スポンサーリンク

ブルー編

目次

はじめに

主人公

ヒューマン
ブルー
ブルー
ルージュ
ルージュ

※展開によって主人公が交代する

仲間になるキャラクター

ブルー編の特徴

リージョン移動について
ブルー編ではアイテム「リージョン移動」を使うことで、アイテム欄が開ける場所であれば何処からでも、一度行ったことのあるリージョンに移動できる。
最初はドゥヴァンとルミナスの2ヶ所のみに行ける。事前にクーロンからシップに一通り乗って行き先を増やしておくと後々便利になる。シップに乗らずに移動できるようになる他、ダンジョンの奥深くから脱出する場合にも役立つ。
代わりに、マジックキングダムへはシップで行くことができない。
また、リージョン移動はリマスター版の倍速機能の適用外となっており、リマスター版ではシップ画面をキャンセルできるようにもなったため、純粋な移動だけならシップの方が早い場合もある。

リージョン移動のグループと並び(灰色のリージョンは解放されない)

 

シナリオ進行について
術の資質を集めるというシナリオのため、他主人公がサブシナリオとして行える資質イベントがほぼそのままメインシナリオに組み込まれている。
資質を集める順番は任意のため、序盤から自由行動が可能。各地を巡って仲間を集めると良い。
また、ブルー編は資質イベントをこなすとアイキャッチが入り自動でダンジョンから脱出できる。

 

術の資質と仲間キャラクターについて
ブルー編ではメインシナリオ「宿命の対決」以降は陽術と陰術、秘術と印術それぞれの資質イベントが発生しなくなる。そのため、ゲンとヒューズ、アニーとルーファスなどそれぞれの資質イベントで仲間になるキャラクターを加入させたい場合は「宿命の対決」より前に加入させる必要がある。

攻略

初期所持アイテム
バックパック1
傷薬5
強力傷薬1
精霊石1
リージョン移動1
CREDIT. 1000

他主人公と比較し、リージョン移動を持っていることに加え、所持金が最初から1000クレジットと多めになっている。

告げられた使命

1. 目的地を決める
術の資質を得るのが目的。
最初にリージョン移動の画面が開くが、ここで「ドゥヴァン」と「ルミナス」のどちらを選んでも進行に全く影響はなく、改めてもう一方に移動することもできる。今後の仲間集めを考えると最初に「ドゥヴァン」に行った方が後述のようにイベントをスムーズに進められる。
到着時に「急げ!ルージュの得た術をお前が身に付けることは出来ないぞ!!」と急かされるものの、特に時間制限等もなく、取りたかった資質がルージュに先を越されて取れない等は一切起きないので安心して良い。

ブルー1人でシナリオを進めてしまうと仲間キャラクターが術の資質を獲得できなくなってしまうのには注意が必要。術使いはブルー1人だけでも戦っていけるが、仲間にも術を使わせたい場合に資質がないと困るので先にある程度は仲間を集めておくと良い。

引き継ぎで開始した場合も含め「リージョン移動」がアイテム欄の最下段にあるため、一番上の「バックパック」と入れ替えて最上段にしておくと今後使いやすくなる。バックパックはその後装備してしまおう。

2. 仲間を集める
最初はブルー1人なので資質を仲間に獲得させるという意味だけでなく、戦闘を楽にするためにもバトルメンバーだけでも仲間を増やしておくのがオススメ。

最初に集める仲間について
ほとんどは戦闘せずに仲間になる。リマスター版では16人以上仲間にしても問題ないが、旧版の場合はあまり無計画に仲間にしているとバトルメンバー15人の枠が埋まってしまうので取捨選択しよう。
以下は揃えやすい仲間を一通り揃えるための手順の例だが、一部を除けば順不同。赤番号のキャラクターはイベントを進めると仲間にならなくなる可能性があるので、よくわからなければとりあえず仲間にしておくのも手。

0
ドゥヴァンの術屋で印術と秘術の資質について聞き小石とカードを両方もらってから開始
1
クーロンからIRPOに行き、ヒューズを仲間にしたら朱雀の山からリージョン移動でクーロンへ帰る
2
クーロンでガイコツ男からワカツの剣豪の話を聞いたら、スクラップに行き、酒場でゲンを仲間にする
3
スクラップの酒場でT260を仲間にする
4
スクラップの酒場でリュートを仲間にする
5
スクラップの酒場でメイレンを仲間にする
6
スクラップの酒場でクーンを仲間にする、5人とも仲間にしたらリージョン移動でクーロンへ帰る
7
クーロンからヨークランドに行き、サンダーを仲間にする(要:リュート)
8
クーロンからバカラに行き、バニーガール姿のエミリアに話しかけてノームを追いかけ、駐車場のマンホールでエミリアを仲間にする
9
クーロンからシュライクに行き、中島製作所で特殊工作車を仲間にする(要:T260)
10
シュライクの武王の古墳でルーファスを仲間にして、リージョン移動でクーロンへ帰る
11
クーロンのイタメシ屋でライザを仲間にする(要:ルーファス)
12
クーロンのイタメシ屋の前でアニーを仲間にして(要:ルーファス)、ディスペアからリージョン移動で帰る
13
クーロンの下の路地から裏通りに入り、診療所でヌサカーンを仲間にする

以下は最低1回分の戦闘が絡むが、序盤でも加えやすい仲間。

14
シュライクの生命科学研究所の3Fで研究員を倒し、コットンを仲間にする
15
(ある程度クレジットが溜まってからを推奨)ヌサカーンを仲間にした状態かつサイレンス未加入なら、事前にマンハッタンでパールハート(1500クレジット)を複数買ってメインメンバーに装備する
オウミの領主の館の地下に進んで巨大なイカ(デビルテンタクラー)を倒し、左に進んでメサルティムを仲間にする
デビルテンタクラーは強敵だが、パールハートを装備すればメイルシュトロームを無効化できる
回復が最初から使えるヌサカーンやメイレン、バックパックを装備したキャラを入れておくとやや楽
イカを乗り越えれば地下の宝も漁れるので一通り取ったらリージョン移動で帰ると良い

陽術と陰術

陽術か陰術の資質を選ぶ
陽術と陰術のイベントはルミナスで進行する。
オススメは回復や全体攻撃ができる陽術。
妖魔のサイレンスを仲間にしたい場合は陰術を選ぼう。ただし、メサルティムを仲間にしたい場合は先にサイレンスを仲間にするとメサルティムが仲間にならないので、両方仲間にしたい場合はオーンブルから戻ってきてもサイレンス本体に話しかけずに放置して後回しにすること。

TIPS
仲間に代理で資質を取らせる
ヒューマンか妖魔の仲間を連れた状態で、ブルーに陰術を購入して光の迷宮に挑むか、ブルーに陽術を購入してオーンブルに挑もうとすると、ブルーが留守番となり仲間が代わりに資質を取ってきてくれる。この場合、ブルー自身は資質が取れなくなるが陽術or陰術のメインシナリオはクリア扱いとなる。
ダンジョン内のアイテムを得られなくなるというデメリットもあるが、ブルー自身は後でまとめて2つの術を資質ごと入手でき、イベントを丸ごとカットできるため早解きしたい場合にオススメ。
TIPS
ブルー編クリア済で引き継ぎプレーの場合
引き継ぎ2周目以降で陽術と陰術を両方持ちしている場合はブルー自身がどちらにも行けない状態なので、ヒューマンか妖魔の仲間を連れてきて資質を代わりに取ってきてもらうか、もしくは片方の術を店で全て捨ててから改めて試練に挑むことになる。前者の方が手間が少ないが、ダンジョン内のアイテムを得たりサイレンスを仲間にしたい場合は後者となる。

陽術の資質を手に入れろ
サブシナリオ「陽術の資質」も参照。
1. ルミナスの左のマップから光の迷宮へ
ルミナスの発着場を上に進み、左側へ行くと光の迷宮の受付の人がいる。
モンスター、メカ、陰術を修得、陰術の資質があるキャラが一時的にメンバーから外れる。
アイテム欄が開けないためリージョン移動は使用不可。

2. 光の迷宮を進む
光の迷宮では鏡と発光器を操作して出口に光を導くことで先に進めるような仕掛けになっている。

3. 1つ目の部屋

操作の手順(タップで開閉)

4. 2つ目の部屋

操作の手順(タップで開閉)

5. 3つ目の部屋
3つ目の部屋は複雑になっており、複数の色の光を導くことができる。
脱出するだけなら白色にすればいいが、黄・水・紫色ではアイテムを入手できる。

操作の手順(タップで開閉)

光の色と出口を調べた際の結果
出口へ導いた光の色で出口を調べた際の結果が変化する。

黄色
400クレジット
水色
月白のショール
紫色
結界石
赤色
巨人系の敵(現在ランク+2)と戦闘
青色
魔生命系の敵(現在ランク+2)と戦闘
白色
脱出
入手
400クレジット、月白のショール、結界石

白色の光に接触して脱出すると光の迷宮に入った全員が陽術の資質を獲得し、アイキャッチ後ルミナスに帰還する。

陰術の資質を手に入れろ
サブシナリオ「陰術の資質」も参照。
1. ルミナスの右のマップからオーンブルへ
ルミナスの発着場を上に進み、右側へ行くと陰術の店の人がいるため、資質について聞くと行ける。
モンスター、メカ、陽術を修得、陽術の資質があるキャラが一時的にメンバーから外れる。
入る前に一時的にリージョン移動を預けることになり、行き先登録もされない。

2. オーンブルの奥へ進む
オーンブルではブルー自身の影を探して倒すことがクリアする条件となるので奥へ進んでいこう。

仲間
サイレンス
オーンブルに入ってすぐ左にいるサイレンスの影に話しかけて「手を貸してくれ」を選ぶと、オーンブル脱出後にサイレンスに話しかけると仲間になる。
入手
200クレジット、術酒

3. 自分の影を倒す
奥へ進むと各キャラクターの影が8体うろついている部屋がある。この部屋の影に触れると右の部屋に移動するので、ブルーの影に触れて右の部屋に移動させよう。影が移動したら右の部屋で影に触れるが、ここで影がブルーのものでなかった場合は戦闘になる。

正しくブルーの影に接触した場合は、影がさらに上の部屋に移動していく。上の部屋ではバトルメンバーの影たち(シャドウ)と戦闘になる。

戦闘
シャドウ×1~5
バトルメンバーと同じ能力を持ったシャドウが出現する。影の形から全体攻撃を使用するキャラクターなどから優先で倒していくと安全。

シャドウを倒すとオーンブルに入った全員が陰術の資質を獲得し、アイキャッチ後ルミナスに帰還する。
また、オーンブル脱出時にリージョン移動がアイテム欄に戻ってくる。

秘術と印術

秘術か印術の資質を選ぶ
秘術と印術のイベントはドゥヴァンから開始できる。
秘術は各地で4枚のカード(アルカナ・タロー)を、印術は各地で4つのルーンの石を集める必要がある。相反する術なので片方しか修得できない。それぞれ各地でカードやルーンを1種類入手するまでは双方のイベントが発生するので、ドゥヴァンでは秘術と印術の資質の話を聞いてカードと小石を両方もらっておくと良い。
アルカナ・タローかルーンの石を1つ入手した時点でルートが固定され、残り3つを集めるまでもう片方の資質イベントが発生しなくなる。
秘術と印術はどちらも必須級の術がないのでどちらを選んでも問題ない。それでも迷う場合はバトル難易度が低めの印術がオススメ。

また、印術ルートについては後述の手順を使うことでイベントを強制終了することもでき、ブルー編に限ってはメリットも多いためこれを使う手もある。

秘術の資質を手に入れろ
サブシナリオ「秘術の資質」も参照。
・ドゥヴァンのアルカナ・パレスで4枚のカードを入手する
ドゥヴァンの広場右側の赤い屋根の建物に入り、アルカナ・パレス(秘術の店)の人と話す。
資質について聞くと4枚のカードを入手でき、各地のイベントが発生するようになる。

入手
カード×4(イベントを進めると1枚ずつアルカナ・タローに変化)

シナリオチャートでは「金のカード」「杯のカード」「剣のカード」「盾のカード」の順に記載されているが、進行順は任意。
難易度的に見れば剣or金→杯→盾の順で進むといい。

 


■剣のカード
1. クーロンの路地でガイコツ男からワカツの剣豪について話を聞く
ガイコツ男はクーロン下側の路地を少し進んだ場所にいる。

2. スクラップの酒場でゲンを仲間にする
事前にガイコツ男から話を聞いていれば、スクラップの酒場にいるゲンに話しかけて仲間にできる。

仲間
ゲン
条件を満たしてから酒場でゲンに話しかけると加入。

3. ワカツに行く
ゲンを仲間にした状態で、クーロンからシップでワカツに行く。
ワカツの道中ではある程度ゲンが案内してくれるが、道は分かりづらいので注意。また、双龍刀が入手できる場所にいる敵(忍者シンボル)はかなり強いゴーストが3体現れるので序盤であるなら避けたほうが無難。

4. ワカツの天守閣へ
天守閣の最上階にある「剣聖の間」に来たら、3つの燭台の間に立つとイベントが始まる。
影がルーレットのように「剣・兎・物の怪」と切り替わるため、3つとも「剣」のマークに合わせるとアルカナ入手。

攻略
影の合わせ方
天守閣最上階で影を合わせる時は「キン」という音が鳴った瞬間にボタンを押すことで剣のマークが揃うようになっている。少しタイミングが遅いと「兎」のマークで揃い何も起こらないので、兎のマークで揃ったらほんの少しタイミングを早めよう。
マークに「物の怪」の影が混じっていた場合は敵が出現するので注意。
リマスター版で倍速モードにしているとタイミングがシビアになるので、等速に戻しておこう。
また、リマスター版ではコンフィグの環境設定で「色覚・聴覚サポート」をONにしておくとタイミングが分かりやすくなるため、難しい場合は使ってみるのもいい。
戦闘
物の怪を揃えた場合
物の怪を揃えると戦闘になるが、揃えた数によって出現する敵が変わる。
出現する敵
1個獣系・現在ランク
2個獣系・現在ランク+2
3個ヘルハウンド、アクスビーク、トリケプス(小)
入手
鉄下駄、双龍刀
TIPS
流星刀
資質イベントとは直接関係ないが、ワカツには流星刀を入手できるイベントも存在する。
 


