スポンサーリンク

魂合わせ

目次

魂合わせについて

鍛冶屋で行える装備の強化方法。
ベースに選んだ装備品のレベルを、素材に選んだ装備品のレベルまで引き上げる。
ベースの愛用度は0になるほか、元々(入手時のレベル。現在レベルではない)のレベルから一定以上は上昇しない。
レベル上限は元々のレベル+50。

素材は消滅してしまう為、基本的にはレベルの低い装備品を長く使う為のシステム。
また素材の希少度もベースの等級以上でなければならない。

ベースに刀、素材も刀といった具合に「同じ種類」だと金額が安くなる。
また同名の装備品だと更に金額が安くなる。
金額はレベルが離れると高額になり、レベルが大きく離れると桁違いの額となる。
必要金額はベースの元々のレベルが基準となっており、少しずつ魂合わせで上げようとしても
結局は途中から桁違いの金額を請求されるようになる。

妖属性の武器は魂代を素材にする事が可能。
妖力や妖力加算量などの、元々武器にはつかない特殊効果を継承させることもできる。

継承

装備品の特殊効果には、灰色の矢印のアイコン(「▷」の様なもの)が付いている場合がある。
これは継承アイコンであり、愛用度を最大にして魂合わせの素材に指定する事で、
ベースの装備に継承アイコンのついた特殊効果を引き継ぐことが出来る。
ただしいくつか法則があり、慣れないうちはどうして継承出来ないのか悩む程度には制約も多い。

 ①ベースにも継承アイコンの特殊効果がある場合、その効果を上書きする。
 ②別の欄に同系統の効果の特殊効果がある場合、特殊効果の継承は出来ない。

継承出来ない場合、②の制約に引っかかっている場合がほとんど。
焼き直しで系統の被っている効果を変更すれば問題はなくなるだろう。

移植

オレンジ色のアイコンが付いたものは移植アイコン。
移植に必要な条件は継承と同じなので省略。
ただし継承とは異なり、素材の継承アイコンの付いた効果を上書きする事なく、文字通り移植できる。
継承と違い移植実施後はマークも消え枠が増えた状態となる。
そのため移植後の特殊効果は、継承した能力と異なり焼き直しすることもできる。
枠が埋まっている場合でも、R2ボタンで上書き先を選択する事ができる。
上書き先は継承アイコンの場合でも可能で、継承アイコンを残したままで移植できる。

+値の増加

希少度が最上大名物以上の装備品は、入手時に+値がついていることがある。
+1毎にレベル10分の能力上昇効果があるため、同レベルの装備品でも+値が高い方が有利となる。
+値の上限は10。DLC1「牛若戦記」購入時は20。
この+値も魂合わせにより増加させることが可能。
増加条件は「素材の+値がベースの+値以上」である事。
ただし一度の魂合わせによる増加値は1が上限。
極端な例だが、ベースが+1、素材が+10で魂合わせしても、ベースの+値は2になるだけなので注意。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 質問です。
    紫の武器・防具についている+値を神器(緑)につけることはできないのでしょうか?頑張って紫の+値あげたんですが2週目に入って同じ武器の神器がでました…
    2020-08-11 (火) 10:34:02 [ID:KBZnQMh0qCA]
    • 出来ませんね
      緑レアを集める段階になると紫以下は一切意味をなさなくなります。
      厳選は2周目以降推奨
      2020-08-23 (日) 22:03:55 [ID:d7uxK9A/JGU]
  • この魂合わせの同種、同名って神器だけだよね。そこ明記しといた方がいいかも(紫でならなくてめっちゃ困惑してた人)
    2020-09-14 (月) 10:00:24 [ID:FuZw80W3klk]

コメント
利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください