」
トラ・ヒバナトラ「ヒバナちゃんの爆発はスゴイも!」
ヒバナ「分かりますか~トラさん!爆発は芸術なんですよ!」
トラ・エルマトラ「トラ、大活躍だったも!」エルマのチームのノポンの勇士はチャレンジバトルで見ることができる
エルマ「ええ。私のチームのノポンにも見習ってほしいものだわ」
ヴァンダム・レックスヴァンダム「レックス、今のお前には瞬発力が足りてない。ほら、スクワット3000回」
レックス「ちょっ、多くね?」
ヴァンダム・ニアヴァンダム「戦いに勝ったんだ。ニア。男ならもっとしゃきっとせんかい!」
ニア「いや、女だし!」
ヴァンダム・トラヴァンダム「トラ、お前さんの勇気、ドライバーとして不足はない。自身を持てよ」
トラ「もも~、涙で、前が見えないも~…」
ヴァンダム・ホムラヴァンダム「可憐な姿だが、その腕前は紛れもない。流石だな、ホムラ」
ホムラ「そ、そんな風に言われると…私、困ってしまいます…」
ヴァンダム・ビャッコヴァンダム「」
ビャッコ「」
ヴァンダム・ビャッコ・スザクヴァンダム「鳥ブレイドのお供に、犬ブレイドのお供…おっ?この組み合わせは…!」
ビャッコ「お言葉ですが、私は犬ではございません」
スザク「俺も団子を貰った記憶はねぇよ?」
ヴァンダム・ハナJSヴァンダム「人工ブレイドといっても人と変わりないな…死んだ息子を思い出すよ」
ハナJS「ハナは女性型ブレイドですも。でも、たまにはそう思って良いですも」
ヴァンダム・スザクヴァンダム「今日も良い風を吹かせたな。…これからも頼むぞ、相棒」
スザク「分かってる。お前がいてこその俺だ、そうだろ?相棒!」
メレフ・トラ・ジークメレフ「何とか勝てたな」
トラ「も!主にトラのおかげだも!」
ジーク「何ぬかしてんねん、主にワイのおかげやって」
メレフ・ジーク・レックスメレフ「想定内の結果だな」
ジーク「フッ、ワイが覇王の心眼の封印を解いていたら、もうちょっと早く終わってたやろな」
レックス「頼むから、それピンチの時にちゃんと使ってくれよ…!」
メレフ・ホムラ・カグツチメレフ「レックスはたまに脇が甘くなる。…ホムラ、しっかりと見守ってやってくれ」
ホムラ「はい。もちろんです!」
カグツチ「メレフ様?随分とあの少年に思い入れがあるようですね」
メレフ・ヒカリメレフ「フム…どうにも埃っぽいな…。ヒカリ、確かお勧めの温泉があったと言ったな」
ヒカリ「500年前にお気に入りだったとこがあるんだけど…今もあるのかな…」
メレフ・カグツチメレフ「立場が異なれど目的は同じ…。悪くないな、仲間というものは…」
カグツチ「同感です。この思い出は日記にも書ききれません…!」
メレフ・ニア(ブレイド)メレフ「ニア、その格好も好きだぞ、ありのままの自分を出しているのが素晴らしい」
ニア(ブレイド)「あ、ありがと…なんかメレフに言われると照れちゃうな」
メレフ・ヨシツネメレフ「まさか君と同じ戦場で戦うことになるとはな…おっと、過去の記憶が無いんだったな」
ヨシツネ「過去のことは分かりませんが、貴女への頼もしさは、今間違いなく感じていますよ」
メレフ・ハナバスターメレフ「ハナバスターか…帝国の技術士官でもここまでのモノは造れまい…」
ハナバスター『えっへんですも!』
メレフ・カムヤメレフ「カムヤの太刀裁き、見事だな」メレフがカムヤとの接触を透かさず避けるこの掛け合いは、スペルビアでのキズナトークを髣髴とさせる
カムヤ「ありがとう。今度メレフに手取り足取り教えてやるよ」
メレフ「いや、それは遠慮しよう。『見て』学ぶよ」
メレフ・エルマメレフ「想定内の結果だな」
エルマ「ええ、いい動きだったわ。これからもその調子でね、メレフ」
ジーク・レックス・サイカジーク「ちょちょ、ストーップ!コンタクト落としてもうたわ」
レックス「さっきも落としてたけど、そんなに何度も落とすようなものかなぁ…?」
サイカ「王子の運の悪さ舐めたらアカンで!換えのコンタクト代のせいで、ウチら万年貧乏なんやからな!」
ジーク・ニアジーク「ぐう…ヤツにやられた左胸の古傷、未だに疼くぅ!」
ニア「前右胸押さえてたよね?設定甘すぎだから!」
ジーク・ニア(ブレイド)ジーク「ニア、その姿も結構ええで、ニアらしいで」
ニア(ブレイド)「はいはい、亀ちゃんどうもありがとね…って、ニアらしいってどういう意味で言ってるの?!」
ジーク・ニア・レックスジーク「ーハッハッハッハ!この雷轟のジークが本気を出すまでもなかったわ~!」
ニア「いやいや、かなり必死だったって!アタシのサポートなかったらヤバかったでしょ!」
レックス「ニアのツッコミのキレ、ジークのアーツ以上だよ!」
ジーク・トラジーク「しっかしあれやなぁ。ノポンっちゅうのは何でも言葉の終わりに『も』をつけよるのぉ…」
トラ「もっ!そんなことないも!『も』なんて全然つけてないも!」
ジーク・メレフジーク「メレフ…『蒼炎剣 不知火』を教えてくれへん?ありゃあ、相当格好ええでぇ…!」
メレフ「格好いい…?…成程。そういった意図で技を使う者もいるのだな…」
ジーク・ビャッコジーク「ビャッコ、まあまあの活躍やったで」
ビャッコ「有り難うございます。ジーク様もぼちぼちでございましたよ」
ジーク・ハナJKジーク「」
ハナJK「ハナはハナですも」
ジーク・スザクジーク「スザク、自分ちいーっと派手過ぎや。ワイみたくこう、ダークでクールでないと…」
スザク「よかろう、極・玄武!覇王の心眼の神髄!いずれご教授願おうか…」
ジーク・カグツチジーク「帝国最強のブレイドか…。ええなぁ、悪ぅない!」
カグツチ「貴方にとって最強のブレイドはサイカでしょう?しっかり見てあげなさい?」
ジーク・サイカ①ジーク「しっかし、いつの間にやら、大所帯にも慣れたもんやなぁ」
サイカ「せやね、二人旅もええけど、こういうのもええよね、王子」
ジーク・サイカ②ジーク「サイカ…ケガないな?」他のメインキャラは台詞を喋る順番が逆になるが、このペアの場合どちらもジークから喋る
サイカ「王子…なんや気色悪いな…でも…ありがとう…」
ジーク・ヴァサラジーク「ヴァサラ…今度、『ウルトラアルティメットライトニングスラッシュブレイブクロス』を伝授したろか?」
ヴァサラ「要らん」
ジーク・アザミジーク「アザミはん、その目、ほんま格好ええなあ」
アザミ「ありがと。あまり褒められた事が無いから、嬉しいわ」
ジーク・ナナコオリジーク「ハーハッハ!この雷轟のジークに出会ったのが、運の尽きやったなぁ!」
ナナコオリ「わ…私の運も、尽きちゃってるんでしょうか…?」
ジーク・カサネジーク「カサネにはなんや親近感がわくなぁ…」
カサネ「えっ!?そうですか?私はあまり、別にぃ、運は悪くないですし…」
ジーク・ミクマリジーク「ミクマリ!眼帯を外してくれへん!?キャラがカブっとるやないか!」