■金のカード
1. 金を4つ入手する
金が4つ必要なので、クーロンの金取引所で4つ購入(オリジナル版では3700クレジット、リマスター版では1000クレジット)するか、クーロン→オウミネルソンへ行き酒場で4つ購入(2000クレジット)する。4つ以上持っている場合は全てなくなるのでクーロンの両替所で金を4つになるまで売ってしまうと良い。
オリジナル版ではクーロンの金の買値・売値は主人公が売買した回数によって変動するが、リマスター版では仕様変更されてクーロンの金の買値・売値が主人公のアイテム欄の金の持ち数に連動するようになったため、最初にクーロンで買った方が安い。

2. バカラに行く
金が用意できたらクーロンからバカラに行く。

3. ノームを追う
バカラに着いたら階段で1つ上の階に移動し、バニーガール(エミリア)に話しかける。ノームが出現するので、2つ上の階まで追いかけてノームがエレベーターに乗る所を見る。
ノームが入った階のエレベーターは使えないため、階段で3つ下の階まで降りてエレベーターに乗り駐車場に行く。

4. ノームの洞窟へ
駐車場のマンホールが開いているため、マンホールを降りてノームの洞窟へ。

仲間
エミリア
ノームの洞窟へ行く時にエミリアが追いかけてくるので、話しかけると仲間にできる。
無視して別の場所に移動したり、加入を断ると以降は仲間にできなくなる。
TIPS
まだアルカナ・タローを1つも取得していない状態でマンホールが開く所までイベントを進めてから一旦放置し、印術ルートの方を進めて主人公をルージュに交代した後、シップに乗ってバカラのマンホールに戻ってくると、ルージュでエミリアを仲間にすることも可能。この際のセリフはブルーと同様になる。

なお、イベントの途中で「リージョン移動」を使って脱出した場合、再度リージョン移動を使ってバカラの駐車場に戻ってくると必ずマンホールが閉じた状態に戻ってしまう。一度エレベーターに乗って上階に戻って再び駐車場に行くか、シップでバカラに来ることで再びマンホールが開く。

5. ノームに金を渡す
ノームの洞窟の奥にいるノームに金を4個以上持った状態で話しかけると、手持ちの金全てと引き換えにアルカナを入手。

TIPS
ノームに渡す金の数について
ノームは「金をたくさん」と指示しており、この場にノームが4人いて「見よ、ワシのたくさんの仲間達を」と言っていることがヒントになっている。また、「ワシの方が若いぞ。お前の年はたくさんではないか」「ナニ!お前こそ、たくさん年を取っているだろう」という会話から、ノームにとっては4以上ならどんな数でも「たくさん」扱いになることが伺える(=4個以上金を持っていっても全て取られてしまう)。
 


■杯のカード
1. ヨークランドに行く
クーロンからシップに乗ってヨークランドへ。

2. 5ヶ所の酒蔵で酒を飲む
ヨークランドの酒蔵5ヶ所で杯のカードのことを聞いて酒を飲む。
話す順番は関係なく、5ヶ所全てで飲まないとイベントが進まない。

3. 酒神のほこらへ
沼地にある酒神のほこらを目指す。沼地に入ると酔っ払っているため一定時間ごとによろめいてランダム方向に少し移動してしまい、戦闘開始時にはメカ以外のキャラクターがランダムでステータス異常になってしまう。沼地の敵はランクが少し高めなので、できるだけ避けたい所だが、敵シンボルは目玉だけ見えている状態な上に酔っ払っているので避けるのが難しくなっている。目玉の下は接触判定が広く避けづらい反面、目玉のすぐ上側を通ると避けやすいのでこれを意識すると良い。
また、よろめいて自動で動いた場合は敵シンボルに接触しても方向キーに触れない限り戦闘にならないため、自分でキャラを動かさずに、ゴール方向に勝手に進んだ時にクイックセーブ、遠のいたらリロードという感じで一歩ずつ進めれば、時間こそかかるが一切戦闘することなく安全にほこらへ到達することも可能。

戦闘になった場合に備え、ステータス異常の耐性があるメカ、耐性のあるモンスター、トウテツパターンを装備したヒューマンなどをパーティに入れておこう。対応したキャラクターでバトルメンバーを埋められない場合、ステータス異常になるキャラクターは誘惑対策として全体攻撃を外しておくと生存率が上がる。また、リマスター版の追加要素ありでプレイしている場合でも酔っ払っている最中は「退却」ができないので注意。

 


■盾のカード
強敵が多く厄介なため、序盤でいきなり挑むのは避けよう。

1. IRPOに行く
クーロンからシップに乗ってIRPOへ。

2. 受付に話しかける
受付で盾のカードについて聞くと自動でムスペルニブルの朱雀の山へ行くことになる。

仲間
ヒューズ
受付で盾のカードについて聞くとヒューズが仲間になり、朱雀の山へ直行。
ただし、頂上の朱雀に負けると仲間から一旦外れる。
途中でリージョン移動を使うとヒューズを外に連れ出せるが、リージョン移動での「ムスペルニブル」の行き先はヴァジュイール宮殿内となるため、朱雀の山に直接戻ることはできない。この場合は再びIRPOに行くこと。

3. ムスペルニブルの朱雀の山を登る
朱雀の山はこの時にしか訪れられないが、お宝を守る強敵の赤竜と黒竜がいる他、仲間キャラクターの朱雀の加入など難易度が高いイベントが組み込まれている。
頂上のボスの朱雀を倒してしまうと二度と入れないため、ある程度キャラクターを鍛えてから来るのも良い。

戦闘
赤竜&黒竜(宝の洞窟に入った場合のみ)
装備品で強化したメカを複数入れておくと良い。
入手
ロードスター、結界石、クリスナイフ、ゴールデンフリース、オクトパスボード、1000クレジット
仲間
朱雀
朱雀の山に入って最初のマップで妖魔(女)と戦闘すると、洞窟を抜けた先の獣系モンスターがいるマップの下側(左側はハズレ)に雪だるまのシンボルが現れることがある。この雪だるまに当たると「霜の巨人」と戦闘となり、倒したあとで洞窟の右上にいくと朱雀が氷から解放されており、話しかけると朱雀が仲間になる。雪だるまが現れる確率はそこそこ低いので敵ランクを上げたくない場合はクイックセーブを活用しよう。リマスター版では退却でも出現フラグを立てられるので、妖精にぶつかって退却→奥に進んで広場を確認→雪だるまが居なかったら戻ってもう一度妖精にぶつかる、のように繰り返すことでも可能。
戦闘
霜の巨人
常時フリーズバリア状態なので術や銃で攻撃するか、神速三段突きやロザリオインペールなどバリアを無視できる技で攻撃すると良い。単体攻撃が多いもののHPが高いので場合によってはかなりの強敵となる。
石化攻撃が有効。なお、旧版ではLPブレイク攻撃も通用していたが、リマスター版では「死神」と「呪殺」が気絶攻撃となってしまい通用しなくなったため注意。

4. 頂上に咲く花を手に入れる
頂上に咲く花を調べるとボスの朱雀が出現する。かなりの強敵となっているため注意。

戦闘
朱雀
常時ファイアーバリア状態なので直接攻撃はできるだけ避けること。
ヒートウェイヴは紅炎石を装備して熱防御を上げるとダメージの軽減が可能。
剣技なら神速三段突きやロザリオインペールなど、体術なら三角蹴りや羅刹掌などを使って戦うと良い。

なおここで負けてしまってもゲームオーバーにはならず、IRPOに戻されてヒューズが離脱してやり直しとなる。そのため、詰むことはないが、ある程度成長させてから挑むのがオススメ。また、朱雀の閃きレベルは28(敵ランク6~7程度)なので、序盤ではゲームオーバーをしないことを利用して技を閃かせることができる。
 

4つのアルカナ・タローを全て入手するとイベント完了扱いとなる。
なお、事前にブルーが印術を購入していると秘術の資質を得られないが、この場合はルージュとの対決後に秘術の資質も得られるようになるため問題ない。

印術の資質を手に入れろ
サブシナリオ「印術の資質」も参照。
・ドゥヴァンのルーンの誘いで4つの小石を入手する。
ドゥヴァンの広場左側のテントの中に入り、ルーンの誘い(印術の店)の人と話す。
資質について聞くと4つの小石を入手でき、各地のイベントが発生するようになる。

入手
小石×4(イベントを進めると1個ずつルーンの石に変化)

シナリオチャートでは「勝利のルーン」「活力のルーン」「保護のルーン」「解放のルーン」の順に記載されているが、一部を除いて進行順は任意。
活力のみルーン1つ以上が条件なので、まずどれかを先にやる必要がある。
解放はルーン3つかルーファス加入が条件だが、事前に武王の古墳でルーファスを入れていれば活力以外どれからも開始可能。

 


■保護のルーン
1. 自然洞窟に行く
行き方はクーロン裏通りから下水道を通って行くか、クーロンからシップでムスペルニブルに行きヴァジュイールの問いに「特に用はない」→「知りませんでした」を選ぶ(キャンセル連打でも可)ことで行ける。クーロンの裏通りからは道がわかりづらいので、ムスペルニブルから行くほうが手っ取り早い。
ただし、ブルー編では印術イベント開始から保護のルーン入手までの期間限定で仲間にできるキャラクターが存在するため見逃しに注意。

仲間
ヌサカーン
保護のルーン入手前にクーロンの下側の路地から診療所に行くとヌサカーンを仲間にできる。
仲間
ライザ
事前に武王の古墳でルーファスを仲間に加えた状態(後述)で、保護のルーン入手前にクーロンのイタメシ屋に入りライザと話し、案内を頼むと仲間にできる。

2. 保護のルーンがある場所へ
自然洞窟は入り組んでいるので迷いやすい。目的地のルーンがある場所は虫系の敵シンボルがいるマップから左上へと進み、ツタを登って崖をダッシュで飛び越えた先にある。ルーンがある場所にたどり着くとボス戦へ。

戦闘
クエイカーワーム、ワームブルード×3
まずはマジカルヒールで回復やアシストで支援をするワームブルードから倒してしまおう。HPはそれほど高くないが、序盤の場合は回復されると厄介なのでフラッシュファイアなどの全体攻撃や強力な単体技を使って倒していこう。クエイカーワームは全体攻撃の地震や振動波を使用してくるので、戦闘を長引かせないように連携で一気に倒してしまうのが安全。地震は「ジェットブーツ」や自然洞窟で手に入る「飛天の鎧」で無効化できるので持っていたら装備させておくと良い。
入手
術酒、飛天の鎧、300クレジット、500クレジット、星屑のマント、200クレジット
 


■勝利のルーン
1. シュライクにある武王の古墳に行く
シュライク到着後、左下のマップから武王の古墳に入れる。
勝利のルーン入手前に古墳内に入ってすぐ左の通路を進むとルーファスがいる。

仲間
ルーファス
勝利のルーン入手前に古墳内に入ってすぐ左の通路を進むとルーファスがおり、話しかけると仲間にできる。
TIPS
武王の古墳にある大小2つの宝箱について
ルーファスがいる部屋のすぐ左の部屋には大小2つの宝箱があるが、両方敵が出現するので注意。
ランダムで出現する敵によって入手できるアイテムが変化する。詳細は別項を参照

2. ルーンのある場所へ
古墳内に入って右手の通路を進み、「DANGER」の警告を無視して入る。刀が入手できる部屋は左の階段を降りるか右の道へ進むか分岐している。ルーンがある場所は左の階段だが、右へ進むとブラッドチャリスや500クレジットなどを入手できるので欲しければ右に進もう。

入手
シャドウダガー、刀、200クレジット、ブラッドチャリス、500クレジット

3. 武王の玄室へ
ルーンは武王の玄室にある。玄室の手前には大量のモンスターが固まっているので少し誘い出すことで戦闘回数を減らせる。玄室に入って進むとボス戦へ。

戦闘
スカルラドン
1ターン目は骨状態でダメージを与えられないのでWPやJPは温存しよう。2ターン目からスカルラドンが姿を現すので全力で攻撃していくと良い。「火炎」や「尾撃」などの範囲攻撃があるものの、HPはそれほど高くないので速攻で倒してしまうのが安全。

なお、骨状態でも一度に100000ダメージ以上与えると倒すことは一応可能。
 


■活力のルーン

条件
ルーンの石が1つ以上

1. クーロンからシップに乗るとタンザーへ
条件を満たしてクーロンからシップに乗ると強制的にタンザーへ連れて行かれる。そのため、ルーンを1つ入手する前に装備などの準備はしておきたい。
タンザーに入ると盗賊団が現れるが、ブルーの場合は戦闘にならない。

TIPS
リージョン移動で脱出すると
タンザーからリージョン移動で脱出した場合、タンザー自体は行き先登録されないが、クーロンから1ページ目の行き先のシップに乗ることで再びタンザーに戻ることが可能(2ページ目は通常の行き先になる)。
1ページ目の行き先がリージョン移動未登録の場合、リージョン移動でドゥヴァンルミナスに飛んでから行くか、クーロンからシップでシンロウを経由すれば行くことができる。
TIPS
印術イベント強制終了
タンザーからリージョン移動で脱出後、ドゥヴァンの広場にいる2人並んだ占い師の左の方(印術について教えてくれるお爺さん)に話しかけると小石を捨てるイベントが発生し、この場合は印術の資質は得られないがイベントがクリア扱いになるため、陽術か陰術の資質イベントを完了していると空術と時術の挑戦権のフラグを満たすことができる。こちらを狙う際に勘違いしやすいが、テントの中にいる印術の店の人ではなく、外の広場で机を並べている2人のお爺さん占い師の左の方と話すので間違えないよう注意。
印術の資質は後述のルージュとの対決時に改めて得られるため、こちらを使うと非常に素早くストーリーを進めることが可能。ただし、ルージュとの対決に備えて店売りの印術は買っておいた方がよい。

2. フェイオンについていく
フェイオンに話しかけて、フェイオンのアジトに行く。フェイオンについていくと道中の雑魚シンボルを減らしてくれる。

3. アジトでフェイオンと話す
アジトでフェイオンに再度話しかけると、ルーンまでの道のりの要所への案内を引き受けてくれる。ブルーの場合はフェイオンは仲間にならない。
フェイオンに話しかけず無視して自力でスライムプールへ向かうこともできるが、フェイオンが案内してくれれば、分岐で案内がある上に道中の敵シンボルの数が減るので無駄な戦闘を省ける。

4. スライムプールへ
タンザーは一方通行の道が多く、移動した場所がわかりづらい。非常に迷ってしまいやすいのでフェイオンの案内通りに進んでいこう。細い滑り台のような枝分かれした通路にでたら下まで滑り降りて横穴に入る→左の滑り台を降りてすぐ右側の段差を飛び降りる→カーブした滑り台の所へ行くとルーンがあるスライムプールへと行ける。

戦闘
スライム特大、スライム大×3
奥にある活力のルーンに「触れる」を使うと勝利。メカやモンスターは「触れる」ことができないので、ヒューマンや妖魔のキャラクターを多めに編成していくと良い。

毎ターンスライムが1~2体復活するので、フラッシュファイアや烈風剣のような全体攻撃があると楽になる。全体攻撃がない場合はスライム大を倒しつつ奥にいるスライム特大を狙っていこう。スライム大とスライム特大を同時に倒してしまえば、キャラの位置によっては解放のルーンをターゲットできるようになる。
仲間
スライム
活力のルーン入手後、会話無しでスライムが自動的にパーティに加わる。
 


■解放のルーン

条件
ルーンの石が3つある状態 or パーティにルーファスがいる場合

1. クーロンのイタメシ屋前にいるアニーに話しかけてディスペアに行く
赤外線センサーの部屋が厄介なので、事前にクーロンのイタメシ屋から左にある頭装備を販売している防具屋で「赤外線スコープ」(250クレジット)を購入しておくと楽。

仲間
アニー
条件を満たしてアニーに話しかけるとパーティに加わり、ディスペアに直行する。
ディスペアからリージョン移動を使うとアニーを連れ回せる。ディスペア自体は行き先登録されないため、再び行きたい場合はもう一度路地のアニーに話しかけること。

2. ルーンがある場所へ
ディスペアのマップは複雑な迷路のようになっているので迷いやすい。入ってすぐにアニーが道案内してくれるのでアニーに従って進んでもいいが、入口すぐの緑色の矢印が書かれたダストシュートからゴミ集積場に行き、そこからすぐ左のハシゴを降りて道なりに進むのがわかりやすい。

ルーンの間までの道順

1
スタート地点から入ってすぐのハシゴへアニーが誘導しようとするがこれを無視し、さらに右にあるダストシュートの扉を調べ、ゴミ収集場に落ちる。
2
ゴミ収集場からは先に進むかアイテムを取りに行くかの分岐になる。
アイテムが不要な場合はそのまま③番へ。
アイテムを取りに行く場合、右下から出て廊下を左上に進み、扉に入ってエレベーターに乗ると「シェルガード」を回収できる。部屋を出て道なりに進み、上の扉に入るとロッカールームに辿り着く(一方通行)。ロッカールームは入り口から右に進むことでも行けるが、こちらの方が手間が少ない。
ロッカールームでは「ハンドバズーカ」を入手できるが、直後に警備員が現れるためロッカーを調べて中に入りやり過ごすこと。見つかった場合は通常よりランクが高いヒューマン系と戦闘になる。
ロッカールームを出たら再びダストシュートに落ちて先に進めばよい。
3
ゴミ収集場の部屋の左上隅にあるハシゴから下に降り、道なりに進む。
4
飛び降りるとコンベアと鳥系シンボルがいる場所に出る。コンベアに乗るとエレベーターの部屋まで戻され(一方通行)、②番からやり直しになるので無視すること。
左に進むと下り階段があるので降りる。
5
階段を降りて赤外線センサーの部屋へ。センサーに触れると通常よりランクが高いメカ系モンスターと戦闘になる。センサーは「赤外線スコープ」を所持していないと見れない(装備は不要)。
赤外線スコープを持っていない場合は自力で突破する必要があるが、この場合も0~1回の戦闘のみで突破できる必勝法がある(後述)。
6
道なりに奥へ進む。
TIPS
アニーの案内に従った場合
ディスペアに入ってすぐ、アニーが「こっちよ」とハシゴルートに誘導する。
これに従った場合、食堂の上のパイプを進む→パイプの中では上側を進む→円形の部屋でハシゴを登る→アニーの案内で下側へ降りてエレベーターとコンベアのある部屋へ行くことになる。
しかしコンベアは逆走できないため、結局は部屋を出てゴミ収集場まで行かなければならず、単に遠回りなだけとなってしまう。
最初にこのルートで来てしまった場合は、一旦エレベーターに乗ってシェルガードを取り、ロッカールームに戻ったらダストシュートに落ちて③番から進むといいだろう。
TIPS
赤外線スコープを持っていない場合
赤外線センサーのパターンは全3種類からランダムに選ばれる。
パターンセンサー配置
パターン①┌─┰──┐
╵┏┛╻╺┙
╷╹╻┗━┑
└─┸──┘
パターン②┌─┰──┐
╵╻╹╻┏┙
╷┃╺┫╹╷
└┸─┸─┘
パターン③┌┰┰──┐
╵╹┃╺┓╵
╷╻┗╸┗┑
└┸───┘
以下の手順を使うことで最低1回の戦闘でパターンを確定可能。
1. 入口から上→右に進み、センサーが反応したらパターン③で確定。
2 .そこから下に進み、センサーが反応したらパターン①、しなかったら②で確定。
入手
シェルガード、ハンドバズーカ

3. ルーンの間へ
ルーンの間のすぐ手前でボス戦へ。

戦闘
ニドヘッグ
音波範囲攻撃のスクリームが強力。音波耐性がある場合は問題ないが、最初のほうは使用してこないので強力な術技で早めに倒してしまいたい。両手を激しく動かした後に使用する「百足蹂躙」は全体に100ダメージ固定を与えてくる技なので恐れるほどではない。
 

4つのルーンの石を全て入手するか、タンザー脱出後に小石を捨てているとイベント完了扱いとなる。
なお、事前にブルーが秘術を購入していたり小石を捨てた場合は印術の資質を得られないが、この場合はルージュとの対決後に印術の資質も得られるようになるため問題ない。

時術と空術

陽術or陰術、秘術or印術の2種類の術の資質イベントを終えていると、時術/空術のイベントが発生するようになる。
発生条件はあくまで各イベントの完了であり、ブルー自身が資質を得る必要はないため、陽術or陰術を代理受験させて印術を強制終了すると開始数分でここに辿り着くことも可能。

このシナリオをクリアすると自動的に次のシナリオに進むので、陽術/陰術、秘術/印術の資質に関わるキャラクターを仲間にしたい場合や仲間に資質を獲得させたい場合はこのイベントの前にやる必要がある。

時術か空術の資質を選ぶ
ブルー編ではどちらを選んでも問題ない。どちらで戦うボスも魔術「サイキックプリズン」さえあれば強力な術を封じれるので難易度的にはそこまで変わらない。ルージュとの対決では時術のほうがやや楽に戦えるので、迷った場合は時術を選んでみよう。
なお、ボスと戦う直前までは2つのイベントを同時進行可能なため、時術ルートを途中まで進めてファシナトゥールや時間妖魔のリージョンに行けるようにした状態で、改めて空術ルートに途中変更するということも可能。この場合は時術ルートの貴重なアイテム入手や時間妖魔のリージョンでの稼ぎを行いつつ麒麟に挑むことができるため、妖魔に麒麟を憑依したい場合等に有効。

時術の資質を手に入れろ
サブシナリオ「時術」も参照。
他の主人公の進行ルートとほぼ同じであるが「時の君」を倒すイベントとなる。

1. クーロンからムスペルニブルへ行く
ムスペルニブルに着いたらまっすぐ右上を進むとヴァジュイールの所へ行ける。
左右の部屋はブルー編では入れないため無視していい。

2. ヴァジュイールから時術の話を聞いて時間妖魔のリージョンへ
条件を満たした状態で「時術について聞きたい」を選ぶと時間妖魔のリージョンに飛ばされる。
このリージョン内ではアイテム欄が開けず、リージョン移動が使えない。行き先の登録もされない。

3. 壊れた砂時計からこぼれ落ちた砂を調べる
時間妖魔のリージョンではまだ時が止まっているため、敵シンボルとの戦闘は発生しない。
奥に大きな砂時計があるため、下のほうの割れ目からこぼれた砂を調べよう。

4. 入口からムスペルニブルへ戻る

5. ヴァジュイールから再び話を聞いてファシナトゥールへ
話を聞いた後にファシナトゥールの焼却炉前にワープさせられる。
シップの移動ではないが、ここでリージョン移動にファシナトゥールが登録される。

6. ファシナトゥールのゴサルスから砂の器を購入する
ゴサルスは根っこの町の中央の家の中にいる。砂の器の購入代金は主人公の最大LP1。引き継ぎで持っている砂の器(アクセサリー)は既に中身入りのためイベント条件を満たせず、毎回新たに空の砂の器(瓶アイコンのアイテム)を購入する必要があるので注意。
他にもいくつかアイテムを購入できるが、いずれも最大LPが減ってしまうので注意。強力な剣である幻魔はオススメだが、LPが3も減ってしまうのがネック。リマスター版ではアセルス編等で引き継ぎを使えば簡単に量産可能なので、もし不安なら無理して購入する必要はない。
特にブルーは最大LPが7しかないため、全てのアイテムを購入できない。砂の器以外の3つを全て購入してしまうと以降は時術イベントを進められなくなり、空術イベントに切り替えるしかなくなるため注意。

また、ファシナトゥールでは妖術も購入できる。妖魔とアセルス以外は資質を得られないため、新規入手できるのはこの機会のみ。

TIPS
可能な限り術を集めたい場合
可能な限り術を集めたい場合はこのタイミングで魔術を捨てて妖術を購入しておく必要があり、さらにルージュとの対決にも勝利しなければならない。時の君のオーヴァドライヴや麒麟のリバースグラビティを止められないので難易度は高く、ゲームに慣れた人向け。

一方、リマスター版ではNEW GAME+を利用すれば合体後に魔術を捨てて妖術を買って引き継ぐことで次周から魔術が復活し両方持ちが出来るようにもなったため、後者の方法ではラストダンジョンで魔術が使えなくなるがこの周回内での両方持ちを諦めて次周に廻すという手もある。

7. ファシナトゥールから脱出する
町の左上の酒場にいる男に話しかけた後、下の家からファシナトゥール深底の洞窟を抜けるとシップに乗ってクーロンへ脱出できる(一方通行)。
もしくはリージョン移動でも脱出でき、ブルー編ではこちらの方が手軽。脱出後にリージョン移動で再度訪れることも可能。

8. ヴァジュイールの所に戻って時間妖魔のリージョンへ

9 砂時計の砂を再び調べる
砂の器に砂が集まる。

10. 砂時計の上から砂を注ぐ
これ以降はリージョン内の時が動き出し、配置された敵シンボルと戦えるようになる。
また、アイテム「砂の器」が同名のアクセサリー「砂の器」に変化し、装備できるようになる。

このリージョンの敵は固定敵扱いで、戦闘しても敵ランクが上昇しない。育成に有用な敵(稼ぎ情報を参照)も多く存在するが、ブルー編では時術か空術のイベント終了後はこのリージョンに二度と入れなくなってしまうため、必要なら今のうちに利用しておくといい。
出現する敵は時間妖魔のリージョンを参照。
なお、空術ルートの方を進めたい場合も事前に時術ルートをここまで進行しておけば、このリージョンで稼ぎを行いつつルートを切り替えて麒麟に挑めるのでオススメ。

11. 奥の跳ね橋を下ろして時の君を倒す
時の君に話しかけると戦闘へ。

戦闘
時の君
最初のターンには「硝子の盾」を使用してくるので、銃や術を使って処理するのが安全。その後はブルーの魔術「サイキックプリズン」を使って、HPが半分になると使用する時の君の「オーヴァドライヴ」→「カオスストリーム」連発を防ごう。サイキックプリズンで術さえ封じていれば楽になるが、術以外にも単体攻撃の「ポイゾナスブロウ」「流砂」「サイネット」「強打」を使用してくるので油断しないように。特に流砂は一発全滅も有り得る威力。

時の君を倒すと時術の資質を受け継ぎ、全ての時術を自動修得する。
このリージョンから出た直後にルージュとの対決になるため、準備を整えてから外に出よう。

空術の資質を手に入れろ
サブシナリオ「空術」も参照。
他の主人公の進行ルートとほぼ同じであるが「麒麟」を倒すイベントとなる。

1. ドゥヴァンの神社にいる巫女に話しかける
ドゥヴァンの神社は広場から右へ進み、長い階段を登った先にある。
条件を満たした状態で「術について聞きたい」→「空術について聞く」を選ぶと麒麟の空間へ移動する。
このリージョンはリージョン移動の行き先に登録されない(開くと代わりに「ネルソン」が表示される)。

2. 麒麟に話しかける
麒麟に話しかけて「よろしい、来なさい」で迷宮へ飛ばされる。
なお、ここで断った場合はマンハッタンのショッピングモールへ飛ばされてしまう。

3. 迷宮を進む
迷宮での手順は以下の通り。

1
スタート地点から道なりに右上へ進んで扉に入り、出たら左上に進んで扉に入る
2
上下左右に扉がある場所(青)を上→左に出て、鍵を手に入れる
3
上下左右に扉がある場所(青)を1つ下に戻り、左へ出る
4
道なりに左上へ進んで扉に入り、今度は右上に進んで鍵で扉を開け、逆さま状態に
5
逆さま状態で来た道を戻り、道なりに進んで行くと元の状態に戻れるので、ツボを調べて小さくなる
6
左上の小さい扉に入り、道なりに進んで右の小さい扉に入る
7
上下左右に扉がある場所(紫)を左→下に出て、スイッチを操作する
8
上下左右に扉がある場所(紫)を1つ右に戻り、下に出る
9
下に進んで小さい扉に入り、コーヒーカップに乗って進むとゴールへ

4. 麒麟を倒す
麒麟に話しかけると戦闘へ。

戦闘
麒麟
全体攻撃のリバースグラビティや聖歌が厄介。音波耐性で聖歌さえ無効化できれば、サイキックプリズンでリバースグラビティを始めとした空術を防げるので楽になる。また、麒麟は妖魔武具に憑依させた時の能力値ボーナスがいいので、妖魔を使っているなら小手などに憑依させると良い。

麒麟を倒すと空術の資質を受け継ぎ、全ての空術を自動修得する。
麒麟を倒した直後は一時的にアイテム欄が開けなくなり、リージョン移動が使えなくなる。
麒麟の部屋から出た直後にルージュとの対決になるため、準備を整えてから外に出よう。

TIPS
麒麟撃破後の会話イベント
麒麟を倒して外に出た後、女性メンバーがいると会話イベントが発生する。いないとブルーの独り言のみ。
因みにセリフを言うのは最初に仲間にした女性メンバー(候補はメイレン、アニー、ライザ、エミリア、メサルティム)なので、加入順を調整すれば好きなキャラクターに言わせることも可能。

決戦ルージュ

1. ルージュと戦闘
時術か空術の資質を得てそのリージョンから出るとルージュと戦闘になる。

戦闘
ルージュ
ルージュのHPなどの能力値はブルーと同じだが、LPは7で固定。この戦闘ではHPが0になってもLPを1失った後に自動的に「リヴァイヴァ」が発動して復活するため、どちらかのLPが0になるまで戦闘が続く。また、毎ターン特定の術の空間となり、その術以外の術のダメージが大幅に減少するようになっている。
ブルー・ルージュ双方とも、先攻の攻撃でHPが0になった場合、そのターンはやられポーズのまま行動できなくなる。なお、ルージュのグラフィックは味方版とは異なり顔に影がかかっており目元を見ることが出来ない。また、気絶ポーズが無くダメージを受けるポーズを繰り返すものとなっている。

倒し方はHPの育成状況次第だが、陽術「超風」や魔術「ヴァーミリオンサンズ」などの威力が高く一撃で倒せる術を使うと良い。また、こちらのHP回復用に陽術「スターライトヒール」、陰術「パワースナッチ」、印術「活力のルーン」のいずれかも用意しておくとなお良い。
時術を修得しているなら「オーヴァドライヴ」から「カオスストリーム」や「時間蝕」を連発すると終了後に「時術空間」でJPが全回復して再度連発できるため楽。
空術を修得している場合、ルージュの「時間蝕」(石化効果)対策で出来れば印術の「解放のルーン」と「活力のルーン」を掛けておきたいが、秘術の場合は「盾」と気休めの「魔術師」ぐらいしか使えないため少々心許ない。下準備後、空術「リバースグラビティ」を使えば「空術空間」になるため連発で威力が上がるが、JP切れに注意。JPが尽きそうになったら「ヴェイパーブラスト」で頑張ろう。
また、術対決という触れ込みだが別に術を必ず使う必要は一切なく、銃技を修得している場合に「早撃ち」で先制を取りつつ「跳弾」などで倒すというのも手。ルージュ側もキックや精霊石を使ってくる。
なお、ブルーはルージュから石化させられる可能性はあるが、逆にルージュは何故かこの戦いのみ石化をはじめ各種状態異常耐性を持っているためブルーが「時間蝕」を使っても石化させることはできないので注意。

・空間の順番
魔→陽→心→秘→命→妖→陰→邪→印→幻
例外として空術と時術は使った後はその術の空間となり、さらに時術の場合はJPが全回復する。
幻術はブルーの術としては使えないが、「ルーンソード」+「停滞のルーン」で使える「コカトリス」、「シルバースプレッド」+「愚者」で使える「銀牙」が該当する。使用不可な邪術&命術、攻撃術の無い印術、まだ生命波動を覚えていない場合の心術では双方ともに攻撃力が下がる空間となる。

・ルージュが使う術
ルージュが使ってくる術は魔術を除いてブルーの修得状況に応じて変化するが、シナリオとは裏腹にブルーがどの資質を取ったかは無関係で、現在のブルーが陽術・秘術・空術をそれぞれ1つでも覚えているかいないかで分岐し、ブルーがそれぞれ1つでも修得しているとその反対の術の各系統を使ってくる。
例えばブルーが陽術・陰術どちらの資質を取っていたとしても、陽術を全く覚えていないとルージュは陽術を、陽術を1つでも修得しているとルージュは相反する陰術を使ってくる。
この仕様により、2周目以降でどちらの系統も両方持ちしている場合はルージュの使う術が陰術・印術・時術に固定されることになる。

使う術は各系統毎に2種類ずつで固定。
魔術:エナジーチェーン、サイキックプリズン
陽術:太陽光線、フラッシュファイア
陰術:パワースナッチ、ダークスフィア
秘術:剣、塔
印術:活力のルーン、魂のルーン(ペナルティのLP減少はなし)
空術:ヴェイパーブラスト、リバースグラビティ
時術:時間蝕、オーヴァドライヴ
その他:キック、精霊石

この戦いは敗北してもゲームオーバーにならず、勝敗によって結果が異なる。

■ブルーが勝利した場合
ルージュのLPを削り切った場合、ルージュがブルーに吸収される。
こちらの場合、主人公はブルーのまま継続


■ブルーが敗北した場合
ブルーがLPを全て失うか石化させられた場合、ブルーがルージュに吸収される。
こちらの場合、以降は主人公がルージュに交代する。

いずれもその後の展開はほぼ共通だが、どちらが勝ち残ったかで合体後の変化が一部異なる。

 
合体後の変化について

2. マジックキングダムへ
リマスター版では双子対決直後にルージュのアイキャッチが追加されている。
その後、自動でリージョン移動の画面が開くが、すぐにマジックキングダムへ向かう必要はない。
いつでもリージョン移動で行けるため、準備を整えてからマジックキングダムに向かおう。
なお、シップ発着場でマジックキングダム行きを選んでも「発着場が破壊され使用不能」と言われるためシップでは行けない。
また、決戦直後の自動リージョン移動は旧版ではマジックキングダムにカーソルが合っていたが、リマスター版では何故かシュライクになっている。

また、このタイミングよりで「心術の資質」イベントが任意で行えるようになる。
マジックキングダムに行く前に京へ寄って忘れず資質を取っておくと良い。

マジックキングダム(崩壊後)

1. マジックキングダムで戦闘
リージョン移動でマジックキングダムに行くと崩壊しており、ショップ等の利用は不可能。
マジックキングダムの奥へは不死族のシンボルを倒さないと進めない。
この不死族シンボルは現在のランク+2の敵が出現する。

2. マジックキングダムの地下へ
崩壊後のマジックキングダムではマップの左上にあるパイプに登ったら、奥にある細いパイプを伝って下の穴に降りていける。

3. 三女神の腕輪を入手する
三女神の像のマップの右側から下に降りていくと巨人系のシンボルが台座を守っている。
巨人の敵を倒して台座で3つ光っているものを手順通りに調べると三女神の腕輪を入手できる。その手順はブルーであるなら左→右→中、ルージュなら右→左→中と調べよう。間違えると戦闘になる。

TIPS
光の順序の詳細
順番のヒントは地下の倒壊した建物から入れるピラミッドのような小部屋の中にあり、台座を裏側から調べると「御名無き三女神、慈愛と叡知と魔力の神」という言葉と「末妹【慈愛】」「次姉【叡知】」「長姉【魔力】」の場所が表示され、「末妹→次姉→長姉」の順に調べれば良いということが分かる。ただし、このヒントを見られる場所自体が非常に分かりづらい。
間違って先に長姉(中央)を調べるとサイレン、次姉(ブルーは右、ルージュは左)だとラミアとの戦いになる。

ちなみにこの時が貴重な現在の敵ランクに応じた魔法生命系 / 巨人系モンスターとの戦闘の機会。腕輪を取らない限り、画面を切り替える度にリスポーンする。
しかしこのシンボルもまた現在のランク+2の敵が出現する。
モンスターのレア能力「ぶちかまし」や、グリランドリー稼ぎ、メタルチャリオット憑依などを狙うときは注意。

入手
三女神の腕輪

4. 三女神の像を下から調べて新生児処理施設へ
三女神の腕輪を持っていると女神像の中に入れるようになるが、女神像は上からでは反応しないため、ストーリーの自然な流れでは一度奥まで進んで話を聞いてから引き返すという形になる。素早く進めたい場合は女神像の胸を少し進んでから戻るという手順でいきなり進行できる。

5. 新生児処理施設で強制戦闘後、2人に話しかける
獣系・植物系・昆虫系のいずれかと強制戦闘になる。
戦闘後、男女に話しかける順序でセリフの内容が少し変わるが、流れ自体は同じ。

なお、シナリオチャートは戦闘直後の時点で更新されるが、2人の両方に話しかけないとイベントが進行しないため、話しかける前にうっかりリージョン移動で脱出しないよう注意。話す前に脱出すると再び女神像の中の戦闘からやり直しになる。

6. 地獄へ向かう
三女神の像の下のマップから左奥へ進み地獄へ向かう。地獄へ行くとリージョン移動も使えなくなって戻れなくなるので準備を整えてから向かおう。

入手
結界石(地獄突入時にリージョン移動と引き換えに1個入手)

地獄の君主との対決

1. 地獄を進む
地獄での戦闘は秘術「愚者」が常時発動しており、敵味方問わずダメージが1/4になる。こちらも「愚者」を使うと解除できるが、「愚者」に拘らなくても術などでダメージを与えることでも解除されるので、手っ取り早く戦闘を終わらせたいなら最初に術で攻撃すると良い。
地獄からは戻れないが入り口が回復ポイントになっているため、消耗しすぎてしまったらスタート地点に戻ろう。

道中の宝箱の1つは固定敵のミミックで、武王の古墳に出てくる個体と同じく戦闘開始直後にショックを使用してくるため注意。
途中の小部屋で宝箱を守る固定敵はドラゴンウォーロードで、「ディフレクト」や「かすみ青眼」を使用する強敵となっているので注意して挑もう。倒した先の宝箱は旧版ではブラッドチャリスだったが、リマスター版(厳密には海外版から)では竜鱗の剣が入手できる。一方、旧版でウィンドシェルが入っていた宝箱の方にブラッドチャリスが入っているため、リマスター版では地獄でウィンドシェルが入手できなくなっている。

入手
結界石、ブラッドチャリス(※旧版ではウィンドシェル)、最高傷薬、竜鱗の剣(※旧版ではブラッドチャリス)

2. 地獄の奥へ
地獄の奥でラスボス戦へ。

戦闘
地獄の君主
事前にブルーorルージュ(以下、ブルージュで統一)もしくは回復役に三女神の腕輪などを装備させてマヒ無効にしておくと生存率が上がる。他には熱、冷気、電撃に耐性のある防具を装備させておくと良い。ブルージュの術は超風、オーヴァドライヴ、リヴァイヴァ、魂のルーン、シャドウサーバントあたりは入れておこう。

ボス戦でも「愚者」の効果は出ているが、ボスが使う全体攻撃の「七支刀」は愚者の影響を受けないため非常に厄介となる。「七支刀」は400前後のダメージを受けるのでHPは全員450程度まであると戦いやすくなる。開幕の行動パターンはある程度決まっているが、2ターン連続で「七支刀」というパターンもあるので注意しよう。

地獄の君主は「人型」と「龍型」の形態を繰り返し変化させる。ダメージを与えるか、人型の時に3ターン経過すると形態が変化。「人型」の時は「愚者」が自動発動するが、「龍型」の時には逆に自動で解除される。「人型」の時は七支刀や状態異常攻撃を多用してくるが、「龍型」の時は各種ブレスによる属性攻撃を多用してくる。どちらの形態も厄介なので、形態を変化させるために無理にダメージを与えるよりはしっかりHPを回復しつつ戦うほうが安定する。

ある程度ダメージを与えるか、ブルージュの残りLPが減ってきたりピンチになったらオーヴァドライヴ→魂のルーン→シャドウサーバント→超風×5でトドメを刺しにいくと良い。

■どうしても勝てない場合
事前に上記のセットに加え「停滞のルーン」をセットしておく(可能ならダークスフィアも)。
オーヴァドライヴ→魂のルーン→シャドウサーバント→超風×4→停滞のルーン→固まったブルージュに杯か万能油で硬化を解除。これでブルージュが8回行動できるようになる。オーヴァドライヴ中はWPやJPを消費しないので繰り返すことで簡単に倒すことができる。
万能油はクーロンの薬屋で購入出来る他、ヌサカーンがいれば杯を使えるが、杯や万能油がない場合やブルージュがソロの場合でもでもターン数経過で停滞のルーンの硬化が解けるので、ブルージュ1人で繰り返してもいいし、リヴァイヴァを味方にかけて硬化が解けるまで他キャラクターで戦い、硬化が解けたらサクリファイスなどで回復しつつ繰り返すなどの方法でも良い。
なお、地獄の君主がまだ硬化中にブルージュが再びオーヴァドライヴを使う場合、ダークスフィアを使えば硬化を解除しつつそのまま攻撃できる。再び停滞で固めてしまえばハメることも可能。
実はオーヴァドライヴの締めに使うのは停滞のルーンの代わりに「万能油」でもいい。事前に万能油を多めに用意し、ブルージュに「バックパック」を装備させておくこと。こちらは君主を固めないため展開がスピーディになるが、アイテムを多く消費する点や、仲間がバフを掛けるターンが無くなる点には注意。

3. エンディング

エンディングに関するネタバレ

クリア後の詳細はクリア後についてへ。

コメント

コメントはありません。 コメント/ブルーのシナリオ


コメント
利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください