Top > クリア後について

スポンサーリンク

クリア後について

クリアデータについて

2周目以降のプレイ

後日談

エンドロールにて、バトル参加回数上位15人(主人公のぞく)の後日談が語られる。
以下ネタバレ注意。

キャラクター後日談
ウルピナユラニウス家の天然お嬢さまは、レオナルドに感化されたのか、すっかりガラが悪くなり、ユラニウス家の人々を嘆かせているという。
レオナルドヤクサルト辺境州に戻り、地主の娘と結婚。地域を牛耳る顔役になったらしい。独特のセンスは相変わらずで、周囲の人間を困らせたり、笑わせたりしているようだ。
タリアテルミナの焼き物のお姉さんは、レオナルドに感化されたのか、それまでとは全く違った作風の作品を作っては周囲の人々を呆れさせているらしい。
バルマンテコハン城の処刑人のオッサンは、レオナルドに影響されたのか、その髪型と格好をすっかり変えてしまったという。そのせいで、誰もバルマンテをバルマンテだと分からないらしい。
アーサー・ダールトンコハン城の役人を辞めた後、ヤンヨウジ家に入り込み、家宰としてヤンヨウジ家を牛耳った。常に四将軍家の末席に甘んじていたヤンヨウジ家を引き上げたのはアーサーの力だ。だが、大戦を引き起こした一方の主役だとも言われていてる。
(末尾の「言われていてる」は「言われている」の表記ミスと思われる)
アイザックコハン城のグループがアーサーから見捨てられた後、ようやく彼はアーサーから自由になった。アーサーに代わってコハン城の裏の世界を取り仕切るようになっていった。
アスラナ・メレク天才彫刻家として、各地に作品を残した。完璧主義のため、たびたび自分の作品を破壊して、依頼主とのトラブルが発生した。最後の作品はアスワカンにあるという。
アングル海上騎士団に対抗する自由船団のリーダーとしてイルフィー海に名を馳せた。貿易で蓄えた財宝はイルフィー海のどこかに隠されているという。
アントニウスユラニウス家の跡を継ぎ、現実路線を展開。ロニクム州での地盤を固め、父の死後、シルミウム王国を建て、王位に就いた。その版図は、ユシタニア州とビキニロ辺境州全域に広がった。
イグナシウス実はユラニウス家の血を引くこの男は、正体を隠したまま船小屋の主としての生活を続けた。大戦が始まる頃には既に老齢だったが、ユラニウス家のために戦った。
イレーネファイアブリンガー戦の後、ハダシュトに戻ると男の子を産んだ。英才教育を施し、長兄、次兄を追い出して当主の座に据えた。このイラクリオス家の内紛が大戦の直接の原因となった。
ヴィクトリアファイアブリンガー戦の後、エルワカンに帰り、まもなく星に召された。名付け親のミケイロス帝と同じ体験が出来たことは、最後まで彼女の誇りであった。その死後、東帝国はエルワカン王国と名を改めた。
エリザベート「緋の欠片」を巡る冒険の後、幸せな結婚をし、三男三女を儲けた。大地主アダムズ家のビッグマザーとして、ヤクサルト辺境州では知らぬ者のいない存在で、いまだに彼女に頭が上がらない者が多い。
エリセドグウィネズ家とユラニウス家を結ぶ絆として生き続けた。だが、晩年に至り、何者かに心囚われ、静寂の杜に大精霊を呼び出してしまう。大戦に傷ついたグウィネズ家には、この災厄を防ぐ力は残されていなかった。
オーヴィル魔法に寄らない飛行機械の製作に一生を捧げた。諸国は、その価値に全く気が付かなかったので、その技術は広まらず、南東界外のジャングルの中に埋もれ、朽ち果てた。
オグニアナグルモン女王国には戻らず、ユラニウス家に仕えた。ユラニウス家がグルモンを滅ぼした後、その地を領地として与えられたが「そんな物が欲しかったわけじゃない!」とユラニウス家を離れた。
カーンファイアブリンガー戦の後も冒険者としての生活を続けた。東帝国が消滅し帰る場所が無くなったのかもしれない。彼の家には各地の遺跡や洞窟で手に入れた大量のトロフィーが飾られていたという。
ガブリエル「緋の欠片」を巡る冒険の後、巡礼を護る警護隊に入り活躍中。エリザベートとその家族を、秘かに守護し続けている。
キーガンレオナルドに救われた後、彼に感化されたのか、行動が少しおかしくなり、次の評議会議長選には落選してしまった。それでも後悔はしていないようで、「ゼーニャも大人にならないとな」と日々言い続けているようだ。
キャスパー「緋の欠片」を巡る冒険は、彼にとって掛けがえのない食の食べ歩きであった。その後も彼は食べ歩きを続け、キャスパーガイドという名著を残した。
グゥイネヴィア「緋の欠片」の冒険の後、いい所の後妻に納まった。エリザベートと共にマダム生活を満喫中である。
クミメリダ湾での海賊稼業に見切りをつけ、仲間と共にイルフィー海へと進出した。海上騎士団や自由船団と死闘を繰り広げた。海賊クミが来る!と言えば、泣く子も黙るという活躍ぶりだった。
クライサ彼女が本当に魔女だったのか、魔物だったのか、最後まで分からなかったし、彼女自身も明らかにすることはなかった。だが、テルミナ州には近づきたがらなかった所をみると、何かテルミナと関係があったのだろう。
グリフィンファイアブリンガー戦の後、武芸探求の道に戻った。あり得ない話だが、いまだに彼が稽古をしている姿を目撃する人がいるという。
クローバーコハン城のグループがアーサーから見捨てられた後、クローバーはケイ州を出た。やがて、両親の墓を掘り起こす彼女の姿が目撃された。それ以降、彼女を見た者はいない。
黒装束ファイアブリンガー戦の後、いつの間にか姿を消した。だが、ロニクム州では黒装束を見たという目撃談が絶えることはなかった。
ケンジ彼の隠れた才能は、ファイアブリンガーとの戦いの中で発揮されることはなかった。秘密は、その腹の中に隠され続け、誰も聞くことはなかった。まったく残念なことだ。
コリーンファイアブリンガーとの戦いの後、オウタイ亭に戻り、新しいお茶の流派を始めた。その大胆な作法は、お茶の世界の風景を一変させてしまうものだった。オウタイ亭はその中心として、隆盛を極めた。
サーシャ彼女が精霊そのものだったのか、精霊に憑かれた女だったのか、今となっては知る術もない。ただ、あちこちで変わった格好の女性を見たという目撃談は長く語られ続けた。
ジェローム「緋の欠片」を巡る冒険の後も、エリザベートのぱしり生活はまだ続いている。ベビーシッターから、子供の送り迎え。かばん持ちに荷物持ち。ボヤキながらも、やめられないでいる。
ジゼルファイアブリンガー戦後も戦乱が続く世の中で、歌と踊りで人々の心を慰めるべく旅を続けた。どの州でも圧倒的に人気があり、特に女性からの指示があることを終生誇りにし続けた。
ストルムィクネン彼がエイディルへの復讐を果たし得たのかどうかは分からない。ファイアブリンガー戦後も、各地の傭兵として活躍していたのは確かなようだ。大戦初期に老いた彼が戦いに参加していたという目撃談が残っている。
セシリア「緋の欠片」を巡る冒険の後、エリザベートに代わって悪ガキどもを仕切っていた。だが、それもすぐに卒業し、エリザベート同様に結婚をし、男の子四人の母になった。
ソクラテス戦いに目覚めた彼は、イルフィー海に戻ると海上騎士団の一員になった。故郷エディンポートを制圧すべく、何度も押し寄せたが、失敗を繰り返した。意図的に失敗していたのかもしれない。
ソロン奥義を求め南東界外で長い時を過ごした。大戦の勃発と共にシルミウムに戻り、最後までユラニウス家の為に戦い続けた。
大魔女ファイアブリンガー戦の後、「魔女は死んだ」と言い残し姿を消した。南東界外の洞窟にも、誰もいないという。
チアーゴ・リズボアゼーニャを制圧する試みは結局失敗に終わった。ユラニウス家の復興に伴い勢力が徐々に衰え、アントニウス二世に臣従した。その後、パルム城を出奔し、北東界外で開発事業に成功したらしい。
チチファイアブリンガー戦後、妖精の導きに従い、ムロスに帰った。彼女の昔話を聞くために、多くの人がムロスを訪れるようになり、語り部チチの名が広く知られるようになった。
ツィゴールアントニウス二世の守役に任ぜられ、二刀流習得の旅にも同行した。大戦中、文字通りアントニウス二世の盾となり、命を落とした。
ティシサックファイアブリンガー戦の後、新たな獲物を求めて西北界外を旅立っていった。昔の仲間たちの元に、時折便りがあるという。
ナシールユラニウス家では目立った活躍をすることもなかったが、息子と娘はアントニウス二世の下で大臣になり、父を喜ばせることになった。
ネヴァーン自分ではよく分かっていなかったが、本当に魔女だったようだ。才能が遅咲きだったため、力の制御が十分に成長せず、晩年まで周囲を巻き込む混乱を起こし続けた。
ネエファイアブリンガー戦後、正式にユラニウス家に仕え、勇猛なる獅子将軍として名を馳せた。だが、それは彼女の偽物で、本当の彼女はルーグ村で普通の暮らしをしていたという話もある。
ネッサしばらく後にユラニウス家を離れ、東帝国改めエルワカン王国に仕える。エルワカンの再興に大きな貢献があったと言われている。
ノーラン羊を大きくして肉や毛を増やすことに没頭した。成功もしたが、失敗したときのリスクは大きく、何度も大怪我をしたらしい。その技術には、周辺の遊牧民も一目置いていて、羊王として丁重に扱われた。
パトリシアコハン城のグループがアーサーから見捨てられた後、しばらく姿を消していた。やがて「処刑人の前触れ」として、その姿を目にすることが恐れられるようになる。
ヒルダマクシミアスの死後、星神マリガンの神殿に戻り神殿の再興に取り組んだ。マリガン神が応えてくれたかどうかは、定かでない。
フランシス神への道を探り続け、大戦の混乱の最中にも、様々な実験を繰り返した。遂に神への道に至り、この地から姿を消した。別の世界の星神になったのだと、彼を崇める者達は語っている。
ベアトリス機動兵団の部隊長として、神出鬼没な活躍を見せた。戦後は長くアントニウス二世に仕え、要職を歴任。
ヘイゲルファイアブリンガー戦後、自分の素性を辿る旅を始めた。結局、自分が何者かを知ることは出来なかったが、その旅を通して彼女は、本当の自分を見出すことが出来たという。
ポールファイアブリンガー戦の後、星神に奉仕するために新たな塔の建設を計画した。人々はもう彼を支持しなかったが、彼は気にせず一人で煉瓦を積んでいる。
ホンスワンアシナ族の再興に力を注ぎ、一時はイムホキエル関門の両側で勢力を誇った。だが、ニュウ族の反乱に遭い、徐々に勢力を失い、最後はヌマディカを捨てて、テスティカに亡命した。
マリオン
【バルマンテ編】
コハン城のグループがアーサーから見捨てられた後も日々楽しく遊び暮らし、年を重ねた。年甲斐もなく、と笑われても一切気にせずに、自分の生き方を貫いた。死ぬ時も、どの衣装が可愛いかを選んでいる最中だったという。
マリオン
【バルマンテ編以外】
ファイアブリンガー戦の後、新たな恋を求めて旅立った。テスティカ、シルミウム、ニューワイズ、エルワカン。その他の各地に彼女の恋愛遍歴の跡が残っている。
ムアダナイトファイアブリンガー戦後、ネクワに戻り町長を続けた。ユラニウス家の後押しがあり、彼の一族が長くネクワの町を牛耳った。大戦の最中に、自由自治を愛する市民による反乱が発生したが、ユラニウス家の介入で鎮圧された。だが、彼の子孫はネクワを捨て、シルミウムで生活することになった。
モンドファイアブリンガー戦の後、間もなく引退。各地を巡りながら、情報をシルミウムに送り続けた。最後は、ウルピナに看取られながら天寿を全うした。
ヤマト最前線の指揮官として常に体を張った活躍を続けたが、大戦中に第二次長城戦役で壮絶な戦死を遂げた。
ユリアファイアブリンガー戦後、彼女のサロンにはヤンヨウジ家の貴族や重臣、商人やギャングらが入り浸った。その影響力は大きかったが、ヤンヨウジ家を大戦に参加させないという企てには、失敗した。
ヨーマンユラニウス家海軍の復興に力を注いだ。復興途上で大戦が開始され、彼の育てた海軍は彼と共にイルフィー海の海底に沈んだ。
ルイース・ダーリング父母の死後、本当に最後の燈台守になってしまった。しかし、離縁した妻と子がライムロック燈台の扉を叩いた時、彼は涙を流して二人を迎え入れた。娘は彼の跡を継ぎ、イルフィー海の燈台守は今でも燈台の灯を守り続けている。
ローソンファイアブリンガー戦後テルミナに戻り、絶えてしまっていた紋章焼きの復興に力を尽くした。
ルーナ探検を続け、世界地図なるものを出版した。その、あまりに荒唐無稽な内容に、学術的な要素よりも読み物としての面白さが評判になってしまった。本人はいたく傷ついたようだが、莫大な印税を得たという。
アレクサンドラカーンに誘われて、キラーズに入ってはみたものの、どうもなじまなかったのか、他のメンバーが皆やめてしまった。カーンの為を思っての行動だと思うのは深読みか。実際、二人がいい仲になったという話は聞かない。
サイド・スタビアン東帝国が消滅した後、スタビアで王を名乗り自立した。テルミナのロー家と縁戚になり、勢力を伸ばした。プリニオ火山の噴火から人々を救うために奔走している最中に、自らも火山ガスに巻き込まれ命を落とした。
鎧姫ファイアブリンガーとの戦いが終わると姿を消した。素顔を目撃した人の話によると、サウノックの紋章の入れ墨があったという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 引き継ぎ要素が少ないなぁ。陣形とか鍛冶屋レベルとか欲しかったな。 -- [ID:RFP3zk77p1g] 2017-01-18 (水) 17:37:21
  • 引き継ぎ要素:開発した事のある特産品は???でなく表示されます。でも名産品の開発履歴は引き継がれなかったので、トロフィーが欲しかったらその周回で一気にやる方がいいのではないでしょうか -- [ID:KmpmrU/GEZk] 2017-01-18 (水) 19:56:57
  • Twitterで引き継ぎ要素募集中とかなんとか -- [ID:nt2aS7To9kc] 2017-01-24 (火) 23:15:32
  • 一度習得した技も???ではなく、一週目で他人が習得した技のように名前が表示されてます。 -- [ID:tmK8pgZdKSk] 2017-02-13 (月) 00:42:46
  • ゼロから素材とか集めるのが面倒すぎる。購入特典のダウンロード武器は別シナリオで使用出来ない。 -- [ID:3yb3CfnzotU] 2017-02-19 (日) 12:50:09
  • 購入特典は何とかして欲しいかな。あとは引き継ぎ要素ありすぎても簡単なゲームになってしまうしこのままでもいいかなぁ -- [ID:mBBHSc4u7Ks] 2017-02-19 (日) 21:39:46
  • あんまりいい気分にならないその後が多いなぁ……だからリアルだ、と支持する人もいそうだが、個人的にはもうちょっとなんとかしてほしかった -- [ID:jE2aweVfNUM] 2017-08-21 (月) 17:54:33 New

スポンサーリンク


コメント: 利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください


最終更新: 2017-06-20 (火) 10:49:39