ミクマリ「私は事情があってつけてんの!ジークと違ってねっ!」
ジーク・ライコジーク「ライコ、いいビリビリやったでぇ」
ライコ「ありがとうございます!次もビリビリがんばります!」
ジーク・テンイジーク「ワイが思うに、テンイはひいひいひいひいひい爺さんのブレイドやったんちゃうかなぁ?相当の荒くれ者やったらしいからな」
テンイ「不明…しかし、今回は封印されないよう注意したいと思う」
ジーク・ハナバスタージーク「しっかしあれやなぁ。トラの爺さんもけったいなモン作りおんなぁ…」
ハナバスター『完全に自立するまでは、まだまだ時間がかかりますも…』
ジーク・シュルクシュルク「なぁシュルク、質問があんねん。そっちの世界には、ワイのようにカッコええヤツはおるんか?」
シュルク「い、いやぁ。ジークみたいな個性的な人は見たことがないよ」
ジーク「ッハッハッハッハ!『雷轟のジーク』は唯一無二ってことやな!」
ジーク・エルマ①ジーク「ちょちょ、ストーップ!コンタクト落としてもうたわ」
エルマ「いい眼鏡屋を紹介するわ。NLAに戻ったら、ね」
ジーク・エルマ②ジーク「ワイの快進撃はとまらへんで?そう、これも覇王の心眼を身に宿しものの定め」流用とはいえ、専用掛け合いが2種類ある優遇っぷり。しかしこのスラング、NLAのあの人物には該当しないのだろうか…
エルマ「そういうの、古い地球のスラングでなんていったかしら?…『チュウニ』?」
ジーク・セイリュウジーク「セイリュウの爺さん、大分揺れとったけど大丈夫やったか?」
セイリュウ「もちろんじゃ。ヘルメットの中も大分慣れたわい。…うっぷ…ぐ…」
メツ・レックスメツ「これで仕舞いだ、さっさと行くぞ」
レックス「あ、あぁ…。気に入らないけど、腕は確かだ」
メツ・ニアメツ「たらたらしてんじゃねぇぞ」
ニア「何だよっ、大人ぶって!」
ホムラ・レックスホムラ「今のはとても上手にできてましたね、レックス!」
レックス「そ、そうかい?よーし、次も頑張っちゃうぞ~!」
ホムラ・ニアホムラ「ニア。いつもレックスのフォロー、ありがとうございます」
ニア「べ、別にそんなつもりじゃないって!」
ホムラ・ニア・セイリュウホムラ「セイリュウさん!おケガはありませんか?」
ニア「これでも巨神獣なんだから、ほっときゃ治るんじゃない?」
セイリュウ「ニア~!お主には年寄りをいたわる気持ちというものが足りておらん!」
ホムラ・ジーク・サイカホムラ「今回も、ジークさんとサイカのコンビネーションは冴えてましたね!」
ジーク「ハッ、当然や。伊達に100万年は連れ添ってないからなぁ」
サイカ「まだ10年ちょっとやろ!!」
ホムラ・ユウオウホムラ「ユウオウさん、いつも頼りにしています」
ユウオウ「フォローは私に任せてくれ。その代わり、ホムラはいつでも全力で行くんだ」
ホムラ・ミクマリホムラ「ミクマリさんとセオリさん、きっといい姉妹なんでしょうね」
ミクマリ「かわいい妹がいるから、私は頑張れるんだ!守るものがあるって熱いことだよ!」
ホムラ・ヒバナホムラ「ヒバナちゃん!大丈夫?ケガはない?」
ヒバナ「ホムラ先輩…ケガがあったとしても、今の言葉で吹き飛びましたよー!!」
ヒカリ・レックスヒカリ「私のことジロジロ見すぎじゃない?」
レックス「み、見てない!見てないよ~!…前にいたらどうしたって目に入っちゃうよ…」
ヒカリ・レックス・KOS-MOS Re:ヒカリ「おっかしいなぁ…もう少しいい結果を出せると思ったんだけど…」
レックス「500年も眠ってたんだから、まだ体が慣れてないんじゃない?」
KOS-MOS Re:「ヒカリ?トレーニングによる予測技術向上を提案します」
ヒカリ・レックス・ニアヒカリ「思ったより早く終わったわね。因果律予測以上の結果だわ!」
レックス「そういうことだってあるさ!俺たち次第で未来は変えられる。だろ?」
ニア「うん…そう…そうだよね!レックス、良いこと言うじゃん!」
ヒカリ・メレフ・サイカヒカリ「ちょっと!ポーチが曲がってる!…ほんとレックスってだらしない…」だらしない男二人に関する会話
メレフ「そう言うな。何なら私が帝国流のマナーを仕込んでやろうか?」
サイカ「それ、王子に頼んますわ!こないだなんてズボン履き忘れてんで!?」
ヒカリ・ジークヒカリ「…何よ?アンタは私じゃなくてサイカのこと見てなさいよっ!」
ジーク「ちゃうねん、天の聖杯の力が正しく使われてるか監視しとったんや、ほんまやで?」
ヒカリ・ハナJDヒカリ「ハナって、姿がいろいろ変わるようになったけど、中身はあんまり変わらないのね」
ハナJD「それは間違いですも!難しい言葉をたくさん覚えてますも!」
ヒカリ・ザクロヒカリ「あなたとは気が合うわね、ザクロ」
ザクロ「アタシもそう思う!…だけど、この前立て替えたパフェの代金とは話が別だからね…!」
ヒカリ・シュルクヒカリ「…シュルク!?その剣…」
シュルク「ああ、これは…」
ヒカリ「ううん、今はやめとく。いつかゆっくり、話を聞かせて」
ヒカリ・カムヤヒカリ「カムヤの背中の刀、強烈ね」
カムヤ「まあね、だからおいそれとは使えないんだ…天の聖杯の力程じゃないけどなー」
ヒカリカッ!」
ヒカリ・エルマヒカリ「思ったより早く終わったわね。因果律予測以上の結果だわ!」
エルマ「嘘。『本当は怖かった』…そんな顔してるわよ?ふふふ」
ビャッコ・ニアビャッコ「お嬢様!もっと守りに集中してください!」
ニア「大丈夫大丈夫!『攻撃は最大の防御』って言うじゃん?」
ビャッコ・ホムラ・ニアビャッコ「お嬢様もホムラ様を見習って、おしとやかにしていただけると…」
ホムラ「ビャッコさん?私も、剣を振り回してますけど…」
ニア「そうそう!アタシたちは『戦うお嬢様』なのさっ!」
ビャッコ・メレフビャッコ「メレフ様、先ほどから貴女様の視線を感じるのですが…何か?」
メレフ「い、いや、実に美しい毛並だと思ってな…もふもふ…」
ビャッコ・覚醒ホムラビャッコ「そのお姿…お体にご負担なのではありませんか?」
覚醒ホムラ「ビャッコ…心配してくれてありがとう…大丈夫、絶好調よ」
ハナJS・覚醒ホムラハナJS「ハナも翼が欲しいも。ハナウイングも」
覚醒ホムラ「そうなったらお揃いね、ハナちゃん」
ハナJS・セオリハナJS「もふぅ〜!セオリの強さの秘訣って何ですも?」
セオリ「あの…その…お姉ちゃんに聞いてみる」
ハナJS・トキハハナJS「」
トキハ「」
ハナJS・イブキハナJS「」
イブキ「」
ハナJK・トラハナJK「ご主人、イケイケのアゲアゲですも!ちょ〜イイ感じだったですも!」
トラ「も!?ハナ、予想と違う成長したも!?」
ハナJD・トラハナJD「ご主人。攻撃の際は腰を落とし、丹田に気を集めるのですも」
トラ「も?トラの腰ってどこだも?」
ハナJD・メレフハナJD「メレフの麗しき振る舞い…憧れますも」
メレフ「帝国流の作法で良ければ、いつでも教えてやるぞ」
ハナJD・ジーク・サイカハナJD「ジークとサイカは、この旅を終えたらどうするんですも?」2人の会話は同時に喋らせたかったと思われるが、聞こえづらくなるためか、通常通りバラバラに喋る
ジーク「決まっとるやろ!サイカと修行の旅や!…あれ?」
サイカ「決まってるやん!王子と結婚の相談や!…あれ?」
スザク・レックススザク「ためらうな、レックス。連携は一呼吸で行くのがコツだ。分かったな?」スザクがレックスと同調している場合のみ発生
レックス「そういうとこ、まるでヴァンダムさんみたいだよね!」
スザク・ヴァンダムスザク「ヴァンダムよ。俺たちも新技ってのを、編み出してみないか?」
ヴァンダム「帰天風神斬、なんて、恥ずかしい名前の技は御免こうむるぞ」
カグツチ・メレフカグツチ「メレフ様のお命、私が必ずお護りいたします」
メレフ「頼りにしているよ。…帝国の威信にかけて、共に行こう、カグツチ」
カグツチ・ヤエギリカグツチ「ヤエギリ、あなたは相変わらず、力任せの強引な戦い方ね」
ヤエギリ「万が一負けることがあったら考え直すよ!アッハッハッハッ!」
カグツチ・ホタルカグツチ「」
ホタル「」
カグツチ「」
サイカ・ニア(ブレイド)サイカ「」
ニア(ブレイド)「」
サイカ・イダテンサイカ「イダテン~、なんやお腹空いてきたな~」サイカの好きなポーチアイテムネタ
イダテン「空いたっポッ!サイカとマヨヤキタコ食べるっポッ!」
サイカ・ヤエギリサイカ「ヤエギリ!もうちょい手加減してくれへん?帽子が飛びそうになったわ」
ヤエギリ「悪い…。でも、風の力はいつも三割しか出してないんだ」
ワダツミ・メレフワダツミ「私と君と、カグツチがいれば、帝国も安泰だね!」
メレフ「心強い限りだよ。…帝国だけでなく、世界の安泰を共に図ろうではないか!」
ワダツミ・ヒカリワダツミ「ヒカリも性質を湖のように心を落ち着けてはどうかな?」
ヒカリ「何それ!?私はいつだって冷静そのものなんだけど!?」
ワダツミ・カグツチワダツミ「記録によれば、君と私が共に戦ったのは随分と昔の話なんだね」どちらか一方を
レックスとエンゲージさせる必要あり
カグツチ「今回の旅は前のよりも責任重大よ。アルストの命運が掛かっている…。スペルビアの威信、見せてあげましょう」
グレン・レックスグレン「レックス!ちょっと熱くなりすぎじゃねえかぁ!?戦いには、冷静さも必要なんだぜぇ!」
レックス「忠告ありがとう!俺なりの冷静さでやってやるよ!」
グレン・ニアグレン「うおぉぉぉぉ!正義は必ず勝つ!」
ニア「クサいけど、あんたが言うとサマになるねぇ~」
グレン・ワダツミグレン「俺の力とワダツミの技!向かうとこ敵無しだな!これからも頼むぜ相棒!」
ワダツミ「相棒か、悪くない響きだね。こちらこそ宜しく、相棒!」
グレン・メイグレン「ようし!勝利の雄たけび、熱く燃えるように頼むぜメイ!」
メイ「うぉぉー、ってやるわけないでしょ。…ったく暑苦しんだよ、バカグレン」
グレン・ユウオウグレン「ユウオウの指示はいつも的確で、頼りになるぜー!」
ユウオウ「君の勇気を信頼してこそできる作戦だ。こちらこそ礼をいう」
グレン・ミクマリグレン「俺たちのスローガン、それはぁーーっ!!」
ミクマリ「熱血,友情,努力,根性、そして正義よぉ!!」
グレン・セオリグレン「セオリ!次の戦いも熱くいこうぜぇ?」
セオリ「私はできるだけ、クールに戦いたいと思ってるんだけど…」
グレン・トキハグレン「」
トキハ「」
グレン・ナナコオリグレン「もっと熱くいこうぜぇ、ナナコオリ?こう、『ウゥゥゥォォー!』って感じでさぁ!」
ナナコオリ「そんなに熱くなったら~、と、解けちゃいますぅ~!」
グレン・ムスビグレン「ムスビ。戦いの最中に俺を見てたけど、なんかおかしかったかぁ?」
ムスビ「おかしくないですよ。ただ、グレンさんの攻撃を受けた敵がかわいそうだなぁ…っと」
グレン・シキグレン「見たか!俺達の正義の力を!」
シキ「グレン、正義っていったいなんだろうね?」
グレン「おっ、おう。…細かいことは気にするな!それは問題じゃねえ!」
ヂカラオ・レックスヂカラオ「オレとレックスは…友達…?」
レックス「ああそうさ!俺たちは強いキズナで結ばれた、友達だ!」
ヂカラオ・ヴァサラヂカラオ「己に勝ってこその勝利だ」
ヴァサラ「フッ…お前とは、いい酒が飲めそうだ…」
ヂカラオ・クビラヂカラオ「クビラ、なまけてるのはよくない」
クビラ「余は貴様らに、活躍の機会を与えてやったのだ。…感謝せよ」
ヂカラオ・リンネヂカラオ「リンネ、この戦いが終わったら、ハーレムに入ってやっても、いいぞ」
リンネ「まてまて、ヂカラオのことは誘っとらんじゃろ。お主は精々ボディガードじゃ」
ヴァサラ・メレフヴァサラ「メレフ。良い太刀筋だ」
メレフ「私もまだまだ若輩の身。ヴァサラ殿の剣に学ぶことは大きいです」
ヴァサラ・ビャッコヴァサラ「軟い相手だ…」
ビャッコ「貴方の刀が鋭すぎるのです、ヴァサラさん」
ヴァサラ・ワダツミヴァサラ「我が戦うまでもない雑魚だったな。」
ワダツミ「言ってくれれば、次は私が斬ろう。」
ヴァサラ・グレンヴァサラ「愛刀が泣いておる……我の未熟さ故、か」
グレン「その腕で未熟って…、兄貴はやっぱすげぇや!」
ヴァサラ・ナナコオリヴァサラ「どうした、この旗が珍しいか…?」
ナナコオリ「あ、あの…模様がとてもキレイだな…と、思って」
ヴァサラ・シキヴァサラ「シキよ。腹は空かんのか?」
シキ「減るにきまってるだろ!…あれ?でも、食べた物ってどこへ行くんだろう?このおなか、興味深いよ!」
ヴァサラ・ツキヴァサラ「悪はすべて成敗した…これにて、一件落着!」
ツキ「うん…ヴァサラの生き方もある意味、美しい…」
メイ・アザミメイ「いい戦いだった。……アザミ。あんたとはやりやすくていいね」
アザミ「私もメイとは相性がいいと思うわ。次もよろしくね?」
メイ・ヤエギリメイ「雑魚だったね」
ヤエギリ「アタシたちの向かうところに敵なしだな!アッハッハッハッハッ!」
メノウ・グレンメノウ「グレン、熱い戦いだったわね!」
グレン「ああ!俺たちの正義を熱く示すことができたよな!」
メノウ・メイメノウ「メイ、それなりに力をコントロールして戦えてたわね。いい調子よ。」
メイ「はいはい、どうも。」
メノウ・イダテンメノウ「」
イダテン「」
メノウ・カサネメノウ「この戦い、カサネと上手く連携できたのがよかったわ。」
カサネ「この前、冒険小説を一緒に読んだ甲斐がありましたね!」
メノウ・ウカメノウ「戦闘終了ね。カクタン、スケタンもお疲れ様」
ウカ「メノウさん、どっちがカクタンで、どっちがスケタンかわかります?」
メノウ「えーっと……右がカクタンで、左が、スケタン…?」
ユウオウ・クビラユウオウ「クビラ、もう少し周囲と連携を取ってくれ。私達一人ひとりが協力して、チームになるんだ
クビラ「うむ……善処しよう…」
ユウオウ「くっ…奴には反論しづらい。何故だ…!?」
ユウオウ・ミクマリユウオウ「ミクマリ、素晴らしい活躍だったな」ミクマリの好きなポーチアイテムネタ
ミクマリ「ありがとう!ご褒美にスノウレアチーズケーキ作ってくれてもいいんだよ?」
ユウオウ・トキハユウオウ「トキハ、あまり気負いすぎるなよ?ブレイド一人で全てを支えるのは難しいんだ」
トキハ「ユウオウは真面目ですね。分かりました、辛くなったときはみんなを頼ります」
ユウオウ・ザクロユウオウ「」
ザクロ「」
ユウオウ・ライコユウオウ「ライコ、よく頑張ってくれた。ご褒美に何かスイーツを作ってやろう。」
ライコ「いいんですか⁉100人分くらいのおっきなパンケーキをみんなで食べたいです!」
ユウオウ「くっ、それは…くっ…まさかフライパンから造らなければならないのか…⁉」
ユウオウ・イブキユウオウ「」
イブキ「」
ユウオウ「」
イダテン・レックスイダテン「お腹減ったんだポッ~、早くホムラの手料理が食べたいっポッ」
レックス「ああオレも!…って、さっきご飯食べたばっかじゃなかったっけ!?」
イダテン・ヂカラオイダテン「もし何でも好きなだけ食べられるとしたら、ヂカラオが何がいいっポッ?」ヂカラオの好きなポーチアイテムネタかと思いきや、実は彼の好きなアイテムは一切含まれていない
ヂカラオ「アルマの肉倍乗せ煮込みルスカ麺特盛りプリリーフ!」
イダテン・ユウオウイダテン「」
ユウオウ「」
イダテン・セオリイダテン「」
セオリ「」
イダテン・ウカイダテン「」
ウカ「」
イダテン・ムスビイダテン「」
ムスビ「」
イダテン・ライコイダテン「」
ライコ「」
イダテン・テンイイダテン「テンイ!イダテンと大食い競争するっポッ~!どれだけ食べるか興味があるっポッ!」
テンイ「…私はパン1つで十分だ」
イダテン「ポポポ~!?燃費良すぎるっポッ~!」
クビラ・メレフクビラ「どうにも足らん。…退屈な戦だったな…」
メレフ「その強さは認める。だが、力に溺れるものはその身を滅ぼす。それを忘れるな」
クビラ・ジーククビラ「ルクスリアの王子よ。良い働きであった。…次も頼むぞー」
ジーク「なんてやっちゃ…そんなぞんざいな言い方、親父にもされたことないで~?」
クビラ・ニューツクビラ「」
ニューツ「」
クビラ・ライコクビラ「ライコよ、飲み物を取ってくるがいい」
ライコ「はい、分かりました…って私は召使いじゃないですよぉ!」
クビラ・テンイクビラ「テンイよ…その力、余に託しはしまいか…?」
テンイ「…」
クビラ「なっ!?余の誘いを無視するだと…。底知れぬ女よ…」
カサネ・レックスカサネ「無事に勝つことができてよかったです!戦う前、すごく嫌な予感がしてたんですけどね…」
レックス「予感なんて気にせず行こう!…頑張れば、結果がついてくるってもんだよ!」
カサネ・ホムラカサネ「また失敗しちゃったなぁ…。でも、こんなところで落ち込んでられない!」
ホムラ「くじけずに前に進めば、きっと向こうから幸運がやってくるはずです」
カサネ・メイカサネ「メイちゃん、ケガはなかったですか?メチャクチャな戦い方だったけど…」
メイ「アタシの戦い方に口出しすんな!…けど、心配かけてゴメン…
カサネ・ザクロカサネ「」
ザクロ「」
カサネ・ウカカサネ「ウカさんのカクタンスケタンって、かわいいですよね~!撫でてもいいですか?」
ウカ「いいですよ!…カクタン、スケタン?そんなに警戒して、どうしたの?」
カサネ・イブキカサネ「」
イブキ「」
カサネ・KOS-MOS Re:カサネ「」
KOS-MOS Re:「」
ミクマリ・ニアミクマリ「たゆまぬ努力、素晴らしい仲間!私たちの勝利は約束されていたんだね!」
ニア「恥ずかしげもなく、そういうこと言えるところが、素晴らしいよね…」
ミクマリ・ビャッコミクマリ「ビャッコ!次は私を背中に乗せて戦ってみない?」
ビャッコ「ランスが、私の背中に刺さる予感がします…」
ミクマリ・セオリミクマリ「セオリ!ケガはない?大丈夫だった?」
セオリ「うん、平気。お姉ちゃんは?」
ミクマリ「お姉ちゃんはピンピンしてるよ!」
セオリ・ニアセオリ「さっきの戦い。戦術的ミスが18箇所あった」
ニア「まあまあセオリ、気楽に行こう。数えてるのはスゴイけど…」
セオリ・ヒカリセオリ「ヒカリの戦い方って、自由気ままだね」
ヒカリ「ちゃんと計算して戦ってるんだけど…。派手すぎるのが、いけないのかしら…」
セオリ・カサネセオリ「」
カサネ「」
セオリ・ミクマリセオリ「お姉ちゃん…怪我はないみたいね」
ミクマリ「セオリこそ大丈夫?って、私より強い子だもんね!」
セオリ・リンネセオリ「」
リンネ「」
セオリ・ムスビセオリ「ムスビ。戦いはもっと緊張感を持って臨んだ方が良いよ」
ムスビ「ご、ごめんなさい。私、あんまり人を傷つけちゃいけない、って思って…」
セオリ・ヤエギリセオリ「ヤエギリの戦い方って…ちょっと雑」
ヤエギリ「え~!?そんなことないよ~!相手に付け入る隙を与えないって言ってよ!」
セオリ・イブキセオリ「イブキ。今度一緒に朝練しない?もっと強くなれるよ」
イブキ「ありがとうセロリ~、ちょっとは頑張ってみようかなぁ~!」
セオリ「セオリなんだけどな…」
トキハ・メレフトキハ「メレフと共に戦えること、騎士として誇りに思います」
メレフ「そう畏まらないでくれ。我々は同じ立場ではないか」
トキハ・ミクマリトキハ「ミクマリ…先ほどの戦いでの動き、もっと力強さを意識したほうがよいのでは?」
ミクマリ「う~ん…わかってるけど…でもそれはトキハがお願い!私は速度重視でいくわ!」
トキハ・ニューツトキハ「」
ニューツ「」
トキハ・イブキトキハ「イブキ。私の名前、そろそろ覚えてくれましたか?」
イブキ「もちろんだよトキワ〜、トキワの戦い方はかっこいいね〜。トキワはすご〜い」
トキハ「くっ…好きにしろ!」
ザクロ・レックスザクロ「うーん…ちょっとこの服、サイズきつくなってきたかなぁ?レックスはどう思う?」
レックス「あっ!?ええっと…。そ、そう言われてみたら確かにそうかも…」
ザクロ・ニアザクロ「早く宿屋に泊まって、ニアとたくさんしゃべりた~い!」
ニア「頼むから、朝日を浴びる前には寝かせてぇ…」
ザクロ・メレフザクロ「ね~メレフ?もっとメレフの話聞かせてよ!小さい頃の事とか、グーラで過ごした時の事とか、男風呂に入った時の事とか、前の皇帝が亡くなった時の事とか~、スイーツの事とか~!」
メレフ「落ち着ける時が来たらな。…堅苦しいことは抜きにして、心ゆくまで話をしよう」
ザクロ・メイザクロ「戦闘終了だね!そういえば、この前さぁ、メイの好きそうな可愛い色の織物見つけたんだけどー」
メイ「うっさい!別に好きじゃない!……そこまではね
ザクロ・ミクマリ・ニアザクロ「ねえねえミクマリ、さっきの戦闘はどう思う?アタシ的にはミクマリがビシッ、バシッってもっと全力を出せば、簡単に終わった思うんだけど。最近のミクマリは
ミクマリ「ぃちょっと!私にもしゃべらせてよ!私は地道な努力をしてるんだから!ザクロこそ、普段はのんきにしゃべってるだけで、戦いのことなんてこれっぽっちも
ニア「ザクロもミクマリも、おしゃべりし過ぎ!」
ザクロ・セオリザクロ「」
セオリ「」
ザクロ・トキハザクロ「ねえトキハ、今度スペルビアの温泉で一緒にお風呂入ろうよ!みんなと親睦深めないとね!ハダカの付き合いだよ~?」
トキハ「みんなとの連携が必要なのは承知してますが…風呂となると…どうしたものか…」
ザクロ・リンネザクロ「戦いの後って、お風呂に入りたくなるよねぇ~」
リンネ「何じゃあ?ワラワを見るでない。譲ってやらんぞ」
ザクロ「え~、じゃあ一緒に入るとかでいいからさ~」
ザクロ・ホタルザクロ「ふぃ~っ。戦いも終わったし、ガールズトークしようよ、ホタル」
ホタル「ヤダよぉ。ザクロの話は『スゴク長い、内容がない、オチもない』って感じだからね」
ザクロ「ぅへぇ…さっきの戦いよりもキツイ攻撃…」
ザクロ・KOS-MOS Re:ザクロ「コスモスの『頭からドカーッ』ってやつスゴイよね!どうやってるの?アタシにもできないかな?」
KOS-MOS Re:「訓練すれば可能です」
ザクロ「ぇマジで!?」
アザミ・レックスアザミ「私をもっと頼ってくれていいのよ?それとも、私じゃ力不足かしら?」
レックス「そ、そんなことないって…!いつも頼りにしているよ…
アザミ・メレフアザミ「私の千里邪眼は、何でも見通すのよ」
メレフ「君の前で隠し事は通用しないということだな。気を付けよう」
アザミ・ヴァサラアザミ「」
ヴァサラ「」
アザミ「」
アザミ・カサネアザミ「カサネ?貴女はいけ好かない子ね…少し似てる所がある上に、私よりも目立ってるじゃない?」
カサネ「えっ⁉…じゃあ今度は交替しますか?でも、私がエーテルキャノンを撃っても当たりそうに無いような…」
アザミ「…そうね。貴方不器用そうだものね。現状維持でいきましょう」
アザミ・トキハアザミ「トキハ?私は、貴女のような実直なブレイドは苦手よ」
トキハ「私もアザミのような存在は得意ではない。…が、ドライバーのため、力をあわせるべきではないか?」
アザミ「その点に関してだけは同意見ね。次も誠心誠意を尽くしましょう?」
アザミ・ザクロアザミ「ねえ~ザクロ?さっきの戦いで、私のドライバーに色目を使わなかったかしら…!」
ザクロ「いやいや全然!いつも通り!…まったくもう怖いな~アザミ姉さんは!」
アザミ・ムスビアザミ「ムスビ、今度私のために媚薬入りおむすびを作ってくれないかしら?」
ムスビ「そ、それは無理です~、でも、アザミさんが心を込めて手料理を作れば、きっと振り向いてもらえますよ~」
アザミ・ライコアザミ「ライコ、どうしたの?私をじっと見て…」
ライコ「わたしも大きくなったら、アザミさんみたいに綺麗になるのかな~、って」
アザミ「ライコはそのままでいなさい」
ナナコオリ・レックスナナコオリ「らーらららんらんらんらーん♪このメロディー、いかがでしょうか?」二人の口ずさむメロディはクエスト完了時のファンファーレ
レックス「とてもいいね!らーらららんらんらんらーん!」
ナナコオリ・ニアナナコオリ「ニアちゃん、すごい活躍だったね!…どうやったら、ニアちゃんみたいに強くなれるの?」
ニア「アタシは強くないよ。…ただもう、後悔したくないからね」
ナナコオリ・トラナナコオリ「わたし、皆さんの足を引っ張ってしまってるかも…」
トラ「そんなことないも。ナナコオリちゃんスゴイも。もっと自信をもっていいんだも」
ナナコオリ・メイナナコオリ「」
メイ「アタシは大丈夫…。アンタは?」
ナナコオリ「」
ナナコオリ・ザクロナナコオリ「わ、私もはっきりとものが言えるようになりたいな…ザクロちゃん、どうしたらいいかな?」
ザクロ「ん?アンタはそのままの方が男受け良さそうだから、変わらなくていいんじゃない?」
ナナコオリ・リンネナナコオリ「」
リンネ「」
ナナコオリ・ライコナナコオリ「ライコちゃん!一緒に歌おうよ!」掛け合いの仕様上、イジメのように聞こえてしまう…
ライコ「うん!せーのっ!」
ナナコオリ「らーらららんらんらんらーん」
ニューツ・レックスニューツ「ご苦労様でしたー!レックス殿、天の聖杯のドライバーとしてのお役目でお疲れでしょうから、肩、揉みましょうか?」
レックス「え、えっと…どっちの腕でやってくれるのかな…?」
ニューツ・トラニューツ「自分が思うに、今の戦いは最っ高に自分らしい戦い方でした…というか、これが本当の自分なので~!あります!」
トラ「ニューツのお話は『自分』が多いも!」
ニューツ・メレフニューツ「メレフ殿!その強さの秘訣を、自分にも伝授していただけないでしょうか?」
メレフ「秘訣も何もないよ。私は目的を成就するために生きている…それだけだ」
ニューツ・ユウオウニューツ「ユウオウ指揮官殿、次のご指示をください。」
ユウオウ「次の戦いに備えてくれ、ニューツ。…それと『指揮官殿』はやめてくれ。」
ニューツ・ヤエギリニューツ「ヤエギリも女の子なんだから、もっと肌の露出は少な目で、自分のようにびしっとした服を着るであります!」
ヤエギリ「このぐらいのほうが戦いやすいからいいんだよ。それより、肌の露出については、ニューツに言われたくないね」
ニューツ・KOS-MOS Re:ニューツ「KOS-MOS Re:殿は自分より細身なのに自分と同じくらいかそれ以上にパワーがありますなぁ…。…もしかして、大好物のカレーのおかげでありますかぁ~?」KOS-MOS Re:の好きなポーチアイテムネタ
KOS-MOS Re:「お答えしかねます」
ニューツ・ツキニューツ「」
ツキ「」
ニューツ「」
ウカ・メレフウカ「メレフさん。スペルビア帝国が巨神獣をいじめるの、やめさせてください!『因果応報』って言葉もありますし」
メレフ「肝に銘じておこう。……ただし君も、その言葉に足を取られないよう気を付けるべきだ」
ウカ・ビャッコウカ「ビャッコのワイルドロアって、かっこいいよね!がおー!って!」
ビャッコ「随分と可愛らしいワイルドロアです。敵もイチコロでしょうね」
ウカ・メイウカ「いつ見てもメイさんの戦い方には憧れますね!」
メイ「どうして?」
ウカ「ワイルドだからです!」
ウカ・ナナコオリウカ「ナナコオリさん、クマリンさんと仲良くなりたいのですが、どうすればいいですか?」
ナナコオリ「え~と…まずはいっしょに歌を歌ってみるといいかもしれないです。…ね?クマリン」
ウカ・ニューツウカ「カクタンスケタン、次の戦いでもそこの腕の大きな人に負けちゃダメだからね?」
ニューツ「ハッ!?何故か敵視されてるでありますか…?」
ウカ・イブキウカ「」
イブキ「」
ウカ・KOS-MOS Re:ウカ「」
KOS-MOS Re:「ウカ、お世辞に感謝します」
ウカ・テンイウカ「テンイさん、さっきの戦いなんですけど…」
テンイ「分かっている…。出来るだけ、破壊はしたくない…」
ウカ「ハイ、ありがとうございます!」
リンネ・ニアリンネ「さぁ、勝利を祝ってお茶会を始めようぞ!皆待望しとったじゃろう?」
ニア「誰も待ってねぇし!」
リンネ・ジークリンネ「ワラワは良い働きをしたであろう!褒美はルクスリアの宝でよいぞ?」
ジーク「やるかいな!どうせ碌な事に使わんやろ!」
リンネ・ヒカリリンネ「ヒカリをハーレムの一員にすること、ワラワは諦めんぞ…!」
ヒカリ「私を独り占めしようだなんて、思わない方がいいわよ?」
リンネ・ハナJDリンネ「敵が落とした金は即座に拾う…これが鉄則じゃ!」
ハナJD「リンネちゃん…しっかりしてますも…」
リンネ・カサネリンネ「」
カサネ「」
リンネ「」
リンネ・ライコリンネ「」
ライコ「」
リンネ・ヤエギリリンネ「ヤエギリよ、相変わらず見惚れる戦いじゃったな。ワラワは強い女も好みじゃぞ?」
ヤエギリ「アタシに勝てば『はーれむ』とやらに入ってあげるよ?」
リンネ・ホタルリンネ「」
ホタル「」
リンネ「」
リンネ・KOS-MOS Re:リンネ「KOS-MOS Re:~。そなたはとっても『キュート』じゃのう」
KOS-MOS Re:「検索……。私の場合は、『プリティ』が正解です」
ムスビ・レックスムスビ「ちょっと休憩しませんか?さっき作ったおむすび、いい出来なんです」
レックス「えっ?さっきって戦闘中…えっ!?」
ムスビ・メイムスビ「みんなのためにムチャをするメイちゃんは、とっても優しいですね!」
メイ「なっ!?別にそんなためにやってんじゃないッ!」
ムスビ・KOS-MOS Re:ムスビ「戦いが終わった後って、ほっとしてお腹が空きますね。」
KOS-MOS Re:「戦闘区域では、気を抜いた者、空腹の者から死んでいくとメモリーされています。」
シキ・ホムラシキ「こんな間近で、天の聖杯の戦いっぷりが見られるとはね!感激~!」
ホムラ「そんなに見られると…ちょっと恥ずかしい、ですね…」
シキ・ハナJKシキ「今の戦い、さっそくボクの爪に残った遺留物を分析しなくっちゃ!」
ハナJK「も!?…ひょっとしたら、こいつ…やばい奴かもしれないですも…」
シキ・ヂカラオシキ「むむむむ…ヂカラオは興味深いな〜。尻尾に触手に…ちょっと触ってもいい?」
ヂカラオ「好きに…しろ」
シキ・メノウシキ「メノウ、今度鉱石のこと教えてよ。メノウの戦う姿を見てたら気になってきたんだ!」
メノウ「いいわ。でも厳しくいくからね?途中で投げ出すのは許さない」
シキ・イダテンシキ「イダテンに質問があるんだ。『手』ってどうなってるのかな?とても柔らかいよね?」
イダテン「『手』なんてないっポッ。手みたいに見えるけど『舌』っポッ」
シキ「げっ!?この前『舌』で本を触ったんだ!?」
シキ・ミクマリシキ「ねえミクマリ、頭に付いてるぷにぷにしたやつ、揉んでみていいかな?」
ミクマリ「ちょっと、ダ、ダメ!触ったりしてもダメだからね!敏感なんだから!」
シキ・ムスビシキ「」
ムスビ「」
シキ・KOS-MOS Re:シキ「KOS-MOS Re:って物知りだよね。図鑑や辞書をこっそり持ち歩いてるの?」
KOS-MOS Re:「いいえ、データベースにアクセスしているだけです。つまり、シキの様に大きな本は不要です。」
シキ「え~!?なんかショックだよ!?」
ライコ・サイカライコ「サイカさんは戦っている最中にビリビリしないんですか?」
サイカ「『ライトニングフォース』使った時なんかメッチヤビリビリすんで!?」
ライコ・ヴァサラライコ「」
ヴァサラ「」
ライコ・ヤエギリライコ「さっきの戦いで思ったんです。ヤエギリさんとの合体技を考えたいです!」
ヤエギリ「ビリビリ状態のライコを、敵に向かって吹き飛ばすのはどうかな!?」
ライコ「痛そうだからやめたいです!」
ライコ・ホタルライコ「ホタルちゃんはわたしが守ります!」
ホタル「ありがとう。ライコちゃんは単純でいい子だなぁ」
ヤエギリ・メレフヤエギリ「メレフ~、今度一度手合わせしてくれないかなぁ。良い特訓相手になりそうだって思うんだぁ」
メレフ「フッ、いいだろう…。私もより一層、己の力を磨くことができそうだ」
ヤエギリ・ジークヤエギリ「ジーク~、いつ覇王の心眼の力を見せてくれるんだぁ?」
ジーク「そ、そのうちや!力を、もっとチャージせなアカンからな!」
ヤエギリ・グレンヤエギリ「準備運動はこの辺でいいよね?さあ、本番を始めようよグレン!」
グレン「仲間同士で戦えるわけないだろ!」
ヤエギリ・ヂカラオヤエギリ「ヂカラオ、オマエの強さの秘訣はなんだー?その力の源は何処にある?」
ヂカラオ「負けないココロだ」
ヤエギリ・イダテンヤエギリ「速さだけはイダテンに勝てないんだよなぁ。くやしいぞ…」
イダテン「コツは、大きな口を開けて一口であまり噛まずに流し込むことっポッ!」
ヤエギリ「いやぁ、早食いのことじゃないから…」
ヤエギリ・KOS-MOS Re:ヤエギリ「」
KOS-MOS Re:「」
ヤエギリ・テンイヤエギリ「」
テンイ「」
イブキ・メレフイブキ「メルフってすご~~い!さっきの戦いで大活躍だったよね!」
メレフ「その言葉、有り難く受け取ろう。…だが、私の名はメレフだ」
イブキ・ジークイブキ「ジークはとても強いけど、ちょっとアホなところがあるよねー」
ジーク「やかましいわ!お前も似たようなモンやろ!」
イブキ・ヂカラオイブキ「チカラオ、肩に乗せてもらってもいい?高い所が好きなんだ~」
ヂカラオ「いいけど、寝るなよ…?」
イブキ・ミクマリイブキ「」
ミクマリ「」
イブキ・ムスビイブキ「このままずーっとのんびりしてたいよね~」
ムスビ「いいですね~…そんなことができるように、私たちもがんばりましょう!」
イブキ・シキイブキ「いろんな事忘れないようにシチの体にメモしてもいいかな~?ちょうどいいよね?」
シキ「ダメだって!でも、キミの言葉はいつも興味深いからボクが代わりに覚えておいてあげるよ」
イブキ・KOS-MOS Re:イブキ「ん?イブキの事見てる~?」
KOS-MOS Re:「はい。データを収集し、マスターの戦力か、食材かを検討しています」
ホタル・ニアホタル「みんな、大丈夫だった?ケガがあれば、ボクが治すよ!」
ニア「確実にアタシより女っぽいし…再生の力がすごく似合う…」
ホタル・メレフホタル「メレフ、何でさっきから、ボクのことじぃーっと見ているの?」
メレフ「とても興味深い姿をしていると思ってな。他に理由はないよ」
ホタル・イダテンホタル「花を傷付ける奴らは、ボクが懲らしめちゃうんだから!」
イダテン「ね~ね~ホタル、あそこの花は食べられるっポッ?」
ホタル・ウカホタル「」
ウカ「」
ホタル・ライコホタル「」
ライコ「」
KOS-MOS Re:・トラ・ハナJDKOS-MOS Re:「ルックス、5%低下。マスター、洗浄してください」
トラ「うへへへへへ~。キレイキレイにするも~!」
ハナJD「ご主人!ハナも洗浄してほしいですも~!」
KOS-MOS Re:・エルマKOS-MOS Re:「ルックス、5%低下。マスター、洗浄してください」
エルマ「『ルックス』だなんて、ちょっと意外ね」
テンイ・トラテンイ「戦闘終了。次の戦いに備えて、小休止を提案する」
トラ「も?ショーキューシって何だも?トラ食べたことないもー!」
テンイ・メレフテンイ「」
メレフ「」
テンイ・ヂカラオテンイ「勝利を幾度、重ねても…終わりは見えない…今回も、また…」
ヂカラオ「テンイ、いつか答えは見つかる…共に探そう」
テンイ・KOS-MOS Re:テンイ「KOS-MOS Re:は何故戦う?」
KOS-MOS Re:「ブレイドとはそういうものかと。ただ、大切なもの守りたい、という気持ちもあると思います」
テンイ「大切なもの…仲間…」
ツキ・メイ①ツキ「メイが戦うと、草一本も残らせえへんねぇ」
メイ「ッフフッ。ある意味、キレイになるでしょう?」
ツキ・メイ②ツキ「」これもまた、台詞の順番が入れ替わらないパターンの1つ
メイ「確かにボロボロになるけど…、ブレイドだから気にしてたって仕方ないだろ?」
ツキ・クビラツキ「クビラはんの衣装、戦いの時キラキラしてて、ホンマに美しいねぇ」
クビラ「ハッハッハ!ツキよ…お前は解るブレイドだな。…側室に迎えてやろうか?」
ツキ「フッフフフフ…堪忍しておくれやす」
ツキ・シキツキ「」
シキ「」
ツキ・ヤエギリツキ「ヤエギリはいつも戦いのことばっかりやね。美しさは極めへんの?」
ヤエギリ「そんなことしてる暇があったら、アタシは鍛錬するよ!まだまだ強いヤツはいるんだからさ!」
ヨシツネ・ニアヨシツネ「ニア、思っていたよりはやるようですね」
ニア「なぁ、それって褒めてるつもり?」
ヨシツネ・ベンケイヨシツネ「前の僕達は兄弟だったらしい。……これからは…『我が妹』と呼ぶよ。……いいね?」
ベンケイ「キモい」
ヨシツネ・サタヒコヨシツネ「ブレイドは前の記憶を持たないのに…どうも君とは他人という気がしない」
サタヒコ「全くブレイドってヤツは…。いいさ、俺たちのこと、これからたっぷり話してやるさ」
ヨシツネ・サタヒコ・ベンケイヨシツネ「サタヒコ!今の戦い、大活躍だったね!
 ベ~ンケイッ!君も、ナイスアシストだった♪」
讃え合うと見せかけて、ベンケイをべた褒めする兄と恋人の会話。ヨシツネのテンションに注目
サタヒコ「同感だヨシツネ。君の戦略、そしてなによりベンケイのクールな攻撃。エクセレントだね」
ベンケイ「マジキモい…」
ベンケイ・ニアベンケイ「あんたとはいろいろあったみたいだねぇ。ま、な~んも覚えちゃいないけどさぁ」
ニア「まぁね。でも昔の話、ベンケイといること、今は悪くないって思ってるよ」
ベンケイ・ジークベンケイ「亀!!さっきの戦い方は何!ちゃんとしないとぶっ飛ばすよ!」
ジーク「げ、激励のお言葉、痛み入ります…ベンケイはんは優しいなぁ…はははは…」
サタヒコ・トラサタヒコ「勝利の褒美に、お前の人工ブレイドとデートさせてくれ」
トラ「ゼーーーッタイ、ダメなんだも!!」
サタヒコ・ベンケイサタヒコ「ベンケイ、そろそろわかってくれよ。かつて君は、俺と恋人同士だったんだ」
ベンケイ「そのニヤケ面をしまいな!…話はそれからだ…!」
ラゴウ・オオツチ・カムイラゴウ「我らブレイド三人集…共に戦えること、嬉しく思いますぞ!」『スターライト・ニー』はゼノブレイドシリーズに登場するアーツの名称
オオツチ「フン。腐れ縁だな、バカ野郎!」
カムイ「バカ野郎なオオツチには、後で『スターライト・ニー』にゃ!」
ザンテツ・ヤエギリ・ニアザンテツ「わーはっはっはっはっはぁっ!」
ヤエギリ「わーはっはっはっはっはぁっ!」
ニア「ザンテツもヤエギリも、笑いすぎ!」
T-elos Re:・KOS-MOS Re:T-elos Re:「KOS-MOS Re:!大人しく我が糧となれ!」
KOS-MOS Re:「お応えしかねます」
ハナバスター・ハナJSハナバスター「お嬢、いささか反応が鈍っていますが」
ハナJS「当たり前ですも!一人二役は楽じゃないですも!」
ハナバスター・T-elos Re:ハナバスター『どうしたらそんなにセクシーになれますも?』
T-elos Re:「知ったことか、生まれた時からこの身体だ」
シュルク・ニアシュルク「ニアのその耳って、本物なのかな?」ニア自身は勿論グーラ人ではない。シュルクを仲間にでき得る第四話では焦った反応になるのも道理
ニア「ほ、本物に決まってるじゃん!グーラ人なんだから!」
シュルク「ごめん。僕たちの世界に、ニアみたいな子はいなくて」
シュルク・トラシュルク「この世界にも、ノポン族はいるんだね。トラは体のサイズから推測すると…50歳くらいかな?」
トラ「そんなオッサンじゃないも!シュルクよりも若い、ピッチピチのショーネンも!」
シュルク・メレフシュルク「メレフみたいな立派な軍人と一緒に戦えて光栄だよ」
メレフ「私も君のような目をした少年は嫌いではない。普段見られない何かを見せてくれる気がしてな」
シュルク・フィオルンシュルク「フィオルン!怪我はない?…慣れない場所だから気をつけないと…」
フィオルン「心配しすぎ。シュルクこそ大丈夫?ラインがいないんだし、絶対無理しちゃダメだからね?」
シュルク「アッハハハハッ!心配しすぎなのは、お互い様みたいだね!」
フィオルン・メレフフィオルン「メレフを見てると、なんかお兄ちゃんを思い出すなぁ…」キャラ性能、アーツ名、台詞…
メレフとダンバンには多くの共通点がある
メレフ「ちょっと待てフィオルン。念のため言っておくが、私は女性だ」
フィオルン・ジークフィオルン「ジークはヘンなキャラやめればモテそうなのに…」
ジーク「モテるとかそういうのはいいんや。ワイはな『最強・完璧・極』な存在!ただそれだけや」
フィオルン・ホムラフィオルン「好きな人と一緒に戦えるのって、幸せだよねっ、ホムラ」
ホムラ「えっ…?私は…その…フィオルンの素直さが、羨ましいです…
フィオルン・ハナJSフィオルン「ハナちゃん、機械の体もなかなか大変だよね」この掛け合いの詳細は前作をプレイ
ハナJS「フィオルンは人間なのに、機械の気持ちが分かりますも?」
フィオルン「昔、ちょっとね…。今度詳しく話してあげるね」
フィオルン・シュルクフィオルン「こうしてシュルクとまた一緒に戦うの、なんだかちょっと嬉しい。…不謹慎かな…?」2人が前作本編後のキャラクターであることを髣髴とさせる台詞
シュルク「ううん。…いろんなこと、あったからね…。僕も同じ気持ちだよ、フィオルン」
カムヤ・レックスカムヤ「レックス、俺達って、最高のパーティだよな?」
レックス「うん、そう思うよ!…みんながいれば、絶対に負けないってね!」
カムヤ・T-elos Re:カムヤ「T-elos Re:は、アグレッシブな戦いをするなぁ…。そんなんで怪我をしないのか?大丈夫か?」
T-elos Re:「調子に乗るな。そんな気遣いなど無用だ」
カムヤ・ハナバスターカムヤ「ハナバスターってかっこいいよな!俺も、乗せてくれないか?」
ハナバスター『ダメですも…ハナMk-2専用ですも』
「申し訳ございません」
カムヤ「残念だよ…。でも、俺は諦めないからな…」
カムヤ・ヒバナカムヤ「ヒバナはいつも勢いがあって、真っ直ぐで…、見ていて気持ちがいいな」
ヒバナ「ドカンと打ちあがって派手に散るのが、あたしの心情だからね!」
カムヤ「…散っちゃって、大丈夫か?」
ヒバナ・ジークヒバナ「ジークさん、あたしの花火ってどうですか?」
ジーク「あ~、名前が地味やと思うわ。『アルティメットスターサウザンドボムズ』って言うんはどうや?」
ヒバナな…、なーんてかっこいい名前……ジークさん流石ですー!」
ヒバナ・ハナバスターヒバナ「ハナバスターが自爆するのって、かっこいいよね~!」
ハナバスター『わかりましたも!今度、ヒバナもハンマーで叩いてあげますも!』
ヒバナ・カムヤヒバナ「カムヤ~、ホムラ先輩ってすごいよね~!強くて優しいし料理が上手だし、行動力がすごいっていうか!」
カムヤ「ヒバナが憧れの先輩に追いつくには、まだまだだな」
ヒバナだよね。もっともっと頑張らなきゃ!」
エルマ・ハナJSエルマ「ハナ。貴方の変形、ナノマシンか形状記憶合金でも使われているんじゃない?」
ハナJS「『トップシークレット』ですも。情報提供には、ゴールドが必要ですも」
セイリュウ・レックスセイリュウ「お前さんのヘルメット、なかなか寝心地が良いのぉ…」
レックス「戦ってる時に振り落とされても、文句言うなよ?」
セイリュウ・ニアセイリュウ「よいぞニア。その調子でレックスをバシバシ鍛えてくれ!」
ニア「任せて!…うむ、彼には光るものがある
セイリュウ・ニア(ブレイド)セイリュウ「しかしニア、お主の本当の能力は悪口とか罵倒とか罵りとか、そういうイメージなんじゃが…」
ニア(ブレイド)「それ、全部同じ意味だよねっ!?ジジイが怪我しても治してやらないよっ!」
セイリュウ・ヴァンダムセイリュウ「ヴァンダム。お主、何故レックスをそこまで買ってくれておる?」
ヴァンダム「なぁに。あいつを見てると死んだ息子を思い出してな…つい構っちまう」
セイリュウ・ヴァンダム・ホムラセイリュウ「ヴァンダムになら、レックスの事任せて良さそうじゃな」
ヴァンダム「よし、わかった!まずは上腕二頭筋、次に、僧帽筋の改造を行うとしよう」
ホムラ「私は…レックスは、あのままが良いと思います…」
セイリュウ・トラセイリュウ「トラも随分と腕を上げたようじゃの」
トラ「ホントも!?トラも、アニキみたいになれるも!?」
セイリュウ・ホムラ・レックスセイリュウ「ホムラ。時には前に出ることも必要じゃぞ?」
ホムラ「はい、セイリュウさん。…次からは意識してみますね」
レックス「変な目で見られてるかもしれないから、気をつけろよ?」
セイリュウ・ヒカリセイリュウ「ヒカリとホムラ、性格も戦い方もまるで反対じゃなぁ」
ヒカリ「そうね…でも、あの子と私は二人で一つ。これで不思議と、うまくいってるのよ」
セイリュウ・覚醒ホムラセイリュウ「レックスは、お主に相応しいドライバーになれたかの?」
覚醒ホムラ「ええ、もちろん。私の心を、いつも温めてくれるから…」
セイリュウ・ハナJDセイリュウ「たいしたもんじゃハナ!もう本当のブレイドと言っていいじゃろう」
ハナJD「その指摘はもっともですも。ハナはご主人の最高傑作ですも」

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ハナバスター→シュルクorフィオルンにスイッチでセリフ
    2018-06-24 (日) 21:35:25[ID:YqfGK3u535Q]
  • 戦闘終了後にヤエギリとkosmosでセリフあった。
    2018-06-25 (月) 23:03:05[ID:0IT4HOfRkhM]
  • フィオルンをニアにエンゲージしてスイッチで呼び出すと、「ニア、女の子の力、見せてやろう。」みたいなことを言う。ドライバーに話しかける珍しいパターン。
    2018-06-28 (木) 22:41:24[ID:srzSOT588Nw]
  • 戦闘終了後にカグツチとホタルの専用会話を確認。
    2018-07-24 (火) 17:20:31[ID:3nImtCyDc4.]
  • 戦闘終了後にワダツミとヒカリの専用会話ありました…ような
    2018-07-30 (月) 17:18:02[ID:TBXV0SC83Hk]
    • ありますよ
      2018-08-06 (月) 13:36:45[ID:xqIExY3m2zY]
  • いろいろ見落としていましたがホムラからスッイチする時発生するブレイドはベンケイとハナバスター
    2018-08-17 (金) 15:19:42[ID:xqIExY3m2zY]
    • ホムラ→ハナバスターの台詞で「ホムラに代わって、ハナバスター●●ですも!」 最後の2文字くらいが聞き取れない…
      2018-08-23 (木) 20:56:34[ID:/jZV38hlgYs]
  • 戦闘終了後にトキハとニューツで会話アリ
    2018-08-20 (月) 03:45:23[ID:/D1zsQ7iASA]
  • カムヤの掛け合いを聞けたのはレックスとトラ(カムヤとトラの掛け合いはカムヤの羽についての掛け合いどうやら接着剤を使っているらしい
    2018-08-26 (日) 16:58:34[ID:xqIExY3m2zY]
  • メレフとカムヤある。ちょっとドキっとするような内容。
    2018-08-28 (火) 21:24:50[ID:cWJrd1GvGAE]
  • クロダイル戦で偶然見つかったけど「フィオルン」>「エルマ」、「シュルク」>「エルマ」コスモスあるかもしれないと思ってのになかった。
    2018-09-09 (日) 18:01:53[ID:iXp2cJDhMYU]

コメント: 利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください